「メルセデス・ベンツ」の記事一覧

間もなく日本発売の怪物4座クーペがお目見え! メルセデス・ベンツブース【東京オートサロン2019】

じつに639馬力/900N・mの強烈なエンジンを搭載  2019年1月11日から13日まで千葉県・幕張メッセで行われる東京オートサロン。国産メーカーと同様な規模の大きなブースを構えていたのがメルセデス・ベンツだ。  注目...

続きを読む...

高級ホテルよりも豪華! 女性もうっとりする衝撃インテリアを持つクルマ4選

シャンパン用クーラーボックスにシアターシステム!  クルマは見た目が8割! なんて言う人もいますが、やっぱりその見た目に見合うインテリアも大事ですよね。ドアを開けた瞬間に「うわぁ〜」と思わずため息が漏れてしまうか、「えっ…

続きを読む...

元レーシングドライバーが本音で選ぶ「本当に走りのいい」ホットハッチ5選

本物のスポーティな走りをもったハッチバックはこれ!  手頃なサイズと実用性、そしてスポーティな走りを兼ね備えたハッチバック車を、ホットハッチと呼ぶ。だがそう分類されるクルマも玉石混淆、正直普通の実用車に毛の生えた程度のク…

続きを読む...

女心を鷲づかみ! 女子が選ぶ2018年登場の新型車「魅力度ランキング」TOP5

運転のしやすさや内装デザインまで総合的に評価  2018年はSUVの新型車が豊作だった反面、新型車全体の登場台数としては約30車種ほどと、ちょっと寂しい1年となってしまいました。でもその分、1台1台の完成度はとても高く、...

続きを読む...

エコ性能を磨き上げたメルセデス・ベンツSクラスにプラグインハイブリッドのS560eロング登場

バッテリーの蓄電容量もアップさせた  メルセデス・ベンツ日本は、最高級セダンであるSクラスにEQ POWER(プラグインハイブリッド)モデル「S560eロング」を追加し、12月13日より発売を開始した。1697万円。  ...

続きを読む...

大メーカーじゃないのにメルセデス・ベンツが世界最先端の技術を誇るワケ

世界で初めてガソリンエンジン車を作った誇りと小回りの利く規模  ダイムラー社のメルセデス・ベンツは、電動化や自動運転化へ積極的に取り組んでいる。たとえば、AMGの車両においても、最新の直列6気筒ガソリンエンジン+ISG(...

続きを読む...

【試乗】ディーゼルらしさを感じさせない上質フィール が味わえるメルセデス・ベンツS400d

ガソリンエンジンのような気持ちよい吹き上がりを見せる 「メルセデス・ベンツS400d」がデビューするという噂を耳にして、思わずカフェの椅子から腰を浮かしかけた。 「マジかよ!」  噂の元になった記事を二度読みして、あらた...

続きを読む...

マニア以外は購入厳禁!? 安くても買ってはいけない廉価グレードのクルマ3選

予算が足りないからとグレードを下げると後悔することも  ほとんどのクルマは複数のグレードが存在し、搭載エンジンが変わる場合もあれば、装備で差がつく場合もある。その分、上級グレードは価格が高く、ロアグレードは価格が安くなる…

続きを読む...

【試乗】電気仕掛けのメルセデスAMG E53 4マチック+はヤンチャと上質を両立

モーター+スーチャーはよりスムースな発進をサポート 「ついにお前もか・・・」 「メルセデスAMG E53 4マチック+」の試乗を前、関係者のプレゼンテーションに耳を傾けながら、寂しさと期待とが複雑に混じったえも言えぬ思い...

続きを読む...

現行モデルで初のガソリンエンジンを搭載したメルセデス・ベンツV 260 longが登場

ブラック/ホワイト125台ずつ計250台のみの限定販売  メルセデス・ベンツは、大型ミニバンのVクラスに、現行モデルとしては初となるガソリンエンジンを搭載した特別仕様車「V260 long」を設定し、注文を受け付けている...

続きを読む...

メルセデス・ベンツ VS 日産! 駐車の恐怖から解放される最強の自動駐車はどっちだ?

スムースさなら日産だがメルセデス・ベンツは車外から操作可能!  運転が苦手だなと思っている人のなかでも、とくに苦手なのが「駐車」だと言う人が多いですよね。先日、東京モーターフェスというイベントで「女性向けビギナードライバ…

続きを読む...

新型メルセデス・ベンツAクラス発表! 人間の言葉を理解するMBUXを搭載

スポーティさが際立つ引き締まったプロポーションに注目  メルセデス・ベンツ日本は、2018年10月18日、新型Aクラスを発表した。  この日、東京・新橋にある「新虎通りCORE(コア)」で新型Aクラスの発表会が行われた。...

続きを読む...

パリサロンで初披露! スタイリッシュに生まれ変わったメルセデス・ベンツGLEクラス

新開発の足まわりで最上級SUVらしい走りを実現  従来はMクラスと呼ばれ、現行モデルの改良時にGLEと車名を変更したが、その新型モデルがパリショー2018で初公開となった。  ダイナミックさを追求したデザインはスタイリッ...

続きを読む...

先代よりもグッとスポーティさを増した新型メルセデス・ベンツBクラスがワールドプレミア

Sクラス譲りの最先端安全装備を備える  3代目となる新型Bクラスがパリサロン2018で披露された。新型のコンセプトはスポーツツアラーとされ、よりスポーティなモデルとして生まれ変わっている。  インテリアは大型ワイドスクリ...

続きを読む...

1 / 1012345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  5. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  6. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  9. お客様は神様……もほどほどに! やってはいけない新車ディーラーでのNG商談行為3つ

    お客様は神様……もほどほどに! やってはいけない新車ディーラーでのNG商談行為3つ

    情報誌の持参が値引き額を引き下げる可能性アリ “お客様は神様”などとも...

  10. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...