自動車先進技術・テクノロジーニュース

自動車先進技術・テクノロジーニュースに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

電気自動車の「将来性」に疑問符! MX-30 EVに乗ったレーシングドライバーの本音

バッテリーを配置することで低重心化が図られる  マツダの小型クロスオーバー系SUVとして人気を博している「MX-30」にピュアEV(完全電気自動車)仕様が登場した。MX-30はマイルドHV(ハイブリッド)が標準のパワート...

続きを読む...

600馬力なのにリッター20kmも走る「GT-R」が現実になる? HKSの「プレチャンバ」とは

点火プラグ先端を小さな容積で覆った構造を指す  HKSが東京オートサロン2021に代わりに実施した、「HKSプレミアムサロン オンライン2021」で、旧車に最新の技術、未来の技術を取り入れたヘリテージパーツの開発が発表さ...

続きを読む...

賛否両論の「自動運転」&「EV化」! 安全や環境対策以外に秘めた「大いなる可能性」とは

本当の意味で万人に役立つ移動手段となる可能性を秘めている  新しい技術の可否については、さまざまな視点があり、それぞれに理由があるはずだ。そのなかで、自動運転とワンペダル操作について、期待を述べたい。  自動運転について.…

続きを読む...

ドライバーの高齢化! 整備士不足! 「問題」解決に期待大の「トラック独特」のコネクテッド技術とは

商用車のコネクト技術はかなり進んでいる  昔であれば想像もできなかったのが、各車両が通信をしてクラウドやセンターなどとつながるコネクティッド。音楽が聞けたり、スマホ内のマップをインパネ上のモニターに表示させて検索したり、…

続きを読む...

自動運転ともサポカーとも違う! 自動車メーカーも使い方があやふやなイマドキ用語「ADAS」とは

「サポカー」は概念であり海外では通じない  最近、クルマに関する記事でよく見かける、ADAS(エーダス)。アドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(先進運転支援装置)のことだ。  商品名では、スバルのアイサイト、...

続きを読む...

「安さ」が重要な軽トラック! 脱・純ガソリンエンジン時代に「生き残る」術はあるのか?

原価を抑えて商用EVを実現することは可能  東京都の2030年や、国の2030年半ばでのエンジン車販売禁止の動きは、商用車にも影響を及ぼすだろう。ことに生産財として扱われる商用車は、車両価格が安いことがなにより重要である...

続きを読む...

普通のものを使用するとどうなる? アイドリングストップ車の高額な「専用バッテリー」の中身とは

アイドリングストップ車はセルモーターの消費電力が大きい  排出ガスに含まれる二酸化炭素の削減が、いまや世界中の自動車メーカーの大命題となっている。こうした二酸化炭素削減策のひとつとして広く普及したのが「アイドリングストッ…

続きを読む...

もう道は「間違えない」! 三菱電気のナビゲーションの「革新的すぎる」新技術とは

自然な言葉でルート案内や注意喚起を行える  三菱電機がカーナビゲーションのガイドを大きく変える新技術「Scene-Aware Interaction(シーン・アウェア・インタラクション)」を開発した。意味を理解する自然言...

続きを読む...

ダウンサイジングの波で激増の「3気筒」エンジン! 「安っぽい」感触は「気筒数」の問題じゃない

スムースな回り方をするエンジンとして世の中に認知されてきた  地球温暖化の防止対策として、二酸化炭素の排出削減が叫ばれ始めてからしばらく経つ。自動車の排出ガスも大きな要素のひとつで、率先して二酸化炭素削減化を進めるヨーロ…

続きを読む...

事故で「ペダルを踏んでも減速しなかった」という「突然のブレーキの故障」は起こり得るのか?

ブレーキにはバックアップ機能が設けられている  新車試乗などで、ブレーキについて語られることはあまりない。しかし、エンジンの加速性能や、操縦性にまつわるシャシー性能以上に、ブレーキにもっと注目が集まっていい。そして、高性…

続きを読む...

いまや軽自動車にまで使われる当たり前技術! 「はるか昔」のレーシングカーが発祥だった

100年以上の歴史をもつレースメカニズムが受け継がれてきた  現在は、ごく当たり前、常識的と思われているいくつかの自動車メカニズムは、元を正せば限界性能を追求する性能本位のレースから派生した高性能メカニズムだったことをご...

続きを読む...

最新の安全装備付きのクルマでも事故は起こる! ユーザーが肝に銘じておくべき正しい知識とは

完全に衝突回避できるシステムではないことが知られていない  ブレーキとアクセルの踏み間違いによる悲惨な事故が未だに後を立たない。以前は運転アシスト機能付きの最新モデルが普及することでこのような事故の発生は減少していくと期…

続きを読む...

エンジンがないのにFFやRR! 電気自動車のアルファベットは何を表すのか

前のアルファベットはモーターの搭載位置を指す  クルマのレイアウトを表す表現としてFFやMR、RRといった表記があるのは多くの方がご存じのとおり。このアルファベットは前の文字がエンジンの搭載位置を、後ろの文字が駆動輪を表...

続きを読む...

ここまでやるか新型レヴォーグ! 高評価連発の「アイサイトX」の凄すぎるところ3つ

試乗した多くの人が新型レヴォーグを絶賛!  新型レヴォーグに搭載されるSUBARUの最先端運転支援システム「アイサイトX」。ジャーナリストや一般ユーチューバーなど、試乗した人たちから幅広く高い評価を受けており、試乗したほ...

続きを読む...

クルマの「剛性」は高ければ高いほどいい? レーシングドライバーが語る「車体剛性」の真実とは

コーナリングなどで車体に負荷がかかる際のきしみを抑える  新型車が登場するたびに解説資料には「従来比剛性30%アップ」などといった文言多く並ぶ。  年々20〜30%のアップを果たしていくモデルもあり、10年前のモデルと比...

続きを読む...

1 / 1812345...»

デイリーランキング