スズキ・アルト ワークス GPの文字通り「ワークス」カスタムぶり

スズキ・アルト ワークス GPの文字通り「ワークス」カスタムぶり

MotoGPのチームイメージを表現した本格軽スポーツ

 アルトワークスのポテンシャルが高いことは、すでに多くの人が実感しているところだろう。その能力をさらに引き上げるべく、フットワークチューンや軽量化を行ったのがアルト ワークス GPなのだ。altoGP_01

 S660やコペンといった軽自動車のスポーツモデルが注目を集めているが、スズキは往年の名車アルトワークスを復活させて軽自動車スポーツの盛り上がりをさらに加速させた。今回のオートサロンでは、まさに当然のごとくアルトワークスをベースにしたカスタムモデルを出展。アルト ワークス GPと名付けられた、いかにも走りを予感させる1台が来場者の熱い視線を独り占めしていた。altoGP_05アルト ワークス GPは、2輪の「FIMロードレース世界選手権(MotoGP)」に参戦する「チームスズキ エクスター(Team SUZUKI ECSTAR)」のワークスマシンをイメージして作られている。MotoGPのマシンと同じカラーリングにカーボン製のボンネットを採用することで、レーシーな雰囲気を醸し出している。

 


サーキットを走るマシンのイメージをより強調するべく、車高調サスペンションやスポーツホイール(エンケイ製)を装備。タイヤはノーマルの165/50から185/55(銘柄=RE-71R)へとサイズアップし、本格的なスポーツ走行にも対応できる。車内にはロールバーを備え、追加メーターや6点式のシートベルトを装着するなど、ドライバーが乗り込んだ瞬間からスポーツドライブへ誘ってくれる仕様となっている。

 


参考出品のコンセプトモデルだが、純正に設定のない鮮やかなボディカラーは、アルトワークスのスポーティイメージにピッタリ。また、カーボンボンネットなどもカスタマイズアイテムとして「欲しい」と思ったユーザーも多いはずだ。反響次第では製品化もあり得る!?と思わせるほどの完成度だけに期待が膨らむ。

スズキ公式ホームページ

 [関連記事]

イグニス ウォーターアクティビティーコンセプトアクティ派も納得のイグニスの実用性を極めたカスタマイズモデル

[試乗]SUVへ生まれ変わった逆輸入車スズキ・エスクードの実力とは?

軽自動車の人気スポーツ「アルトワークス」が15年振りに復活!

画像ギャラリー