「タグ: EV」の記事一覧

EVに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

各地で発生する大雪での立ち往生! EVはとくに危険と言われる理由と「そうとも言えない」現実

この記事をまとめると ■毎冬、各地で大雪による通行止めや立ち往生が発生している ■巻き込まれた場合、EVはとくに危険なイメージがある ■しかしむしろEVの方がリスクは少ないといえる 日産リーフe+なら60時間ヒーターを使...

続きを読む...

まるでベンチャー企業のようなフットワーク! トヨタ圧巻のEV拡大戦略がもつ重要な意味

この記事をまとめると ■昨年末、「EVも全力でやっている」とトヨタが突然発表した ■最近のトヨタはフットワークが非常に軽い印象がある ■トヨタが昨年発表したBEV戦略の真意を深堀りする 「2030年までに350万台EVを...

続きを読む...

「EVだ」「エンジンだ」の議論は木を見て森を見ず! 「本当に大切」なものとは?

この記事をまとめると ■CO2排出量を減らすことが重要 ■BEVを作るにも電気を作るにもCO2を排出する ■大切なのはEVを語ることではなく新たなエネルギーを考えること  WEB CARTOP読者のみなさん、新年明けまし...

続きを読む...

決して「神電池」ではない! 自動車メーカーが期待を寄せる「全固体電池」とは?

この記事をまとめると ■全固体電池には世界の自動車メーカーが期待を寄せている ■全固体電池によってEVの高性能化とプラットフォームへの自由な配置が実現される ■トヨタによるとまだまだ全固体電池の実用化にはさまざまな課題が...

続きを読む...

世界を驚かせたシトロエンの次世代モデル上陸! C4/E-C4エレクトリックを日本で発売

この記事をまとめると ■新型シトロエンC4/E-C4エレクトリックの日本導入が発表された ■パワーユニットはガソリンとディーゼル、電気の3タイプをラインアップ ■価格はガソリン295万円〜、ディーゼル345万円、BEVが...

続きを読む...

いまどきの「アメ車」は「ダメ車」じゃない! 急激に進むブランド戦略の驚異

この記事をまとめると ■アメリカンブランドは伝統を変革させることで新時代を生き抜こうとしている ■いまどきのアメ車はユーザー・ファーストを徹底した事業転換を成功させている ■日本メーカーにとってもいまどきのアメ車には学ぶ...

続きを読む...

海外では魅力的な「激安EV」も多数! それでも並行輸入がほとんど日本で見られないワケ

この記事をまとめると ■海外では日本に正規輸入されていない電気自動車が多数存在する ■とくに中国は100万円以下のモデルも ■そうしたクルマが並行輸入されない理由を解説する 海外では多数のEVがすでに登場している!  こ...

続きを読む...

ハンドルを持ち替える必要なし! トヨタbZ4Xの「ワンモーショングリップ」ってどんな技術?

この記事をまとめると ■トヨタのEV「bZ4X」には、ワンモーショングリップという機能が採用されている ■ステアリングシステムのギヤ比や操舵力を無段階で変化させることが可能 ■仕組みやメリット、今後の可能性について詳しく...

続きを読む...

日産はアリアを使ってカーボンニュートラルを目指す! 自治体向けの脱炭素社会実現支援のための連携を合同発表

この記事をまとめると ■日産と住友商事、住友三井オートサービス、アイクトコンソーシアムが合同発表会を開催 ■4社はカーボンニュートラル社会の実現に向けたパートナーシップを締結 ■再生可能エネルギーの最適化活用を推進し、実...

続きを読む...

ボンネットは開けられない! ドアノブもない! BMW iXがタダモノEVじゃない6つの理由

この記事をまとめると ◼︎話題のEV「BMW iX」のいいところを紹介 ◼︎インテリアの質感はまるで上級ホテルのような雰囲気 ◼︎最先端技術や便利な機能を数多く搭載 ドイツ発の未来感マシマシなイケてるEVが登場!  20...

続きを読む...

衝撃サプライズで突如16台のバッテリーEVを披露! トヨタが世界の自動車界にビックバンを巻き起こした

2030年に世界350万台のBEVを売る  2021年12月14日、トヨタが「バッテリーEV戦略に関する説明会」を開催した。  会場にはスバルと共同開発したSUVタイプのバッテリーEV(BEV)である「bZ4X」ほか、b...

続きを読む...

仲良くケンカして生まれたトヨタとスバルのEV! bZ4Xとソルテラはどんなクルマで何が違うのか?

86&BRZとは違う協業  トヨタbZ4X/スバル・ソルテラは両社共に「グローバル販売を行なうBEV(電気自動車)」と言う意味では初のモデルだ。この2台はトヨタ/スバルの共同開発モデルとなるが、じつは第1弾となっ...

続きを読む...

今後の選択次第では苦境に立たされる可能性も! トヨタが電動車に「3種の電池」を使う理由

この記事をまとめると ■トヨタはニッケル水素・リチウムイオン・バイポーラ型ニッケル水素の3つの電池を使用 ■加えて全固体電池も鋭意開発中だ ■この先10年でどのバッテリーを使うかの経営判断が先行きを左右する ハイブリッド...

続きを読む...

満充電のはずが乗ろうと思ったら半分! 充電待ちで牛歩! 初めてのEVあるある5つ

この記事をまとめると ■いまEVに注目が集まっている ■しかし初めて使ってみると、短所や困ることもある ■今回は「初めてのEVあるある」を5つ挙げて紹介する 初めてEVを所有すると驚くことが多数!  いろんな自動車メーカ...

続きを読む...

ハイブリッドカーには「沢山の種類」が存在する! もう迷わない「システム」と仕組みを整理して解説

この記事をまとめると ■HV(ハイブリッドカー)はシリーズ式、パラレル式、スプリット式の3つに大別できる ■PHV/PHEVは外部から充電できるプラグイン・ハイブリッドのことを指す ■そのほかにもモーター走行可能なフル(...

続きを読む...

デイリーランキング