インタビュー - 10ページ目

インタビューに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

【ムービー】直撃インタビュー! レクサスLSのデザインに込められた意図とは

まるでクーペのように流麗なデザインをもつ大型セダン  11年ぶりのフルモデルチェンジとなったレクサスLS。2017年1月にデトロイトモーターショーで初披露され、さらに先日日本でもお披露目されて話題となった。  今回はレク...

続きを読む...

【ムービー】レクサスLSのチーフエンジニアに開発コンセプトを直撃インタビュー

フラッグシップモデルでありながら格好良さも演出  11年ぶりのフルモデルチェンジとなったレクサスLS。先日、日本でも初披露され話題となったレクサスのフラッグシップセダンだ。今回はレクサスLSチーフエンジニアの旭利夫さんに...

続きを読む...

【マツダに直撃】なぜミニバンをやめるのか? NAロードスターレストア計画の今後は?

ミニバン市場からの撤退について直撃  ミニバンと言えばファミリー層から絶大な支持を受け、各メーカーともかなり力を入れているジャンルだ。そんなミニバン市場からマツダが撤退するというニュースが流れてから1年余りが経過した今、.…

続きを読む...

祝インディ500優勝! 佐藤琢磨×中谷明彦スペシャル対談

「色々な人のサポートでここまで来られました」  正に歴史的快挙! 世界三大レースのひとつ、インディ500を日本人として初めて制覇した佐藤琢磨選手が、テキサスでのレース後、忙しい合間を縫って日本へ凱旋帰国した。そしてその貴...

続きを読む...

【インタビュー】ホンダ海外専売小型SUV「WR-V」の日本導入の可能性

ヴェゼルより安価で小さいSUVは日本でも展開を考える必要がある  2017年6月5日から7日に栃木県内の本田技術研究所で開催された、ホンダの最先端技術を紹介する取材会「ホンダミーティング2017」。そこには、現時点で日本...

続きを読む...

【開発陣に直撃】レクサスLCは幸運から生まれた奇跡のデザイン

偶然プラットフォームのリニューアル時が重なったから完成した  さまざまな幸運が重なったからこそ実現できた奇跡のクルマ。――新型LCをそう呼ぶのは、開発プロジェクトでチーフデザイナーをつとめた森忠雄さんだ。 「そもそもこれ...

続きを読む...

【開発陣に直撃】不可能と思われたレクサスLC500の量産を実現した「情熱」

スタディモデルとして作られたコンセプトカーゆえの困難な量産化  いよいよ正式デビューを果たしたレクサスLC500h/LC500。ベースとなったのは2012年のデトロイトモーターショーでお披露目されたコンセプトカー「LF-...

続きを読む...

【開発陣に直撃】新型ダイハツ・ミライースは「全速度域で乗り心地と操安性アップ」を狙ってシャーシを開発

先代比80kgの軽量化は燃費でなく走りの質感向上に充てた  ダイハツの乗用車ラインアップにおいてもっともベーシックな5ドアハッチバック軽「ミライース」。5月9日に発売された2代目となる新型は、従来からの「低燃費・低価格・...

続きを読む...

【開発陣に直撃】開発メンバーも驚いた! 新型スバルXVに採用した「SGP」の実力

XV開発当初はSGPなど「お荷物」とさえ考えていた  スバル次世代商品群の重要な鍵となるSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を搭載した初のSUVとして正式デビューを飾った新型スバルXV。  新たなプラットフォー...

続きを読む...

【開発陣に直撃】新型スバルXVの「らしさ」を追求したデザインとは

インプレッサとの差別化はまったく考えなかった 2014年に発表した新中期経営計画のなかで、ブランド力を磨くための重要な柱のひとつとして「デザイン」を掲げたスバル。 そこで同時に発表された新しいデザイン哲学「ダイナミック×...

続きを読む...

【開発陣に直撃】ハイブリッド4WDを実現したホンダ・フリードのパッケージングはどう進化したのか?

IPUを前席下に移動しリヤデフの配置が可能に  新型フリードのメカニズムでとくにユニークなのがハイブリッドのパッケージング。ハイブリッド車では駆動用バッテリーをどこに載せるかで車種展開やユーザーの使い勝手が大きく変わって...

続きを読む...

【ムービー】チーフエンジニア自ら乗ったトヨタCH-Rを古場博之さんにインタビュー

トヨタCH-Rは年内に発売予定!  3月1日にスイスのジュネーブモーターショーで公開されたクロスオーバーSUV「CH-R」。スタイリッシュなボディだが正真正銘の市販モデルだ。今回はチーフエンジニアの古場さんにショー会場で...

続きを読む...

2016年の新ハースF1チームでレース監督として活躍する日本人

BARからルノー、そして今年からハースを支える小松礼雄  ポンポンと短い答が返ってくる。しかし、それは、彼自身の反応がいいこともあるが、大切な開幕を前にして、インタビューを早く終わらせたい気持ちにも感じた。 いや、だから...

続きを読む...

マクラーレン・ホンダの開幕戦を長谷川F1総責任者が分析!

長谷川祐介ホンダF1プロジェクト総責任者が開幕戦を振り返る  フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンが12番手と13番手となった土曜日の予選を挟んで、レースを終えた長谷川F1プロジェクト総責任は、複雑な表情で、でも金...

続きを読む...

10 / 11« 先頭...7891011

デイリーランキング