「コラム」の記事一覧 - 3ページ目

クルマのワックスがなかなか減らない……数年経ったものを使っても大丈夫?

メーカーに確認しても「何年」という明確な回答はないが……  ワックスの上手な使い方のひとつに、ずっと同じものを使い続けるというのがある。実際にはいろいろとそのときどきで購入した商品に浮気する人が多いと思うが、同じものを塗...

続きを読む...

乗車人数が選べるクルマはどちらを選ぶのが正解? 6モデルの販売状況とオススメのシートとは

シエンタで6人乗りを選ぶ人はたった6パーセント  ミニバンの多くは、2列目席が3人掛けのベンチシートと、より贅沢な雰囲気とかけ心地が得られる2人掛けのセパレートシート=キャプテンシートが選べるようになっている。ボクが20...

続きを読む...

セルフスタンド派は要注意! 絶対に避けたいクルマのタイヤバーストの原因と対策

高速道路走行時にバーストしたら大惨事に……  走行中に起こると危険なもののひとつがバーストだ。とくに高速を走っているときに突然、タイヤがバーストしたらどうなるか……。想像に難くなく、かなり危険な状態になる可能性は高いと言...

続きを読む...

なぜ立ち消えた? 東京モーターショーで市販が期待されるも消えたコンセプトカー3選

リアリティは抜群! しかし残念ながら市販化には至らなかった  現在開催中の東京モーターショーでは、多くのコンセプトカーが登場している。そのコンセプトカーもさまざまで、すぐにでも市販化できそうなリアリティのあるものから、現…

続きを読む...

「N-BOX・タント・スペーシア」売れに売れてるスーパーハイト軽自動車は万能選手じゃない! 5つのデメリットとは

昔から大は小を兼ねると言うが……当てはまらないケースも  今、日本でもっとも売れているクルマはホンダN-BOX。つまり、軽自動車のスーパーハイト軽である。限られた全長、全幅のなかに、まさに魔法と言っていいパッケージングに...

続きを読む...

自動車史上最高の変顔? じつは今のミニバンの魅力を先取りしていたフィアット・ムルティプラとは

ネックだったのは見た目よりもMTのみの設定か……  輸入車の魅力といえば、国産車にはない個性を挙げる人が多いだろう。それは乗り味だったり、見た目だったりとそのポイントはさまざまだろうが、確かに国産車にはないものを持ってい...

続きを読む...

女性必見の欲張りカー! 広くて荷物が積めるのに駐車も運転もラクなクルマ4選

人気のイマドキSUVも選べる  運転が苦手なわけじゃないけど、自宅周辺の道が狭いとか、駐車場に入るところが狭いとか、車庫入れだけがどうもうまくできない、なんて理由があってクルマ選びに悩む人も意外と多いですよね。  そうな...

続きを読む...

ミッドシップはガラスでエンジンが見えるクルマもあるのにボンネットが透明のクルマはなぜ存在しないのか?

安全面を考えると現実的ではない  中が丸見えのスケルトンというのはなぜか心ひかれるもの。中身が見えること自体、覗いている感じがしていいし、動いているとなおさらグッとくる。エンジンなんて見てみたいものだが、透明のボンネット…

続きを読む...

自動車メーカーの狙いは? 生産終了に伴い「ファイナルエディション」という名の特別仕様車が登場するワケ

「これで最後」購入を迷っていたユーザーの背中を押す意味も  東京モーターショー2019で初めて実車が展示されたスバルWRX STIのEJ20ファイナルエディションや、本年度末で生産を終了することがアナウンスされているトヨ...

続きを読む...

メーカーの独自色を出してどうする! 操作や名称を統一すべきクルマの装備9選

一般ユーザーが混乱しないような統一は図るべき  クルマの機能のなかには、メーカー、車種によって呼び方、使い方が異なるものがある。その1台だけに乗り続けているならあまり問題はないが、買い替え、呼び方、使い方が異なるクルマを.…

続きを読む...

【今さら聞けない】国道などでよく見かける「バイパス」ってなに?

混雑を避けクルマを迂回させるために設ける道路  大きな国道などには、旧来からある本道(旧道)に並行して、バイパスが建設され、本道の「国道●号」に対し、「国道●号バイパス」という名称の道になることが多い。このバイパスとはど...

続きを読む...

驚くべき進化を遂げて充実の軽自動車! それでも普通車には敵わない「軽の限界点」5つ

クルマとしての性能は高まっているものの頭打ち感がある  最近の軽自動車のデキは本当に素晴らしい。内外装の質感や乗り心地に不満はなく、超ハイトワゴンと呼ばれる背の高いモデルに至っては、ヘタな普通車よりも室内が広く感じられ、…

続きを読む...

トヨタといえば6気筒……ばかりじゃない! 陰に隠れたトヨタの直4エンジンの「名機」4選

47年の間生産され続けた息の長いエンジン!  トヨタのスポーツエンジンはJZ型に代表される直6のイメージが強く、ホンダに比べると直4のイメージが少し薄いかもしれない。しかし振り返ってみると過去のトヨタの直4エンジンにも名...

続きを読む...

単なるパフォーマンス? それとも意味がある? 下回りを覗き込むクルマ好きはいったい何をしているのか

その昔はあちこちで見る光景だった  クルマ好きがやりがちな「儀式」がいくつかある。タイヤを撫でながらチェックしてみたり、あえて遠くから眺めてみたり……。  そのなかのひとつが、クルマの下を覗き込むというもの。さすがに最近...

続きを読む...

後付け装置や左足ブレーキはNG? レーシングドライバーが語るクルマのペダル踏み間違い事故をなくすための方法とは

後付けの簡易的な急加速防止装置には注意が必要なこともある  高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違いによるとみられる悲惨な交通事故が多発している。ペダル踏み間違いによる事故は高齢者に限ったことではないが、若い世代だと間…

続きを読む...

ウィークリーランキング