「コラム」の記事一覧 - 30ページ目

クルマのボディカラーは派手なほうが安全なのか?

海外の研究データではシルバーが一番事故率が低い  国産車でよく見るボディカラーといえば、白、黒、シルバー。実際、この三色だけで全体の約7割というデータがあるが、どれも無難な色というのが何とも日本人らしいところ。そうした一.…

続きを読む...

センター固定式に真円以外のカタチ! 運転に欠かせないステアリングの歴史

職人が磨き上げたウッドタイプも高級品だった  何気なく使っているからか、あまり意識がいかないのがハンドルだろう。最近のタイプはスイッチが大量に付いているので、その操作や機能については興味があっても、ハンドル自体には無頓着…

続きを読む...

消えゆく可能性大! 今のうちに乗っておくべき庶民が買える6気筒エンジン搭載車6選

ダウンサイジングターボ全盛の現在6気筒は減りゆく運命  昨今は「エンジンの小型化、小排気量化をターボやスーパーチャージャーといった過給機の装着で補う」というダウンサイジングターボが日本車、輸入車問わず普及していることもあ.…

続きを読む...

【ハイソカーブームを支えた名車】バブル前夜に「高級」を追求した初代ホンダ・レジェンド

素材にまでこだわった贅沢な作りこみで誕生  2012年から2015年までの間に中断した時期があるものの、1985年の初代登場以来、ホンダのフラッグシップとして君臨しているのがレジェンドだ。そもそも初代登場の目的は、それま...

続きを読む...

斬新さや豪華さに度肝を抜かれた! 衝撃的な装備を纏った国産名車5選

デジタルメーターも登場当初は超先進装備だった  1981年は、今につながるエレクトリック技術が花開いた年だ。この年にデビューしたトヨタ・ソアラとスバル・レオーネ4WDツーリングワゴンに採用され、先進性を強くアピールしたの...

続きを読む...

エクストレイルで先鞭を付けるもなぜ日産は乗用ディーゼルをやめたのか?

ルノー製ディーゼル「M9R」エンジンは欧州ではいまだ現役  現在、日本でも数多くのクリーンディーゼルが選べるようになっているが、その先鞭をつけたのは2008年に追加設定された、先代の日産エクストレイルだったことを覚えてい...

続きを読む...

クルマだけでモテた時代があった! 昭和の鉄板モテクルマ3選

今では女性から不人気のクーペスタイルがもてはやされた  最近の若い人にとっては信じられないことかもしれないが、昭和のころはクルマがあるだけでモテた時代があった。そのため、当時の若者は我先にと運転免許を取得し、なんとか捻出…

続きを読む...

最近注目度が上がっている「クラシックカー」ってそもそも何?

海外は主に戦前車を指すが日本の場合比較的新しいクルマが多い  クラシックカーイベントなど、古いクルマに対して普通に使われるのがクラシックカー。意味としてはそのまま「古いクルマ」で、そもそも定義というのはない。  ちなみに.…

続きを読む...

スカイラインGT-Rがアメリカに続々輸出! 国産名車の流出は今後も続くのか

2025年ごろまでは続く可能性がある  最近アメリカで、右ハンドルのクルマが走っている姿をたまに見かける。なんとも不思議な光景だ。なぜならば、アメリカでは日本のように「逆ハンドル車」を新車で販売できないからだ。  日本は...

続きを読む...

安全面で有利とのデータも! AT車よりMT車が優れているポイント6つ

運転の楽しさ以外にも隠れたメリットがある  乗用車の新車販売の98%以上がAT車という昨今、圧倒的な支持率に応えて、日本の自動車メーカーはオートマチックトランスミッションの開発に多額のコストをかけていて、多段化など技術的...

続きを読む...

あえてのローパワーという選択! 小排気量だからこそ楽しめる現行国産車3選

使い切れるパワー&トルクとMTで操る楽しさは格別  大排気量で大パワーのクルマが速いのは当たり前。しかし、一般公道でその力を発揮できるとしたら料金所での加速くらいで、どちらかというと持て余してしまうものだ。そこでオススメ...

続きを読む...

明暗クッキリ! 衰退する自動車ショーがあるなかNYショーが注目を集めるワケ

日本メーカーもNYショーを重要視している内容で展開  何かとイベントの多い大都市だからなのか、タクシードライバーなどに「何しにきたのか?」と聞かれて、「ニューヨークオートショーの取材にきた」と伝えても、「そんなのあったけ...

続きを読む...

月販100台前後の超低迷車も! ハイブリッドなのに売れない残念なクルマ4選

ジャンルによってはハイブリッドがプラス要素にならないことも  読者諸兄がクルマを選ぶときは、どのようなプロセスを辿るだろうか。好きなクルマを真っ先に、あるいは2〜3車種の候補を挙げて絞り込むか、使用目的と予算に応じて冷静...

続きを読む...

目立つあおり運転への仕返し行為! 一瞬のスッキリ感のために負うリスクは多大

腹が立っても報復せずに避けるのが正解  4月になって、日も伸びて、ポカポカしたいい陽気になったと喜ばしい反面、この季節は江戸時代から『木の芽時』といって、変わった行動をする人が出てくると言われることがある(季節の変わり目.…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  6. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  7. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  8. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...