【ムービー】アルトターボRSの筑波コース1000の気になるタイムは?

AGSと重心の高さがサーキットの本気走行では……

 2014年に新型となったアルトに「ターボRS」が追加され、一時期「ワークス復活か」と騒がれた、アルトターボRS。ワークスが復活するまでは、最強モデルだったアルトターボRSは自慢のAGS(オートギアシフト)のみの設定だ。はたして、筑波コース1000で、どのような結果出るのかチェックしてきた。

 ターボエンジンのおかげで、トルクピックアップがよく、軽快なエンジン回転数の吹け上がりに関心をする。AGSはDレンジのままで周回をしてみると、ダウンシフトのタイミングがサーキットに向いておらず、パドルによるマニュアル走行に切り替えて走行した。シフトレバーでの変速は片手運転になってしまい、パドル装備の意義に反してしまう。パドルはステアリングコラム固定式の方が乗用車には適していると言えそうだ。

 気になったのは、縦横G領域での不安定な挙動特性だ。コーナーによってはセーブして走行をしなければならず、タイムは48秒393秒と期待していたほどではなかった点が悔やまれる結果となった。

パドルシフトで操るのが楽しいアルトターボRS

車種名 アルトワークス
全長×全幅×全高(mm)
3395×1475×1500
ホイールベース(mm)
2460
車両重量(kg)
670
エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ
総排気量(cc)
658
最高出力 kW<PS>/rpm
47<64>/6000
最大トルク Nm<kg・m>/rpm
98<10.0>/3000
トランスミッション 5速MT
JC08モード燃費(km/L)
23.6
駆動方式
FF
価格(消費税込み) \1.293.840


[関連記事]

[ムービー]新型アルトワークスの筑波コース1000全開テスト結果とは?

スズキ・アルト ワークス GPの文字通り「ワークス」カスタムぶり

スズキ「アルトRS」筑波全開アタック!WEB CARTOP夏休み動画特集

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  6. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  7. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  8. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  9. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  10. 買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    日本のマンガで有名となった1台も今は高値安定 中古車の価格というものは...