「コラム」の記事一覧 - 30ページ目

【疑問】これから世界はEVへ舵を切るのか?

科学的な要因ではないが確実にEVに向かって進んでいくだろう  ヨーロッパでは急速に電動パワートレインへのシフトが始まっています。その大きな要因は多分に政治的なものであり、技術的・科学的な進捗ではないので、何とも判断が難し...

続きを読む...

【天才】ジウジアーロがデザインした意外な日本車6選!

ピニンファリーナの曲線に対し直線を基調としたデザインが特徴  ピニンファリーナとともに、イタリアを代表するカーデザインの巨匠といえば、ジョルジェット・ジウジアーロだ。曲線をうまく採り入れたデザインを得意とするピニンファリ…

続きを読む...

【物流の危機】トラックドライバーが不足している理由とは?

運送費の低下で労働に対する賃金が低いため新規のなり手が少ない  1970年代に一世を風靡した映画「トラック野郎」シリーズは、フリーランスのトラックドライバーが主人公の物語でした。  菅原文太さん、愛川欽也さん(いずれも故...

続きを読む...

【世界の名車】登坂性能45度! 線路まで走れるメルセデス・ベンツ「ウニモグ」とは

一車多様の万能車!  メルセデス・ベンツの商用車というのは、日本でも大型のトレーラーなどで見かけるようになってきたが、働くクルマとして古くから愛されているのがウニモグだ。  働くといっても、物流ではなく、工事などのハード.…

続きを読む...

【今さら聞けない】ボディと一体化されている今ドキのバンパーって何のためにある?

欧州では「当てるもの」だが日本では機能部品ではなくデザイン性を重視  バンパーの単語の意味として「吸収するバー」といったところ。自動車用語にありがちな和製英語かと思いきや、じつはキチンとした英語で海外でも通じる。機能的に…

続きを読む...

【今さら聞けない】クルマ好きがいう「レスポンス」って何?

ドライバーの操作に対するクルマの反応スピード  レスポンスというのは「反応」という意味。ドライバーの操作に対して、すぐに反応してくれるクルマは「レスポンスのいいクルマ」ということになる。  たとえばエンジン。アクセルを踏.…

続きを読む...

【激レア車の試乗も】WEB CARTOP若手編集者がマツダの体験会で大興奮したワケとは?

歴史を知り哲学を学び運転で実感するマツダの体験会  広島に拠点を置くマツダから若手編集者向けの体験会の案内をいただいた。内容はマツダの歴史やスカイアクティブを知る座学からサーキット走行まで多岐に渡る。  そこで学んだマツ.…

続きを読む...

今だけは渋滞歓迎! 桜の季節に考える首都高の制限速度と現実の速度の乖離

脇見運転は厳禁だが「運良く」渋滞していれば首都高から桜が自然と目に入る  3本ある靖国神社の標本木の桜が5から6輪咲いて、2017年、東京都心の開花宣言が出たのが3月21日だった。例年より5日も早い開花にもう春が来たと思...

続きを読む...

メルセデス・ベンツは「ベンツ」「メルセデス」ドッチで呼ぶのが正解?

どちらも間違いではないので由来を見て好きなほうで呼べばいい  メルセデス・ベンツ。これが正式名称なのは、誰でもご存じだろう。ただ無意識にはベンツと呼んでしまうのは事実だし、メルセデスがなんだか正式っぽいというか、常識があ…

続きを読む...

【噂の真相】冬こそオープンカーの季節というけど本当か?

鉄板で快適なのは春と秋だが日本の場合夏よりも冬のほうが快適  当たり前だけど、ルーフが開くのがオープンカー。メリットはなんといっても、オープンエアーだ。つまり風や太陽の光りを感じながら走れるということ。日射量が少なく、日…

続きを読む...