自動車先進技術・テクノロジーニュース - 2ページ目

自動車先進技術・テクノロジーニュースに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

セドグロの5速に驚いたがいまや10速も当たり前! ATがドンドン多段化するワケ

この記事をまとめると ■AT車は多段化が進み、いまでは10速ATも存在するほどだ ■多段化のメリットは滑らかでスムースな走りを可能とすること ■しかし、ただ多ければ多いほどいいわけではない 話題の新型フェアレディZも9速...

続きを読む...

いまどき流行の「ワンペダルドライブ」! 結構違う「トヨタ快適ペダル」「日産e-Pedal」「ホンダ・シングルペダル」の3つを比較した

トヨタは新型アクアに「快適ペダル」を採用  今年大注目のエコカーの1台が、HV専用コンパクトカーの新型トヨタ・アクア。そのアクアに新搭載された機能のひとつがHVならではの新しい走行体験が可能になる「快適ペダル」。そう、ア...

続きを読む...

ディーゼル特有の「カラカラ音」はイマドキのクルマでも発生するのか?

ガソリンエンジンとの音の差はかなり縮小している  カラカラカラ……。  ディーゼルエンジンは「カラカラ音」がするという表現は、ユーザーの間で一般的ではないだろうか。  ディーゼルエンジンの代表格といえば、大型トラックやバ...

続きを読む...

前後どころか360度カメラも当たり前! サブスクに通信機能まで登場している最新ドライブレコーダーの選び方

この記事をまとめると ■いまドライブレコーダーは必須アイテムになりつつある ■事故だけでなくあおり運転や車上荒らし対策にも有効 ■多種多様な機能の製品が出ているので選びかたを伝える いまのスタンダードは前後録画タイプ  ...

続きを読む...

クルマの自動ブレーキ! 必要でも作動しない&不要なのに作動する「日常あり得る」シーンとは

速度や天候などにより作動しないシチュエーションも  2021年から新たに生産される自動車に搭載義務化がはじまったAEB(衝突被害軽減ブレーキ)。  事故類型別の交通事故発生件数は、追突事故が一番多いといわれているが(平成...

続きを読む...

モノコックのほうが優れているんじゃないの? イマドキの新車でも「本格クロカン四駆」にラダーフレームが使われるワケ

クロカン4WDに採用される「ラダーフレーム構造」  ヘビーデューティー指向の4WD車、いわゆるクロカン4WDのメカニズムを見ていくと、車体構造に共通した特徴があることに気付く。独立したシャシーを持つ車体構造となっている点...

続きを読む...

女性じゃ踏みたくなくなるほど重たい車種も! MT車のクラッチペダルの重さがクルマによって違うワケ

この記事をまとめると ◼︎そのクルマのパワーとトルクによって、クラッチの重さが決まる場合が多い ◼︎最近の強化クラッチは軽くなっている ◼︎素材の進化によって、少ない力で高い圧着力を発揮するクラッチもある パワーとトルク...

続きを読む...

単に「動画を落とす」のが早くなるだけじゃなかった! 5G通信が「クルマ社会」に与える強大なインパクトとは

コネクト機能が強化される  ご存じのように、携帯電話で5G回線のサービスが始まっている。5Gの特徴は超高速、超大容量、超大量接続、超低遅延の4つで、4GのLTEと比べて速度は100倍以上。負荷がかかる重い動画でもアッとい...

続きを読む...

クルマは不可能と思われていた領域を達成! 「限界値」を突破したイマドキの「超高効率エンジン」と燃費の進化

この記事をまとめると ◼︎EV化の流れが来ているが、まだまだガソリンエンジンも健闘している ◼︎WLTCモードでの表示へとなったことで、数値も変化している ◼︎ル・マンなどのレース現場直系の技術がフィードバックされている...

続きを読む...

「事故ゼロ」だけが目的じゃない! 自動運転が担う「安全」以外の「重要な役割」とは

交通事故原因の9割が人間の不注意や操作間違い  運転支援の進化の過程で、運転者がハンドルから手を放して走行できるハンズオフは、日産スカイラインのプロパイロット2.0から導入がはじまり、スバルアイサイトX、ホンダセンシング...

続きを読む...

安全面で圧倒的に有効! 北米で「装着義務」のある「タイヤ空気圧計測装置」が日本で普及しないワケ

空気圧の低下をダッシュボード内に表示する  タイヤの空気圧を計測・監視する、TPMS(タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)という装置がある。  これまでさまざまなタイヤメーカーを取材してきたが、空気圧管理はタイ...

続きを読む...

やっと「よそ見」ができるレジェンドが公道に放たれた「自動運転」! なかなか普及しないと感じる理由とは

新型レジェンドの登場でついに自動運転「レベル3」が量産化  自動運転といえば、最近ではホンダが世界初のレベル3自動運転を新型レジェンドに搭載したことが大きな話題となっている。  新開発Honda SENSING Elit...

続きを読む...

エンジン車に乗りたい派の素朴な疑問! クルマの排ガスに含まれるCO2を「出さず」に「貯める」ことはできない?

NOx吸蔵触媒はリーンバーンエンジンで実現している  かつて自動車の排ガスは垂れ流し状態だった。それが大気汚染の対策として基準がどんどん厳しくなるなかで、排ガス処理技術は進化してきた。  現在、ガソリンエンジン車に使われ...

続きを読む...

単に4輪で駆動するだけじゃない! クルマやメーカーでまったく違う「4WD」の中身とは

2WDと4WDの切り替えができるのは「パートタイム4WD」  走行安定性が高く、また駆動力が強いことから、4WD方式の車両が市場に浸透して久しい。もともとは、第2次世界大戦時の米軍軍用車両、通称「ジープ」(バンタム、ウイ...

続きを読む...

実際の風景に案内を表示する画期的機能! 新型SクラスがOP採用した「ARナビ」の実用度とは

ヘッドアップディスプレイは進路案内を実際の風景に重ねて表示する  メルセデス・ベンツはフラッグシップモデル、新型Sクラスに搭載するヘッドアップディスプレイにAR(Augmented Reality=拡張現実)」を使ったナ...

続きを読む...

デイリーランキング