「コラム」の記事一覧 - 84ページ目

【今さら聞けない】座れないほど狭いスポーツカーのリヤシートって何?

北米の保険料率が理由だったのは昔の話で今は商品力  スポーツカーとスポーツクーペの違いにリヤシートの有無が挙げられることもある。フェラーリやランボルギーニのような2シーターこそスポーツカーである! と。そういうと、「後席...

続きを読む...

【目立ち度MAX】ドイツ車だらけの祭典でたった1台・ルノー車を選んだワケとは?

「af.impスーパーカーニバル」に参加したルノー・メガーヌR.S.  2016年5月15日に大阪市舞洲スポーツアイランドで開催されたカスタムカーの祭典「af.impスーパーカーニバル」。輸入車スタイルアップ誌「af.i...

続きを読む...

過激なラリーマシンが続出した名車揃いのグループB時代

WRCの主役がグループ4からグループBに移行  当時、FIA(国際自動車連盟)の下部組織として世界中のモータースポーツを統括していたFISA(国際自動車スポーツ連盟)は、1981年に車両のレギュレーション(国際競技車両規...

続きを読む...

【今さら聞けない】クルマに溢れるアルファベット3文字用語「H&L編」

知っていて損はない最新テクノロジー用語も  自動車のカタログや記事を読んでいると、似たようなアルファベット3文字の専門用語に出くわすことは少なくない。最新テクノロジーに関して見かけることの多い「H」ではじまるアルファベッ...

続きを読む...

【意外と知らない】なぜ外車は日本仕様の右ハンドルでも左ウインカーなのか?

コストの問題などではなく明確な規定がある!  右ハンドルの日本仕様の輸入車に乗ったとき、ウインカーをつけようとして、ワイパーを動かしてしまったことって、ありませんか? 我々のような自動車雑誌作りに携わっている者でも、とき…

続きを読む...

一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち  クルマの第一印象を決定づけるのは、何といっても「顔」だ。カーマニアならデザイン以外にも、スペックやハンドリング、ボディ剛性など様々な要素がファーストインプレッション…

続きを読む...

【要注意】無意識に人をイラっとさせる運転マナー11選!

危険な行為もあるので今すぐやめるべき!  クルマの運転をしていると気にかかるのが他人の運転マナー。本人は正しいと思っていても周りが迷惑になっているという行為もある。実は、自分もやっているかもしれない行為を今一度確認!  .…

続きを読む...

【ムービー】ドリキン土屋圭市が鈴鹿でシビックタイプR vs メガーヌRS全開バトル!

FF世界最速を争う2台、鈴鹿で速いのはドッチだ?  ドリキンこと土屋圭市さんが鈴鹿サーキットに降臨! ニュルFF最速の座を争った「ホンダ・シビックタイプR」と「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」の2台を全開で走らせた...

続きを読む...

【今さら聞けない】クルマに溢れるアルファベット3文字用語「A&E編」

同じ機能でもメーカーによって呼び方が違う場合も  自動車のカタログや専門誌、ウェブ記事などを見ていると、アルファベット3文字の似たような専門用語が出てくることは珍しくない。その中でも、アルファベットの並びが似ていて、さら.…

続きを読む...

【ムービー】国沢光宏がホンダ・クラリティとトヨタ・ミライを徹底比較!

同じ水素燃料電池車でも乗り味がまったく違う  自らもトヨタ・ミライを所有し、ラリー仕様に仕立て上げて競技に参加しているモータージャーナリストの国沢光宏氏。新たに登場したホンダ・クラリティと、トヨタ・ミライという水素燃料電…

続きを読む...

「ラリーの日産」との称号も与えられた日産バイオレットの成績とは?

日産がサファリラリーで4連覇を達成 1963年に初めてサファリラリーに挑戦した日産は、以後も精力的に参戦活動を継続した。そして66年に初めてクラス優勝を果たすと69年にはクラス優勝&チーム優勝を達成。翌70年には総合優勝...

続きを読む...

【5分でわかる】複雑な中国の自動車メーカー事情

現地生産するには中国メーカーと合弁会社を作るしかない  現地中国メーカーとの合弁会社って何? 同じマツダなのに、「長汽マツダ」と「一汽マツダ」があるのは何故? そもそも中国には自動車メーカーが何社あるの? そんな疑問を、…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  4. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  5. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  6. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  7. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  8. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  9. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  10. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...