「藤田竜太」の記事一覧

WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

学生時代から自動車専門誌の編集部に出入りして、そのまま就職。20代半ばで、編集部を“卒業”し、モータリング・ライターとして独立。90年代は積極的にレースに参戦し、入賞経験多数。 【得意分野】 ・ドラテク全般、チューニング全般、メカニズム系(エンジン、ハンドリング、エアロダイナミクス、タイヤ、ブレーキ、サスペンション)、メンテナンス ・人物インタビュー(開発者、ドライバー、チューナー、エンジニア) ・身体論・武道論など 基本的に、「いい・悪い論」と、「好き・嫌い論」は分けて考え、データその他の裏付けのあるライティングがモットー。 【特技】 少林寺拳法

筆舌に尽くしがたい快感と音! 4気筒から12気筒まで人生一度は味わいたい傑作国産エンジン7選

この記事をまとめると ■大排気量・高出力・高回転といった魅力的なエンジンを搭載した国産車を振り返る ■量産車ながらレーシングエンジンと言っても過言ではないスペックを備えたエンジンもある ■中古車で100万円程度から狙える...

続きを読む...

目的の出口で降りられない恐怖! 車線変更できない焦燥! 高速のジャンクション手前に長い「黄色線」が引かれ車線変更できない理由

この記事をまとめると ■高速道路のジャンクションなどの手前に長いイエローラインが引かれていることがある ■渋滞防止と整流化、事故防止のためだという ■車線変更をし損ねたら次の出口で降りて「特別転回」すると良い なかには1...

続きを読む...

傷や劣化でナンバープレートの数字が色褪せた! どこまで使って良い? 自分で「塗る」のはOK?

この記事をまとめると ■劣化で見にくくなったナンバーの違法性について解説 ■数字が認識できれば良いとされているが、あまり色が薄いと注意を受けることも ■ナンバープレートの再交付の方法や費用についても紹介する ナンバープレ...

続きを読む...

ズルい」と言われがちな「先端での合流」は正しかった! 「ファスナー合流」は渋滞減少効果も実証済み

この記事をまとめると ■日本はできるだけ早く本線に合流しようとする人が多い ■しかし合流部の先端付近で1台ずつ交互に合流することで、渋滞を減らすことができる ■この方法をファスナー合流、またはジッパー合流と呼ぶ 渋滞や事...

続きを読む...

駐車禁止場所に停めているクルマの脇をすり抜けたらミラーが接触! 停めてるほうが悪い? ぶつけたほうが悪い?

この記事をまとめると ■駐停車車両への追突事故が起きた場合、基本的に10:0でぶつけたほうが悪いとされる ■では駐車禁止場所に停めているクルマに走行車両がぶつかった際はどうか? ■「別冊判例タイムス 民事交通訴訟における...

続きを読む...

「やっぱりエンジンは直6だよ!」と思わせる陶酔感! 人生一度は味わってほしい「直6名機」と搭載車5選

この記事をまとめると ■直6エンジンのメリットとデメリットを紹介 ■コストや搭載スペースなどの都合から最近では直6エンジンは希少になりつつある ■搭載される直6エンジンのフィーリングが素晴らしかった名車たちを振り返る 直...

続きを読む...

万が一交通事故の加害者になってしまったとき「被害者への謝罪」をする上で重要なこととは

この記事をまとめると ■交通事故の加害者になってしまった場合、被害者への謝罪は非常に重要 ■刑事裁判での起訴・不起訴、処罰の軽重にも大きく影響する ■望ましい順序や気をつけるべきことについて解説する 事故発生後なるべく早...

続きを読む...

クルマを擦りたくないのはわかるけど……段差スロープを自宅前の道路に自分で設置するのはアリ?

この記事をまとめると ■段差スロープは駐車場と道路の段差を解消するのに有効 ■ホームセンターなどで手軽に購入することができる ■しかし法に抵触したり、事故の危険につながったりすることもあるため注意が必要 道路法違反となっ...

続きを読む...

いまやSUVが最高時速310kmの時代! 昔に比べてクルマはどのぐらい「速く」なったのか?

この記事をまとめると ■クルマの「速さ」の進化を振り返る ■平成元年以前、以降では文字どおり時代が違う ■今ではSUVで時速310kmを実現している ハコスカGT-Rのゼロヨンは16.0秒だった!  クルマはほぼ20年サ...

続きを読む...

クセでやってるなら今すぐやめるべき! 「MTレバーへの手置き」「クラッチペダルへの足置き」がNGな理由

この記事をまとめると ■MT車ではシフトチェンジするとき以外、シフトレバーを握ったり、触っていたりしてはいけない ■クラッチペダルに足をのせたまま走行するのもNG ■それぞれの理由について解説する 触れっぱなしはクルマに...

続きを読む...

生半可なウデじゃ楽しめない! かつて走り屋を狂喜させた歴代コーナリングマシン

この記事をまとめると ■自動車メーカー各社の歴代コーナリングマシンを紹介 ■ユーザーを選ぶほどのピーキーすぎるマシンも多くあった ■ロードスターは初代から現行モデルに至るまでコーナリング性能にこだわっている 自動車メーカ...

続きを読む...

道を譲らないのは言語道断! 罰則もある! 緊急車両に遭遇したときに正しい行動ができない人多数

この記事をまとめると ■緊急車両に道を譲らない人が増えているとSNSなどで話題に ■道交法で緊急車両に道を譲ることはドライバーの義務だと定められている ■譲らない、また走行を妨げた場合は違反となることも 緊急車両に道を譲...

続きを読む...

もう道路脇から目が離せない! ガードレールの種類が衝撃の奥深さだった

この記事をまとめると ■ガードレールは大きく分けて「車両用防護柵」と「歩行者自転車用柵」の2種類 ■さらに「車両防護柵」は4種類に分けられる ■色についても決まりがある ガードレールにもルールが定められている  ドライバ...

続きを読む...

右折レーンから「Uターン」してもいいの? Uターンが違法になる条件とは

この記事をまとめると ■Uターンのルールについて今一度おさらい ■道交法第25条の2を満たしていれば基本的にUターンは可能 ■ただし、交通量の多い場所などで他車に迷惑をかけると違反になることもある Uターンができる条件を...

続きを読む...

もとはGMのマネ!? トヨタ車なのに「トヨタエンブレム」を着けていないクルマを集めたら圧巻のラインアップだった

この記事をまとめると ■トヨタは現在乗用車を52車種ラインアップしている ■トヨタエンブレム以外を装着したクルマを昔から数多く設定している ■エンブレムを変えているのはGMのやり方を真似したのが始まりと言われている トヨ...

続きを読む...

デイリーランキング