「新車試乗記」の記事一覧 - 3ページ目

【試乗】クルマ全体の動き質感がグレードアップ! ホンダS600 モデューロXの凄さ

空力効果も手伝って安定した走りを披露! すでにモデューロXを体験したユーザーの大半が認識しているとおり、モデューロの思想によるカスタマイズパーツで構成されたコンプリートカー「モデューロX」の完成度は、標準モデルを凌ぐモデ...

続きを読む...

電気自動車とは思えぬ進化! スポーツカー顔負けの走りをする日産リーフニスモに乗った

エコな電気自動車もニスモが手がければスポーツカーに変身!  ニスモのロードカーシリーズの第7弾として日産リーフニスモが7月19日に発売された。レーシングテクノロジーが注ぎ込まれたリーフニスモは、電気自動車とは思えぬスポー...

続きを読む...

【試乗】名前のとおりスポーティ! 老若男女OKの新型トヨタ・カローラ スポーツ

プリウスのデザインが気に入らない人にオススメ  1966年に誕生し世界150カ国以上で累計4600万台以上を販売してきたカローラ。今回、カローラスポーツというネーミングで、世界統一規格モデルのハッチバックが登場した。若い...

続きを読む...

【試乗】ニュルで鍛えた効果はある? 新型トヨタ・クラウンを公道で走らせる

3.5リッターHVの気持ち良い加速はやみつきになる!  6月26日に発売開始されてから1カ月の時点で、月販目標の約7倍にあたる3万台を受注しているという15代目新型クラウン。法人需要の買い替えなどがあったにしても、その高...

続きを読む...

【試乗】ホンダN-VANは遊びに使うなら最高の相棒! 軽1BOXを圧倒する走りも魅力

複数人での乗用メインで使うなら買う前に乗り味を要チェック  N-VANについては最初に確認しておくべきことがある。当たり前のことながら荷物を運ぶための「働くクルマ」であり、基本的にドライバー1人の居住性と安全性しか想定し...

続きを読む...

【試乗】パワーだけで決めるべからず! スズキ ジムニーとシエラを乗り比べ

どちらも良い仕上がりだがファーストカーならシエラ推し  新型ジムニーの試乗リポートは多数出回っていると思う。そこで今回ジックリ紹介したいのが「ジムニーとシエラの違い」である。どちらにしようか迷っている人も少ないないと聞く…

続きを読む...

【試乗】ショートサーキットでは物足りない! VW最強モデルGTIシリーズの「up!」と「ポロ」に乗った

カタログ値で1000kgという超軽量モデル  フォルクスワーゲン(VW)にとって「GTI」というブランドは無くてはならないものだ。大衆車VW・ビートルを引継ぐ近代的な大衆モデルとして初代ゴルフが登場したのは1974年。だ...

続きを読む...

【試乗】脱女子ウケ! 脱カワイさ!! でもそれがいいダイハツ・ミラ トコット

NAながらも軽やかな加速を見せる  ひっそりと引退したアイドルのように、いつの間にか姿を消していたミラココアに代わり、ダイハツが新たに若い女性や初心者ユーザーをターゲットとして開発したのが、ミラ トコット。すでにTVCM...

続きを読む...

【試乗】大幅改良を行ったマツダ・アテンザは「走る歓び」を再定義した1台

他メーカーの高級車と比較しても遜色ない静粛性を与えられた  マツダのフラッグシップとして存在感を高めているアテンザ。じつは個人的にも最も手に入れたい「セダン」の筆頭候補としていつも注目している。その理由はいくつかあるが、…

続きを読む...

【試乗】アルファロメオ初のSUV・ステルヴィオはまるでスポーツカーの走り

ステアリングレスポンスはクイックだが破綻しない  アルファロメオが史上初となるSUVを登場させた。厳密にいうと戦前だか戦後だかに軍用ジープを生産していたことがあるそうだが、それはSUVとは言わないし意識する必要もないこと...

続きを読む...

【試乗】岩場でも上質! 新型メルセデス・ベンツGクラスが見せた驚きの洗練度

サスペンションの変更や剛性アップの効果は乗った瞬間にわかる 「うわっ!! こんな場所でも即効で乗り味の違いがわかるモノなんだ!?」と声を大にするほど、オフロードと岩場の走行で明確な違いを見せる新型Gクラス!!  見るから...

続きを読む...

【試乗】EV走行距離が伸びてコーナーまで楽しくなった新型三菱アウトランダーPHEVプロトに乗った

SUVながら走りの楽しい1台に仕立てられた!  今やクルマ好きの多くがSUVに注目していると思う。実際、直近の売れ筋を見ると、軽自動車、コンパクトカー、ミニバンという実用性の高い車種を除けば、圧倒的にSUV比率高くなりま...

続きを読む...

【試乗】走りの完成度高し! ホンダ クラリティPHEV唯一の弱点は価格のみ

EVモードで約100km走行できる足の長さがいい  まずは燃料電池自動車(FCV)のクラリティ フューエルセルとしてデビューしたホンダ クラリティに、新たなラインアップが加わった。2つ目のパワートレインとしてプラグインハ...

続きを読む...

【試乗】これぞSTI最強モデル! SUBARU WRX STI TYPE RA-Rの強烈な戦闘機っぷり

細部まで手を入れた軽量化でノーマルWRX STIの10kg減  STIの創立30周年記念として、WRX STIをベースとするコンプリートカー「TYPE RA-R」が発売された。  限界性能を高めるチューニングを施して軽量...

続きを読む...

【ムービー】SUBARU WRX STI TYPE RA-Rを合法の峠で全開! 新井敏弘の超絶テクに酔いしれる

世界の新井敏弘さんがRA-Rを振り回す!  SUBARUが贈る、最高峰のスポーツモデル、WRX STI。それをベースに細部に渡る軽量化、さらにはコンプリートカーのS208と同じエンジンを搭載したのが、WRX STI TY...

続きを読む...

3 / 2712345...1020...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  6. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  7. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  8. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  9. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  10. 買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    日本のマンガで有名となった1台も今は高値安定 中古車の価格というものは...