「新車試乗記」の記事一覧 - 10ページ目

【試乗】FFの悪癖がない! カミソリの切れ味でも扱えるトヨタ ヴィッツGRMN驚きの走り

スーパーチャージャーの常識を覆す高回転まで伸びるエンジン  4月5日の早朝、僕は箱根ターンパイクに向かった。この日のために、登録ナンバーを取得したばかりの「トヨタ ヴィッツGRMN」の、業界初のバージンドライブをするため...

続きを読む...

【試乗】ベンツやBMWを検討するならボルボV90CCも忘れるべからず!

硬くなりがちな20インチタイヤでも極上の乗り味を実現  独自資本、フォード傘下を経て現在は中国の吉利(ジーリー)傘下となっているスウェーデンのボルボ。ここ数年以前から武器にしていた安全性能への注目が高まっていることが追い...

続きを読む...

【ムービー】歴代最速! 日産GT-R NISMO 2018年モデルが筑波サーキットを攻める!

歴代最速を記録した圧巻の走りに注目!  CARトップが長年続ける名物企画の筑波サーキットテスト。軽トラからスーパーカーまで、さまざまなテストを行ってきている。そのなかでも読者の皆さまはもちろん、編集部スタッフもタイムに注...

続きを読む...

【試乗】ルノー キャプチャーが「冒険者」っぷりを向上! その実力を試す

悪路走破性を高める「ダイヤル」が追加  デビュー以来、スタイリッシュなボディデザインとコンパクトなボディサイズが魅力で注目されているルノー キャプチャー。世界的なSUVブームの中にあってファッション性の高さが個性として異...

続きを読む...

【CARトップTV】人気のプリウスPHVなど筑波サーキットで全開テスト!

水素で走る燃料電池車のホンダクラリティも全開テスト!  CARトップが長年行っている「筑波アタック」は話題の新車をサーキットに持ち込み、その走りを公道では試せない速度域でチェックする名物企画だ。モータージャーナリストの清...

続きを読む...

【試乗】雲に乗っているような独特の感覚! C4グランドピカソの納得できるクセ

どうせ輸入車に乗るなら個性がほしい……ならオススメ 試乗車:シトロエングランドC4ピカソ HDi(380万円)  シトロエンC4ピカソは、日本車ではトヨタ プリウス、マツダ アクセラ、スバル インプレッサ、外国車ではVW...

続きを読む...

【ムービー】日本にも導入を! 日産マイクラはベーシックモデルでもしっかりとした走りを披露

日本でもヒットしそうな予感!  日産マーチの海外版である、マイクラが新型にフルモデルチェンジした。気になる走りを確かめるべく、モータージャーナリストの山本シンヤさんがドイツで試乗を行った。日本で走りの良いコンパクトカーと…

続きを読む...

【試乗】ボディも室内も拡大の「6代目VWポロ」またも走りは洗練された

走りも質感も大幅に高めたがDSGのさらなる進化に期待  昨年(2017年)の東京モーターショーでご覧になり、存在感が高まった顔つきや3D形状で鋭く入ったサイドプレスラインなどを記憶している方も多いのではないだろうか。コン...

続きを読む...

【試乗】VWにディーゼルが帰ってきた! パサートTDIの実力チェック(動画あり)

ガソリンのTSIに比べて1回の給油で1700円以上も安い!  今年2月、いよいよフォルクスワーゲン(以下VW)も、ディーゼルモデルの国内投入を発表した。過去にはディーゼルゲートで話題になったVWだが、実際にはディーゼルモ...

続きを読む...

【試乗】ランドローバーディスカバリーならコレ! 6気筒ディーゼルの上質っぷりに感激

ランドローバーのイメージどおり非常に快適な乗り心地  少々旧聞となるが、2月初めに、毎年この時期にJAIA(日本自動車輸入組合)が行う合同試乗会が行われた。このイベントは80台近い個性豊かな輸入車が一堂に集まり、その場で...

続きを読む...

【ムービー】「ずっと走っていたい!」と絶賛! ドリキン土屋圭市のトヨタ86GRサーキット試乗

日本を代表するFR使いも納得のパフォーマンス  操る喜びを日常的に楽しむことができる「トヨタ86GR」。まだ発売される前に、ドリフトキングこと土屋圭市さんが袖ケ浦レースフォレストレースウェイでプロトタイプの試乗を行ってい...

続きを読む...

【試乗】ノートとは違う味付け! セレナの魅力を限界まで引き出すe-POWERマジック

部分自動運転技術であるプロパイロットを装備したことで人気となった日産のミニバン セレナ。これに「電気自動車のまったく新しいカタチ」としてノートに搭載し、これまた人気となったシリーズハイブリッドシステムのe-POWERを組...

続きを読む...

【試乗】リヤの5度操舵は伊達じゃない! 新型アウディA7の見た目と4WSに心酔

クルマのサイズを忘れさせる4WSの小回り性能  車高が20mm下がるダイナミックモードを選択して、テーブルマウンテンから先の郊外に広がる山間部を走りだすと、“またもや”クルマの大きさを忘れさせる感覚に包まれた。  今年の...

続きを読む...

【試乗】ついにミニバンの日産セレナにe-POWERを搭載! 大ヒット間違いなしの完成度

構成はノートと同じもパワートレインはセレナ用に専用チューン 「充電を気にすることなく、どこまでも走れる。電気自動車のまったく新しいカタチ」。それがノートに続き“e-POWER”を搭載したセレナe-POWERだ。電気自動車...

続きを読む...

【試乗】マツダCX-8はミニバンのように使えるのか? 500km走行で徹底チェック

ハンドリングもブレーキも大柄ボディが意のまま  ミニバンに取って代わるSUV。自動車関連の専門誌やWEBメディアにそんなキャッチや主旨の記事が散見されるようになった。その要因は間違いなく、このところSUVにとくに力を入れ...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  4. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  5. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  6. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  7. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  8. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  9. 【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし! その昔は10年・...

  10. 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場 クルマのエンジンというのは、...