「モータースポーツ」の記事一覧

モータースポーツに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

自動車メーカーが熱視線! この先「ル・マン24時間レース」が盛り上がり必至なワケ

今シーズンから「LMHクラス」が設定された  WECおよびル・マン24時間レースの最高峰クラスとして2004年に導入された「LMP1」クラス。ここ数年はトヨタGAZOOレーシンングが猛威を発揮していたのだが、LMP1クラ...

続きを読む...

海外は「だんじり」や「祇園山笠」のような感覚! トヨタが頑張っても日本でラリーがマイナー競技なワケ

海外の方にとってラリーはお祭りのような感覚  トヨタGAZOOレーシングが活躍するほか、今年11月には「ラリージャパン」も開催されることから、日本でも注目度が高まりつつあるWRC。ご存知のとおり、世界最高峰のラリーシリー...

続きを読む...

これぞ時代を映す鏡! レースマシンを彩った懐かしの「スポンサーカラー」

レーシングカー×女性用下着メーカーの異色コラボも!  レーシングカーに惹かれる要素はいくつもあるが、カラーリングも重要なカギを握っているのは間違いない。インパクトあるスポンサーカラーに彩られたマシンは、ある意味その時代の.…

続きを読む...

0分山だけどすり減った市販タイヤとは違う! レース用のタイヤはなぜ「テカテカ」「ツルツル」なのか

市販車のタイヤとはもはや別モノ!  世界最高峰のフォーミュラカーレースであるF1を筆頭に、スポーツカーレースの最高峰シリーズ、WEC、さらに国内で最大の人気を誇るスーパーGTや国内トップフォーミュラのスーパーフォーミュラ...

続きを読む...

「未来のレース」のハズの「フォーミュラE」に暗雲! アウディ・BMWがこのタイミングで撤退を決めたワケ

電動化を進める自動車メーカーがまさかの撤退  電動フォーミュラカーの国際シリーズとして、2014年9月にスタートしたフォーミュラE。開幕当初はアウディとルノーがカスタマーサポートを行っていた程度だったが、環境対策の一環と...

続きを読む...

ハッキリいって「人気はイマイチ」! それでも見なきゃ損する「スーパーGT」以外の国内レース2つ

F1マシン並の速さを見せつけるスーパーフォーミュラ  日本発の国際シリーズとして国内最大級の人気を誇るスーパーGTだが、2020年は新型コロナウイルスの影響により富士、鈴鹿、もてぎの3コースだけに限定したほか、前半戦は無...

続きを読む...

素人目には同じに見える! 「F1」と「インディカー」は何が違うのか?

F1は世界最高峰だが歴史が長いのはインディ  2020年のインディアナポリス500マイルレース、通称“インディ500”で、日本人ドライバーの佐藤琢磨が自身2度目の優勝を獲得したことにより、日本でも注目を集めたインディカー...

続きを読む...

話題のeモータースポーツ「AUTOBACS JeGT GRAND PRIX」に参戦! ドキドキの第1戦をリポート

たかがゲーム……ではない! 実車で走るよりもある意味緊張 「WEB CARTOPとして、eモータースポーツ大会に参戦します!」  編集長の言葉に、正直驚きを隠せなかった。なにせ、私を含めた編集部員(ちなみに4人)はレース...

続きを読む...

レース車両に負けず劣らず「豪華絢爛」! サーキットの「参戦車両以外」のクルマはどう決まる?

各サーキットで多種多様なセーフティカーが活躍  コースアウトや天候の急変などさまざまなハプニングに対応するために、レース中にたびたび登場するセーフィティカー。文字どおり、各エントラントやオフィシャルの安全をはかるべく、競…

続きを読む...

どんなに大差をつけても一瞬で台無し! スーパーGTの「セーフティカー」ってアリ?

セーフティーカーはレースの明暗を大きく左右する  レースに詳しくない人も「セーフティーカー」のことはご存じのことだろう。レース中にクラッシュが発生した際にたびたびコース上に登場するマーシャルカーで、競技車両の前に入って先…

続きを読む...

WEB CARTOP RACING発足! 流行にのって「eモータースポーツ」に本格参戦してみた【JeGT参戦動画その1】

プロの世界とは? 素人編集部員の運命は?  ここ数年、世間で注目を集めているeスポーツ。ざっくり言ってしまえば、ビデオゲームで闘う競技のことだ。だが、「単なるゲーム大会か?」なんて考えているとあまりのギャップに驚かされる.…

続きを読む...

トヨタ・ヤリスカップカーが登場! 2021年から開催予定のワンメイクレースに参戦可能

パフォーマンスを高めたCVT仕様もラインアップ!  トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、コンパクトカー「ヤリス」がベースの競技モデル「ヤリス・カップカー」を12月11日に発表・発売した。架装メーカー希望小売価格...

続きを読む...

「セナプロ時代はよかった」「いまのF1はつまらなくなった」の声は真実を捉えているのか?

ハイテク化が進む現代のF1マシンも魅力は十分!  その理由として彼らが挙げるのが「セナ・プロ時代のほうがドライバーに個性があった」とか、「今のF1はレギュレーションが細かすぎてマシンに個性がない」など。さらに「今のF1は...

続きを読む...

いま「F1」に一番近い注目の日本人ドライバー! 「角田裕毅」とは何者?

実績は十分! ホンダF1ラストイヤーで走る姿を見たい  日本人レーシングドライバー、角田裕毅(つのだ・ゆうき)をご存じだろうか? 現在20歳の角田は、レッドブル・ジュニアチームおよびホンダ・フォーミュラ・ドリームプロジェ...

続きを読む...

引退後は何をしている? レーシングドライバーが語る往年の「スター」達の「いま」と大切な「役割」

創成期に活躍したレジェンドドライバーはいま80歳前後に  日本のモータースポーツの歴史はどれほどだろうか。ウィキペディアなどで調べてみると、1922年に「第一回日本自動車レース」なるものが開催されたと書かれている。193...

続きを読む...

1 / 4512345...»

デイリーランキング