• TOP > 新車試乗記

「新車試乗記」の記事一覧

【試乗】SUVテイストは伊達じゃない! 本格4WD性能をもつ新型VWパサートオールトラック

30mmアップの車高はワインディングで爽快な走りに貢献  フォルクスワーゲン(VW)の中核モデルであるパサート。ワゴンのヴァリアントをベースに仕立てた「オールトラック」が新バリエーションとして加わった。VWが得意とする4...

続きを読む...

【試乗】これぞEVモンスター! 4WDがもたらす新型リーフ NISMO RCの超絶加速を体感

0-100km/h加速タイムは先代の半分以下!  日産自動車がEV(電気自動車)の本格的なレーシングカーとして「リーフ NISMO RC(以降RC)」を登場させ富士スピードウェイのドリフトコース(!)で試乗テストドライブ...

続きを読む...

【試乗】トヨタ新型スープラがみせた操作に忠実なコーナリング! 発売までにウエット性能のアップデートに期待

86より100mm短いホイールベースがハンドリングの良さに貢献  最終型から15年以上経った現在でも、世界中に多くのファンを持ち根強い人気があるトヨタスープラ。その5世代目となる新型スープラ(A90)が、いよいよ2019...

続きを読む...

【試乗】トヨタ新型スープラはコーナリングありきのリアルスポーツ志向!

乗り込む瞬間従来のトヨタ車でないことがわかる  すでに世界各地でテスト走行風景などが目撃されスパイショットが専門誌の紙面を賑やかしているトヨタ新型スープラ。本格デビューまでのカウントダウンが始まるなか、そのプロトタイプモ…

続きを読む...

【試乗】トヨタ新型スープラはリアルスポーツカー! 限界域ではややトリッキーな動きも

兄弟車となるBMWのZ4とは立ち位置が異なる  兼ねてからウワサになっていたトヨタの新型スープラの姿を初めて見たのは、今年3月、ジュネーブモーターショーだ。その時はレース仕様として展示されていた。具体的プランはまだないが...

続きを読む...

【試乗】トヨタ新型スープラで全開! 座った瞬間80型の記憶が瞬時に蘇るスープラらしさに感動

プロトタイプながら旋回性能を追求したことが見え隠れする 「旧型とまったく変わってないんだね」  新型のA90型スープラを見て乗って、いきなり感じたのは、未だに色濃く体に刻まれている既視感だ。もちろんネガティブな意味ではな...

続きを読む...

【試乗】新型NSXは情報がしっかりドライバーに伝わる! 2019年モデルは確実な進化を遂げた

ボディカラーに鮮烈なオレンジが加わり室内色も新色追加  ホンダが世界に誇るスーパーカー、NSXが2019年モデルとして進化したという。そこで早速試乗の機会を得た。現行NSXがデビューしたのは2016年。その時は鈴鹿サーキ...

続きを読む...

【試乗】レクサスESは誰が乗っても満足できる! 驚きの全方位性能を徹底リポート

FFならではの広い室内と積載力はコスパ高し  お金の話から入り恐縮だが、600万円から700万円代の予算でクルマの購入を考えている方は、注目して損はない。レクサスが新たに登場させたESは、そんな誰にもオススメしたくなるし...

続きを読む...

【試乗】新型BMW Z4は国宝級の直6エンジンと最高のFRシャシーで理想的なスポーツカー!

典型的なFRスポーツのデザインだがドライバーは前方に移動  ふたり乗りのオープンカーなんて、まったく実用性がない単なる遊びグルマだと思っている人が多いと思う。だが、クルマ好きにとってオープン2シーターはある種の憧れのスポ...

続きを読む...

【試乗】ディーゼルらしさを感じさせない上質フィール が味わえるメルセデス・ベンツS400d

ガソリンエンジンのような気持ちよい吹き上がりを見せる 「メルセデス・ベンツS400d」がデビューするという噂を耳にして、思わずカフェの椅子から腰を浮かしかけた。 「マジかよ!」  噂の元になった記事を二度読みして、あらた...

続きを読む...

【試乗】BMW M850iは単なる高級クーペにあらず! サーキットまでこなす強烈な切れ味

走りのベンチマークはポルシェ911か  BMWから新型8シリーズとZ4の国際試乗会の案内がきた。早速スケジュールを調整して、ポルトガルに乗り込んだのだ。現地一泊二日で二台のニューモデルを試乗するのでちょっと慌ただしいが、...

続きを読む...

【試乗】電気仕掛けのメルセデスAMG E53 4マチック+はヤンチャと上質を両立

モーター+スーチャーはよりスムースな発進をサポート 「ついにお前もか・・・」 「メルセデスAMG E53 4マチック+」の試乗を前、関係者のプレゼンテーションに耳を傾けながら、寂しさと期待とが複雑に混じったえも言えぬ思い...

続きを読む...

【ムービー】BMW X4 M40iに試乗! SUVとは思えぬスポーティさにオドロキ

SUVとは思えないほどグイグイ曲がる! 2018年9月に初のフルモデルチェンジしたBMW X4。その最上級モデルであるM40iに、モータージャーナリストの木下隆之さんが試乗。SUVらしくないスポーティなスタイリングを持ち...

続きを読む...

【ムービー】パワフルで静かで経済的! でもちょっとお高いホンダ新型CR-Vのターボモデルに試乗

300万円超えとなったCR-Vは価格に見合う走行性能を持つのか  ホンダのミドルサイズSUV、CR-Vがじつに2年ぶりに日本で復活! 5代目となる今回のモデルは1.5リッターターボを採用するほか、ハイブリッドモデルを新た...

続きを読む...

【試乗】ホンダ新型CR-Vは誰が乗っても満足できる徹底マルチSUV

1.5リッターターボ車には待望の7人乗りも用意  約7年ぶりのフルモデルチェンジで、さらにでっかく、アメリカンなデザインになって帰ってきたホンダ新型CR-V。グローバルでは年間で70万台以上が売れている人気のミドルサイズ...

続きを読む...

1 / 2812345...1020...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  2. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  3. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  4. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  5. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  6. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...

  7. 【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    意味を知れば大きなトラブルに成る前に対処できる クルマに乗って、イグニ...

  8. クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    昔のクルマでは重要だったが今では必要ないテクニックもある クルマやタイ...

  9. 【危険】サイドブレーキを引いたまま走ると重大なトラブルの可能性あり!

    【危険】サイドブレーキを引いたまま走ると重大なトラブルの可能性あり!

    過去に火災の原因になった例もある 正確な数字は分からないが、サイドブレ...

  10. 【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    道交法上は「できる限り道路の左側端に沿って」との記述 左折後、次の交差...