• TOP > コラム

「コラム」の記事一覧

機械が苦手でもペット感覚で付き合えばできる! 出先で泣かないために「女子」でも実践すべきクルマの「お世話」とは

安全に乗るためには定期的にクルマをチェックすることが大切  買い物にデートにと、いろんな場所へ連れていってくれる、便利なクルマ。あなたは運転席に座る前に、何をしていますか? 「とくに何もしていない」という人は、要注意です…

続きを読む...

乗用なのにビジネスカーに分類? 全車全店扱いで車種整理を進めるトヨタが「新旧カローラ」を併売するワケ

新車販売台数のデータは旧型を含めた数字  トヨタ・カローラが売れています。自販連の新車販売データを見ると、2020年に入ってから1月は8480台(登録車ランキング2位)、2月は9898台(同3位)、3月は1万6327台(...

続きを読む...

総額200万オーバーの軽自動車だらけで小型普通車との差はほとんどなし! それでもいま軽がバカ売れする理由とは

軽自動車税も値上がりし税金などでの差は縮まっている  2019年度(2019年4月から2020年3月)に国内で売られた新車のうち、軽自動車が37%を占めた。そして軽自動車は、ボディサイズやエンジン排気量の枠が小さく抑えら...

続きを読む...

ウチのクルマはシェルのみ! いやエネオスだ! クルマ好きにありがちな同じガソリン銘柄を入れ続ける利点はあるのか?

レギュラーガソリンはどこで入れても同じ!  クルマにこだわりを持っている人のなかには、ガソリン(燃料)の銘柄にもこだわっている人がいる。「●●のハイオクじゃなきゃダメだ」とか「◆◆以外のガソリンだと調子が悪くなる」といっ...

続きを読む...

なかなか使いきれないクルマのワックスやシャンプー! 書いていないけど「開封後の消費期限」はいつ?

洗車用品の使用期限の目安は開封後2~3年程度!  ワックスやシャンプーなどの洗車用品は、一度に使い切るものではない。マメな人でも月に一度、そうでない人は数カ月に一度、半年に一度といった使用頻度だが、これらの洗車用品は開封...

続きを読む...

「三菱eK=良い軽?」「ホンダのN=乗りもの??」オーナーでも知らないアルファベットの車名の意味14選

単純な省略から凝ったものまで!  車名はそのクルマのキャラクターをひと言で表す大切なもの。それだけに各メーカーは知恵を絞りまくって付けるのだが、ひとつの形式としてあるのがアルファベットによるもの。響きで伝わってくるとはい…

続きを読む...

燃費以外の驚きメリットも! いまハイブリッド車や電気自動車以外にも続々採用の「回生ブレーキ」って何?

無駄にしていたエネルギーを効率よく回収するための技術  回生ブレーキというのは最近よく耳にする言葉だし、多くのクルマに装備されている。簡単に言ってしまえば、駆動に使っているモーターをブレーキング時には逆に回して少しでも発…

続きを読む...

エンジンオフで家電もエアコンも使い放題! アウトドア無双確実なのに「ミニバン」に「プラグインハイブリッド」がない理由

本格ミニバンのプラグインハイブリッド車は現状存在しない  これからの時代は電動車が主流になることは、世界中の自動車メーカーの動向を見ても明らか。今でもプリウスに代表されるおなじみのハイブリッドや、電気自動車の新しいカタチ…

続きを読む...

男子は乗ってるクルマで女性を見分ける!? タイプ別「婚活女子」におすすめのモデル5選

「いい目を持っている」と思われるクルマも!  自由に外出できない、会いたい人に会えないという、かつてないほど心細い時間が長く続いた影響もあり、こんな時でも一緒に過ごせるパートナーが欲しい、という願いが強まった人も多いので…

続きを読む...

「環境」と「安全」のジレンマ! クルマのタイヤが削れた「カス」の行方とは

回収しきれなかったタイヤカスが川や海に流れる  海に散るマイクロプラスチックの影響が、問題化している。これを魚が食べ、その魚を捕食する人間の健康に影響が及ぶ懸念も語られる。  マイクロプラスチックは、海に投棄されたプラス.…

続きを読む...

約700台に1台はETCバーが上がらない! そのうち6割の「カードを挿しているのに反応しない」原因とは

車載器本体の故障以外にもエラーになる可能性がある  NEXCO東日本によると、ETCレーンで開閉バーが開かずに停止するケースが約700台に1台発生しているとのこと。  そのうち約4割は、ETCカードの挿し忘れや差し込みが...

続きを読む...

いま軽トラ・軽1BOXが熱い! 商用車を乗用で乗るメリットとブーム到来の理由

維持費の安さが軽商用車のメリット!  ここのところ、にわかに盛り上がりを見せている軽トラ、軽バンのカスタマイズ。車高をグッと下げてエアロパーツをまとう定番のスタイルのほか、車高を上げてオフロード系のタイヤを履かせるアゲ系…

続きを読む...

荒削りだがファンは熱狂! 1980年代にムーブメントを巻き起こしたクルマの技術5選

1980年代だからこそ登場したインパクト抜群のエンジンも!  クルマの完成度は年々上がっています。エンジンは常に最適な燃焼状態になるよう制御されていますし、車両安定系デバイスはドライバーが気付かないところで、さまざまなサ...

続きを読む...

汚れ極少でもコーティング済みでも水だけではダメ! 洗車時にカーシャンプーが必須なワケ

汚れの量に限らず洗車キズを防ぐことができる!  洗車をするときはカーシャンプーを使う。これは基本中の基本とされていた。しかし、最近は塗装自体もよくなっているし、コーティングが普及していることもあって、ボディがひどく汚れる…

続きを読む...

オンライン商談にローン利用者の激増! アフターコロナの新車購入は大きな変革が起こる

現金一括払いからローンを利用した購入が主流に  日本での新型コロナウイルス感染状況も、ゆっくりではあるが落ち着きを見せてきているようなので、そろそろ“アフターコロナ”の社会についての議論がより活発化してくるだろう。人類未...

続きを読む...

1 / 16612345...102030...最後 »

デイリーランキング