自動車コラム - 3ページ目

自動車コラムに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

2ドアの優雅さは最高! でも使い勝手は譲れない! そんな「ワガママ」を叶える後席が使えるクーペ9選

実用性が求められる今4人乗りの2ドアクーペは少ない  今でこそ、クーぺという言葉を4ドア車に使うことも珍しくないですが、やっぱり定番なのは、2ドアで4人乗りの低く流麗なルーフを持つクルマを思い浮かべますよね。時代を遡れば...

続きを読む...

ホントに入ってる? かつては「ココにあり!」感の強かった「エアバッグ」が目立たなくなったワケ

小型化と併せて目立たないようにする工夫がなされている  エアバッグを世界初で装備したのは1981年に登場したメルセデス・ベンツのSクラス。日本車では1987年に登場したホンダのレジェンドで、一時話題になったタカタ製を搭載...

続きを読む...

厳罰化されるもまだ横行! 「あおられてるナウ」はその場で通報すべきか警察の回答とは

あおり運転にあった場合はその場で110番に電話した方が良い  常磐道など3県の高速道路であおり運転を繰り返したとして、強要などの罪に問われた男の初公判が、先日(7月27日)おこなわれ、ニュースになったが、もし自分が煽り運...

続きを読む...

同じ「車種・年齢・条件」でも保険料が3倍違うことも! 自動車保険の金額の複雑な決まり方

自分が気をつけていても同車種に乗る他人が上げてしまうことも  自動車を所有しているのなら、保険に入ることが必要。強制保険とも呼ばれる自賠責保険は、加入していることが義務化となっている。ただし、自賠責保険がカバーしてくれる…

続きを読む...

「複雑すぎてわからん」と嘆きたくなるいまどきのクルマ! それでも「たった1時間でできる」セルフメンテ7つ

ブラックボックス化した今のクルマにも手を出せるところはある  収束の気配がなかなか見えない新型コロナの猛威。ステイホームが肝心ということで、趣味に没頭してみるのもいいだろう。クルマ好きなら、洗車やワックスがけ、DIYでメ...

続きを読む...

「コスト度外視」の装備が採用される奇跡! 市販車に使われるレーシングカー由来の「神技術」7選

レースの技術はコスト度外視だが市販車に応用された例もある 「レースで勝つために開発した最新の技術は、やがて量産車にフィードバックされる」と言った話を聞いたことがないだろうか。これはある面で正しく、ある面では当てはまらない…

続きを読む...

誰もマネ「しない」のか「できないのか」? 個性強めで「若干レア」なクルマ5選

アウトドア派や都市型のクルマにも個性的なモデルが存在  売れてるクルマも気になるけど、ご近所さんやお友達とカブる可能性が高いのはちょっとね、と思っている皆さん。売れてるクルマが必ずしも自分を満足させてくれるとは限らないで…

続きを読む...

特殊なクルマ? 明確な定義がない? 輸入車でしか聞かない「シューティングブレーク」とは

現代ではマーケティング用語として使われている  メルセデスベンツのモデルラインアップを見ると……。CクラスとEクラスの5ドア車は、ステーションワゴンと呼ばれている。一方、CLAでは「シューティングブレーク」と称する。  ...

続きを読む...

買い替えするお金がない「庶民イジメ」! エコカーへの乗り替えを狙った「旧車増税」にハッキリした効果はみられず

当初10%だった登録車への重課税は現在13年超で15%に  自動車を維持するうえで、さまざまな税負担があるわけだが、所有しているだけで毎年かかるのが自動車税・軽自動車税。その税額は基本的に排気量によって定められているが、...

続きを読む...

楽しいが「一歩間違える」と命の危険も! クルマのDIYで「痛い目」をみがちな点7つ

仕組みを理解したうえで行うのがポイント  最近のクルマは手出しができない部分も増えているが、DIYでのメンテは愛着が湧くのでオススメしたい。ただ、気軽にやると痛い目に遭うのも事実で、成功のポイントはどのような仕組みや理屈...

続きを読む...

4つのポイントでズバリ評価! いま200万円以下で買える「安全度の高いクルマ」6選

安全性はいまやクルマ選びには欠かせないチェックポイント  ここ数年、安全性と安全装備の有無はクルマを選ぶ際の大きなチェックポイントになっている。この分野はクルマの登場時期の新しさと価格という2つの要素が大きいのは率直なと.…

続きを読む...

運転も動きも特殊すぎる「連節バス」! 横浜の新名物に「バスオタ」が乗った

観光客の利便性向上のために連節バスが活用される  横浜市交通局は2020年7月23日からの運行開始に先立ち、7月22日に横浜ハンマーヘッドCIQホールにおいて、“BAY SIDE BLUE(ベイサイドブルー)”運行開始記...

続きを読む...

ベタベタの「シャコタン」が公道走行の不思議! 「車検」に通る最低地上高は「9cm」のハズ?

一部のエアロパーツは保安基準の最低地上高に含まれない  クルマというのは、昔から低く、幅が広い方がかっこよく見えるもの。そのためカスタムするなら、保安基準ギリギリまでローダウンし、タイヤはツライチまで広げたいと思っている…

続きを読む...

世界の巨人トヨタをテスラが株式時価総額で超えた! 販売台数は20分の1程度なのになぜ?

販売台数は少ないもののEV=テスラの印象づけは大成功  米国の電気自動車(EV)メーカーであるテスラが、6月に株式の時価総額でトヨタ自動車を超え自動車業界で世界一となった。時価総額とは、株価と、発行済み株式を掛け算した企...

続きを読む...

マックのCMで「キムタク」が乗ってる旧車がカッコいいと話題! いったい何の車種?

当時流行の兆しを見せていたRV車がCMに使用されている  2020年度のマクドナルドのCMに通年を通じて出演することが決定している木村拓哉氏。今年の1月から放送されていたCMでは、初代のフォード・ブロンコが登場したことで...

続きを読む...

3 / 18612345...»

デイリーランキング