自動車コラム

自動車コラムに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「コークボトル」「クリスプカット」「コーダトロンガ」! 並のクルマ好きじゃわからないデザイン用語10つ

一度は見たことあるカタチには名前が付いている!  クルマにとってデザインは重要な要素で、極端なことを言うと、性能が普通でもデザインが良ければ売れることもある。デザインによって、スポーティにもエレガントにもなるし、高級感も…

続きを読む...

えっ! そこが気になるの? 男にはわからないクルマ購入時に女性が重視するポイント7つ

重視するポイントが男女で異なることも!  人生で家の次に高い買い物だと言われている、クルマ。確かに、決して安くはない金額を出すものだけに、購入を検討するときは慎重になりますよね。とくに、家族のクルマや夫婦で共有するクルマ…

続きを読む...

争い続けてなんと40年! 日本を支える「アルト」vs「ミラ」の歴史的ライバル対決9番勝負

初代モデルからつねにお互いをライバルとして意識してきた  ライバル対決というとスポーツカーやミニバンといったジャンルが定番。しかし、地味(失礼)なところでも激しい戦いが続いていた。それがスズキのアルトとダイハツのミラ。い…

続きを読む...

このご時世に「70%超え」の猛者も! MTが売れまくりのクルマとは

MT率が圧倒的に高いモデルも存在!  直近のデータでは、国内で販売される乗用車の99%はAT車というこの時代に、3ペダルのMT車のほうが売れている車種がいくつかある。そうしたMT車が支持されているクルマをピックアップして...

続きを読む...

転ばぬ先の工具! メンテフリーのいまでも最低限クルマに揃えておくべき工具とは

突然のパンクなどでタイヤ交換する際に必要となる場合も  最近は車載工具はほとんどなく、スバル車がドライバーを積んでいたりするが、これはもはや例外だ。ただ、ちょっとした作業や修理をするのに、簡単な工具があったらいいのにと思…

続きを読む...

男は意外性に弱い! 女子が乗ればギャップ萌え必至のイカツ系クルマ5選

女子目線で見てもカッコいいと思えるモデルも存在!  見るからに線が細くて、力も弱そうな女子や、優しそうで虫も殺せなさそうな女子が、ある日運転してきたマイカーがすんごいゴツい男前なクルマだった! なんてビックリしたことはあ…

続きを読む...

レンガの大きさが元だった! カーオーディオの1DIN・2DINの「DIN」とは

インパネのデザイン性が上がってスペースが取れなくなっている  最近、あまり聞かなくなったのが、DINという規格。DINとはドイツの工業規格で「Deutsch Industrie Norm」の頭文字を並べたものだ。レンガの...

続きを読む...

子供が免許を取る代になって唖然! 昔に比べて自動車教習費用が格段に上がったワケ

教習が「二段階制」になったことで教習時間が伸びた  3月4月は、高校を卒業した若者たちが、自動車教習所に通い出す時期でもある。さてどこの教習所に通おうかと調べてみると、教習所の入校から卒業までの費用を見てちょっとビックリ...

続きを読む...

電動化車両がこれだけ増えても「ソーラーパネル」を積むクルマはプリウスのみ! 普及しない理由とは

確実な充電を行うためには条件がまだ厳しい  プリウスは、屋根に太陽光発電を装備することで、補器類用バッテリーへの充電を補助したりすることを行っている。ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(...

続きを読む...

同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方

新型のウワサもある話題のモデルを徹底比較!  SUV、クロスオーバーSUVは、アウトドアライフやキャンプなどでも大活躍してくれる万能選手というイメージがある。最低地上高の余裕を生かし、悪路、雪道も安心・安全に走ってくれる...

続きを読む...

「ショーグン」「サムライ」ってなんのクルマ? オモシロすぎる日本と海外の「車名変換」4パターン

読み方や意味が変わってしまうものも存在  車名というのはそのクルマの印象をユーザーにアピールするために大切なもので、ひたすら考えては商標登録している部署があるほど。ただ、新しい車名もどんどんと出てきたりするので、読みにく…

続きを読む...

電気代は高い? 急速充電でも速度が違う? オーナーが語るEV「充電」のリアル

充電方法は大きく分けて2種類存在する  近い将来、電動車が中心となることがアナウンスされている自動車業界。だからといってすぐにすべての自動車が電気自動車になる、というわけではないものの、なかには電気自動車が気になっている.…

続きを読む...

スバルBRZは新型がお披露目されたのになぜ? 姉妹車のトヨタ86がいまだ謎に包まれるワケ

BRZは新型が披露されたが86はいまだベールに包まれたまま  2012年、トヨタ86がデビューしたことで日本のスポーツカー市場が再燃したことを覚えている人は多いでしょう。  ご存じのようにトヨタ86というのは、スバルが生...

続きを読む...

多数の客との接触に仮眠室! タクシー&バス業界がコロナ感染に苦しむワケ

路線バス事業者においてクラスターが発生  報道によると、北海道某所で路線バスの運行を行っている事業者において、全体の3分の1に相当する運転士が新型コロナウイルスの感染者となるクラスターが発生し、通常ダイヤでの運行が困難と...

続きを読む...

デカイはエライだったオヤジ世代よ「軽なんて……」は捨てるべき! イケてるオヤジの「男っぷり」が上がるKカー7選

アクティブなオヤジにピッタリの軽自動車も存在する!  クルマがモテ道具だったり、成功者の証だった時代に青春を送ったオヤジ世代としては、いくら「最近の軽自動車はよくできてる」と聞いても、心のどこかで「でも、軽なんて」と思っ…

続きを読む...

1 / 24412345...»

デイリーランキング