【ムービー】新型アルトワークスの筑波コース1000全開テスト結果とは?

670kgの軽量ボディで鋭い加速! 5速MTの楽しさが満載

 話題の軽自動車、スズキ・アルトに「ワークス」な復活し2015年12月24日に発売となった。ファンの注目を大きく集めているアルトワークスを一足早く、茨城県にある筑波サーキットコース1000で全開アタックをしてきた。WEB CARTOP アルトワークス

 最高出力は、規格枠最大のわずか64psに抑えられているものの、ギア比の近いクロスレシオ化された5速マニュアルトランスミッションを採用した。それにより、エンジンパワーは無いが、マニュアルトランスミッションを操る楽しさを提供してくれる。

 5速マニュアルトランスミッションは、クラッチミート(繋ぐ)の特性にまでチューンが加わり、ブラックマークを残せるほど鋭い加速をみせる。迫り来るコーナー立ち上がりでは、ホイールスピンが激しく、アクセルコントロールを積極的にしないと内輪が空転したままになるため、タイムが出ない。しかし、そのパワーを5速マニュアルで操る楽しさはドライビングの基礎が問われ、入門車あるいは、トレーニングマシンとして最適である。WEB CARTOP アルトワークス

マニュアルを操るのが楽しいアルトワークス!

車種名アルトワークス
全長×全幅×全高(mm)
3395×1475×1500
ホイールベース(mm)
2460
車両重量(kg)
670
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ
総排気量(cc)
658
最高出力 kW<PS>/rpm
47<64>/6000
最大トルク Nm<kg・m>/rpm
100<10.2>/3000
トランスミッション5速MT
JC08モード燃費(km/L)
23.6
駆動方式
FF
価格(消費税込み)\1.509.840


[関連記事]

スズキ・アルト ワークス GPの文字通り「ワークス」カスタムぶり

軽自動車の人気スポーツ「アルトワークス」が15年振りに復活!

アルトワークスの再来か? 軽量ボディのアルトにターボRSが登場

画像ギャラリー