「コラム」の記事一覧 - 50ページ目

到底180km/h出ないローパワーのクルマにも速度リミッターは付いているのか?

車種にもよるが付いていない車種が多い  理由が定かではない部分もあるが、ご存知のように日本車の日本仕様車には180km/hで作動するスピードリミッターが付いている。180km/hになるといきなりスピートが出なくなるわけで...

続きを読む...

ルーツはコロナ! ハイソカーブームを支えた名車「トヨタ マークII」とは

トヨタ・コロナの派生車種として登場  現在ではマークXに取って替わられているが、ルーツとなるのはマークIIだ。そもそもマークIIというのは2番目といった意味で使われるが、では何の2番目かというと、答えはコロナだ。  19...

続きを読む...

日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や女性も平気で200km/h巡航をこなす  ヨーロッパでは女性も高齢者も、平気な顔してマニュアル車に乗っている。その理由は、オートマチック車に比べて新車...

続きを読む...

世界のクルマ好きはなぜフェラーリに憧れるのか

海外はF1の影響が大きいが日本は特殊なケース  フェラーリと言えば自動車界の女王サマ。クルマに関心がない人でも、そういう認識はあるだろう。ましてやクルマ好きにとって、フェラーリは特別な存在だ。  いったいナゼなのか?  ...

続きを読む...

この先日本でMT車が絶滅に向かう理由とは

事故ゼロのためにはすべての操作系をバイワイヤ化する必要がある  今日本には、二輪やトラックメーカーを含めると、現時点で量産工場を持つ自動車メーカーは14社が存在している。まさに自動車大国といえる状況であり、モータリゼーシ...

続きを読む...

VWのMQBやトヨタのTNGAなど現在クルマのモジュール化を進める理由とは

開発の効率化はもちろん、運動性能向上にも貢献する 理由その1)パラダイムシフト  新型カムリなど、最新のトヨタ車が採用しているトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)。さまざまな車種の骨格を共通化する、モ...

続きを読む...

販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる  21世紀になって大きく変わったのがクルマ選びの基準だ。ファミリーカーは、セダンではなく使い勝手のいいミニバンやクロスオーバーSUVに取って代わられている。また、スポー...

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その41

電池切れになるといろいろと不便……  すみません。このところ、自分の愛車「メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク」に乗るときは、枕詞にいつも「久しぶりに」という言葉が付きますが、まさに今回もそう。久しぶりに乗った...

続きを読む...

女子がデートでスポーツカーを嫌がる本当の理由とは

助手席に座っているだけ……でも苦労は多い  スポーツカー……、それは男たちの永遠の憧れ。いえ、女にとっても憧れだった時代はありました。90年代にはとくに、彼氏がスポーツカーで迎えに来た女たちは、羨望の眼差しを浴びまくった...

続きを読む...

あの土屋圭市さんが審査委員長! ドリフトキングダム第2戦が間もなく開催【動画あり 】

3月24〜25日に日光サーキットで開催  ドリフトマッスルからドリフトキングダムに名称変更して初めての大会が2月25日、筑波サーキットで行われた。ドリフトの面白さは実際の走りを見なければ伝わりにくいが、クルマって、こんな...

続きを読む...

スポーツカーが売れないこのご時世でも健闘している貴重な国産モデル5選とその理由

純粋に運転する楽しさを味わえるのが醍醐味なのだが……  最近はスポーツモデルの売れ行きが悪い。その理由に「若年層のクルマ離れ」が挙げられるが、メーカーが生み出した都合の良い言い訳だ。本当の理由は、手軽に買える運転のしやす...

続きを読む...

【ムービー】「ずっと走っていたい!」と絶賛! ドリキン土屋圭市のトヨタ86GRサーキット試乗

日本を代表するFR使いも納得のパフォーマンス  操る喜びを日常的に楽しむことができる「トヨタ86GR」。まだ発売される前に、ドリフトキングこと土屋圭市さんが袖ケ浦レースフォレストレースウェイでプロトタイプの試乗を行ってい...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...