「マクラーレン」の記事一覧

マクラーレン570Sスパイダーにサーキット走行向けのオプションパッケージを設定

クーペで好評のパッケージがスパイダーにも満を持して登場  マクラーレン・オートモーティブは、スポーツシリーズ唯一のオープンモデル「マクラーレン570S スパイダー」に、サーキット走行でパフォーマンスを最大限引き出すことの...

続きを読む...

伝説のF1ドライバー「セナ」の名を冠したマクラーレンのレーシングカーが発表

価格は約1億5千万円で世界75台限定 マクラーレンは3月6日から開催しているスイス・ジュネーブモーターショーで、かつてF1で3度のワールドチャンピオンを獲得し、レース中の事故で他界した伝説のレーシングドライバー、アイルト...

続きを読む...

オープンでもまごうことなきスーパースポーツ! マクラーレン570S スパイダーが日本上陸

イギリスのスーパーカーメーカー、マクラーレンは「570S  スパイダー」を日本(アジア)で初披露した。こちらは2017年6月のイギリスで開催されたグッドウッド(モータースポーツイベント)でワールドプレミアしたモデル。価格...

続きを読む...

0-100km/h加速は2.9秒! マクラーレン720Sが3338万3000円で登場

スイスでの世界初公開からわずか12時間後に日本で実車を披露!  モータースポーツで多くの記録を出しているマクラーレン。そのノウハウを市販車にフィードバックしているマクラーレン・スーパーカーシリーズの第2世代が日本でも発表...

続きを読む...

【日本初公開】マクラーレン570GTは快適&実用的なスーパーカー

高い走行パフォーマンスとコンフォート性を両立  今シーズンホンダのパワーユニットを搭載し、F1に参戦するマクラーレン。そのグループ企業であり、スーパーカーの開発を手がけるマクラーレン・オートモーティブは、ジュネーブ国際モ...

続きを読む...

実用性に優れたマクラーレン570GTがジュネーブショーで初公開

グランドツーリング用に仕立てたマクラーレンのGTモデル登場!  世界5大モーターショー(日本・ドイツ・アメリカ・スイス・フランス)のひとつに数えられているのが、毎春、スイスで行われるジュネーブ国際モーターショーだ。そこに...

続きを読む...

マクラーレンのデザインに潜む機能美と独創性そして人間工学

 最終回は、マクラーレン675LTのプロジェクトマネージャーのマーク・ゲイトン氏とチーフデザイナーのロバート・メルヴィル氏が来日したのを機に、彼らの話をもとに、マクラーレンが考えるクルマ作りについて解説してみよう。 ■パ...

続きを読む...

マクラーレンのターゲットはイタリア製「スーパーカー」とドイツ製「スポーツカー」

 日本に導入が開始されて3年経ったマクラーレン。今年に入り日本市場には、スーパーシリーズの675LTやスポーツシリーズを次々にローンチ。さらには、正規ディーラーも3店舗目となる福岡店を5月にオープンし、その後の4店舗、5...

続きを読む...

創立者の遺志を引き継ぎ誕生したマクラーレン初の市販モデル「F1」

■マクラーレン創立者の遺志とスタッフからの敬意 前回はマクラーレンの創設者、不屈の人、ブルース・マクラーレンの話をした。 今回はその娘であるアマンダ・マクラーレンが語ったエピソード。ブルース・マクラーレンの死からレーシン...

続きを読む...

F1だけでは語り尽くせないマクラーレンのスゴさ

■その1:レーシングドライバーのマクラーレンを知る  マクラーレンと聞いて、貴方は何をイメージされるだろうか。 スーパーカー? フォーミュラ1(F1)? ブルース・マクラーレン? もちろん、そのいずれもマクラーレンを代表...

続きを読む...

[動画]モータースポーツジャパン 乗って楽しむ! D1マシン同乗もあった

 4月11〜12日に東京・お台場で開催されたモータースポーツジャパン2015。 会場は、メーカー系ブースと特設走行エリアのあるA会場とAJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)が自動車メーカーの協力を得て、注目の車種を集め...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...