「コラム」の記事一覧 - 3ページ目

優等生に飽きた人に禁断の果実! 一度ハマったら抜けられない「イタフラ」のオススメ中古車4選

スポーツ性が高い割に安価なモデルも存在!  欧州車というと、メルセデスベンツやBMW、アウディにフォルクスワーゲンといった質実剛健なドイツ車の印象が強いかもしれない。もちろんこれらのドイツ車も日本車とは一味違ったカチっと...

続きを読む...

大切な愛車を任せるならドッチが正解? 「認証工場」と「指定工場」違いとは

指定工場は認証工場の上位に当たる  あなたは愛車のメンテナンスを、どのようにしているだろうか。懇意にしている整備工場、部品量販店のメンテナンス部門、クルマを購入した自動車ディーラー、はたまたDIYで行なっているという強者...

続きを読む...

自治体すら悩ますいきすぎた「自粛警察」! 絶対許せぬ「他県ナンバー狩り」の防御策とは

徳島県・三好市役所はいたずら防止の表示デザインを作成  すでに報道されているとおり、政府は2020年5月14日に、全国47都道府県のうち39県で新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を解除した。これはある面では吉報といえる...

続きを読む...

いま増えているクルマの「グラファイト」ワイパーゴムって何?

作動時のビビリ発生を抑制する効果がある  ワイパーは消耗品だけに定期交換部品なのだが、ポイントさえわかればDIYでも交換できるので、自ら買いに行ったことがある人も多いのではないだろうか。選ぶポイントは基本的に長さで、あと...

続きを読む...

教習所では教えてくれない! 初心者やペーパードライバーが公道デビュー前に知っておくべき12のマナー

コロナ禍でマイカー移動を選択する人も増えている  コロナ危機は、クルマ社会にも思わぬ状況をもたらした。電車バスなどの公共交通機関よりマイカー移動の方がウイルス感染リスクは低いということで、ペーパードライバー講習を受ける人…

続きを読む...

新型登場だけが理由じゃない! トヨタ・カローラが販売ランキングで突如1位に躍り出た謎

2020年3月の販売ランキングで1位になった  2020年3月の販売ランキングを見ると、カローラが小型/普通車の登録台数1位になった。2019年の10月〜12月も1位だから、2019年度(2019年4月から2020年3月...

続きを読む...

残念ながら立体駐車場化はなし! NEXCOが実施するSA・PAの「混雑緩和策」とは

立駐化は計画もないという  いつもだったら、大勢の行楽客で大渋滞になっているゴールデンウィークの高速道路。渋滞のときは、各地のSA(サービスエリア)、PA(パーキングエリア)も混雑し、駐車マスが見つからず、なかなか苦労す...

続きを読む...

セールスマンが営業NG! コロナが新車販売に与える深刻すぎるダメージと超長期化の懸念

景気低迷などでも落ち込みの少ない軽自動車も大幅ダウン  自販連(日本自動車販売協会連合会)と、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)より、2020年4月の新車販売台数が発表された。それによると、登録車の販売台数は17万213...

続きを読む...

ギャップ萌え必至! いま女性が「アメ車」に乗るべき理由とオススメ車5台

「デカイ・壊れる・燃費悪い」は昔の話!  若い世代には、かつて日本にもアメリカ車の黄金期があったということが信じられない人も多いかもしれないですね。有名人がこぞってコルベットやトランザムいったマッスルカーに乗り、まるで船…

続きを読む...

70年前から同じカタチ! ポルシェ911が姿を変えない理由とは?

70年前に登場した初代から大きく形を変えていない!  スポーツカーメーカー、ポルシェの代名詞と言えば911。そのスゴいところは、デビューした1963年から基本フォルムを変えることなく今に至っていることです。70年近くも前...

続きを読む...

トヨタが中古車販売のデジタル化は予想以上の衝撃! 全メーカーを巻き込んだ新車のオンライン販売が加速する可能性も

他メーカーのクルマの取り扱いも視野に入れている  ネット上ではこれまで、あまり大きなニュースとして取り上げられていないが……。トヨタは今年(2020年)4月1日、「トヨタ、ブランド刷新とともにデジタル領域を軸に中古車事業...

続きを読む...

なぜSUVじゃない? いまキャンプ場が軽自動車で賑わうワケ

車中泊に対応するシートアレンジも可能な軽自動車も存在  アウトドアライフを楽しむのに、本当に向いているのはどんなクルマだろうか? 多くの人、いや、アウトドア経験の少ない人だと、まずは大型SUV、大型クロスオーバーSUVを...

続きを読む...

新車購入客は激減なのに激務で「崩壊」の危機も! コロナで苦しむディーラーマンの声

コロナウイルスへの対策は強化されている  2020年4月7日に一部地域に緊急事態宣言が発出されたころ、新車販売店では、新型コロナウイルス感染予防対策として、時短営業や、スタッフのマスク着用、店頭でのアルコールなどでの手指...

続きを読む...

バカ売れの軽自動車が実はピンチ! 電動化の流れに乗れない事情と生き残り策とは

軽の価格帯でストロングハイブリッドは難しい  2019年度の軽自動車の販売台数は185万5967台、登録車は318万2760台だから、新車の3割以上は軽自動車となっている。ちなみに、2019年3月時点での乗用車の保有台数...

続きを読む...

やっぱりノーマル? 改造車の個性もアリ? 規制緩和で超多様化しているタクシー事情

タクシー車両はもともとすべて改造車だった  大昔のタクシーと言えば、トヨタ・クラウンや日産セドリックが当たり前であった(小型タクシーではトヨタ・コロナや日産ブルーバード、三菱ギャランなどもあったが)。後席ドアの開口面積な…

続きを読む...

デイリーランキング