「輸入車」の記事一覧

ジープ・チェロキーが新世代デザインを取り入れてマイナーチェンジ

プレミアムモデルが採用した新デザインを受け継ぐ  FCAジャパンは、「ジープ・チェロキー」にビッグマイナーチェンジを施し、10月20日より販売を開始した。グレードは、「ロンジチュード」、「リミテッド」、「トレイルホーク」...

続きを読む...

最新インフォテイメント装備を充実させたVWゴルフヴァリアントの特別仕様車「テックエディション」登場

これまで選択不可だったエントリーグレードにも標準化  フォルクスワーゲンの人気ワゴンモデル「ゴルフ ヴァリアント」に、最新のインフォテイメントシステムを標準装備した特別仕様車「テックエディション」シリーズを設定した。  ...

続きを読む...

昭和の少年が恋い焦がれたクルマたち! スーパーカーブームを作り上げた名車6選

カッコいいクルマを定義づけたスーパーカーたち  1970年代後半、当時、多くの男の子たちを熱狂させたスーパーカーブーム。「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、この頃、スーパーカーの洗礼を受けた少年たちはオジサンになっ...

続きを読む...

150台限定! イタリアの高級ボートメーカーとコラボレーションした「アバルト695リヴァーレ」が登場

内装のウッドパネルで高級ボートの上質感を演出 FCAジャパンは、わずか150台のみの限定車「アバルト695/695Cリヴァーレ」を設定し、11月9日から販売している。価格は405万円(695Cは422万円)となっている。...

続きを読む...

アウディA5シリーズが一部変更で装備内容を充実させて魅力アップ

快適なドライブを楽しめる実用的装備が充実  アウディ ジャパンは、人気のA5/S5のクーペ、カブリオレ、スポーツバックと、その頂点であるRS5クーペの装備を一部変更し、発売を開始した。  今回の変更では、A5スポーツバッ...

続きを読む...

レトロ感が味わえるオシャレな限定車ミニ・アイスブルーエディションが500台限定で発売

復刻されるたびに高い人気となるアイスブルーを採用  ビー・エム・ダブリューは、ミニ・クーパー3ドアとクーパーS 5ドアをベースに、過去に人気の高かったボディカラー「アイス・ブルー」を復刻させた限定車「アイスブルーエディシ...

続きを読む...

新グレード追加で魅力アップしたジャガーXFの2019年モデルが登場

XF SPORTBRAKEのAWDはディーゼルエンジンのみ  ジャガーのラグジュアリーサルーン「XF」の2019年モデルが登場し、10月29日より受注を開始している。新グレードとして300 SPORTを設定するなど、魅力...

続きを読む...

150台限定! イタリアカラーの緑・白・赤を設定したフィアット パンダ4×4イタリアーナが登場

ツインエアエンジンに6速MTを採用! FCAジャパンはコンパクトカーのパンダ4×4に、150台限定モデル「イタリアーナ」を設定し11月1日より販売している。ボディカラーにはイタリアを象徴する緑・白・赤のトリコローレ3色を...

続きを読む...

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカー候補となる10台が決定!

今年1番のクルマに輝くのはどれか?  今年で39回目となる日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、イヤーカーとなる(その年に一番象徴的な)クルマを決めるため27台の新車を選出。その中から実行委員会は11月7日(水)に、...

続きを読む...

現行モデルで初のガソリンエンジンを搭載したメルセデス・ベンツV 260 longが登場

ブラック/ホワイト125台ずつ計250台のみの限定販売  メルセデス・ベンツは、大型ミニバンのVクラスに、現行モデルとしては初となるガソリンエンジンを搭載した特別仕様車「V260 long」を設定し、注文を受け付けている...

続きを読む...

かつてはプレリュードにソアラ! 実用性も兼ね備えたイマドキの大人のデートカー5選

見た目以上の上質感を演出するクルマも  かつての80~90年代、日本には「デートカー」というカテゴリーがあって、六本木のカローラ=赤いBMW3シリーズやホンダ・プレリュード、初代トヨタ・ソアラなどがその代表格だった。そん...

続きを読む...

オフロードでも高い走破性を発揮する新型VWパサートオールトラックが発売開始

最新ディーゼルエンジンと専用4WDシステムを搭載  フォルクスワーゲンは、クロスオーバー4WDの新型「パサート・オールトラック」を、10月31日より発売した。  最新の2Lディーゼルエンジンを搭載し、高い走破性能を誇る4...

続きを読む...

特別な内外装を採用したスマート・ブラバスの最終特別仕様車「the final」が登場

スポーティさを際立たせる特別な仕立てに注目  1998年に誕生し、今年で20週年を迎えたスマート。そのスポーティさに磨きをかけたスマート・ブラバスの最終限定車「the final」が発売された。  スマート・ブラバス・フ...

続きを読む...

オシャレな3色のシートカラーを追加したVWアルテオンの新グレード「エレガンス」が登場

外観も専用フロントバンパーなどでR-Lineと差別化が図られる  フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、クーペスタイルのアルテオンにインテリアカラーを3色から選べる新グレード「エレガンス」を追加した。599万円。  ...

続きを読む...

1 / 7512345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  4. 日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    COTYの原点に立ち返れば選ぶ側が決めるべきこと 毎年恒例のイベントに...

  5. 使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選

    使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選

    クルマ自体が進化したために使われなくなった言葉も  昭和は遠くになりに...

  6. なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    今や少数派だが存在感と実力はバッチリ! 今はSUVがブームだが、その発...

  7. 愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    走りや機能面がいくらよくてもクルマは売れないこともある ミニバン:ホン...

  8. マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    売れ筋ジャンルにもかかわらず売れないモデルも 発売されても売れ行きがい...

  9. 雨上がりに放置はNG! 露天駐車のクルマの寿命を延ばすひと手間とは?

    雨上がりに放置はNG! 露天駐車のクルマの寿命を延ばすひと手間とは?

    雨がやんだ直後に走行するだけで錆対策になる 最近はやたらと雨が多かった...

  10. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...