「国産車」の記事一覧

開発のキーマンが日本人を長年魅了するカローラの最新モデルに込めた思いとは

伝統を守りながら、新たなる領域への挑戦  時代ごとに求められる新たな価値を創出し、変化することで歴史を築いてきたカローラ。カローラのDNAとも言えるその精神性は、12代目となる新型でも健在だ。目指したのは、カローラならで...

続きを読む...

ホンダセンシングを全タイプに標準装備! ドライバー思いの商用車「ホンダN-VAN」が登場

さまざまな職種の現場の声を反映した意欲作 ティザーサイトの公開から約1カ月、ついにホンダの新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」が7月12日に発表された。価格は税込み126万7920円から。気になる車両の詳細をお届けしよう...

続きを読む...

全身ブラックでコーディネイトした特別仕様車「ホンダN-BOXスラッシュ・インディロックスタイル」発売

ブラックパーツを随所にあしらってクールに仕立てた  ホンダは、個性的なデザインで好評の軽自動車「N-BOX SLASH(エヌボックススラッシュ)」のタイプG・Lをベースに、ブラックカラーで統一したクールでお洒落な特別仕様...

続きを読む...

従来のカローラ像を変えるデザインを! トヨタ新型カローラ スポーツのデザイナーにインタビュー

歴代随一のスポーティさといつまでも愛せる大人のデザインを!  1966年に初代が誕生し、2016年には50周年という節目を迎えたカローラ。2001年まで33年間連続で国内年間販売台数の首位を維持し続けるなど、まさに日本の...

続きを読む...

次期トヨタ・スープラ プロトタイプが「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」に登場!

現地から届いた写真を速報でお届け イギリスで開催された伝統のイベント「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」にて、次期トヨタA90スープラのプロトタイプが走行した。ボディはカムフラージュされており、エンジンなど...

続きを読む...

最新技術を惜しみなく投入! エンジニアの情熱を感じるトヨタ新型カローラ スポーツのメカニズム

日本が世界に誇るベストセラーが身に付けた楽しさの源泉  スタイリングのよさとハッチバックの実用性の高さに、優れた走行性能を備えたカローラ スポーツ。4代目プリウスから展開が始まったTNGAによる低重心や低フード、パッケー...

続きを読む...

グッとスポーティになった新型カローラ スポーツの内外装を徹底チェック

シャープ&ダイナミックなスタイリングを実現  ボディサイズが3ナンバーとなったカローラ スポーツは、カローラシリーズのモデルとしては、車格がワンランクアップした印象だ。  ボディスタイルとしてはコンパクトハッチバックだが...

続きを読む...

新型トヨタ86が登場も30年以上前のAE86(ハチロク)が超絶人気を誇るワケ

街中から峠までマルチで熟せる1台  現行のトヨタ86/スバルBRZが登場してから早6年。新時代のハチロクも多くのユーザーに支持されているが、一方でいまだに旧型のハチロク=AE86の人気も根強いものがある。30年以上前の大...

続きを読む...

モノコックベースの先駆者的存在! フォレスターなどスバル歴代SUVを振り返る

レガシィベースの派生車がSUV界に新風を巻き起こした  1980年代後半からアメリカで巻き起こったのがSUVブーム。SUVに関して、スバルは間違いなく出遅れていた。後発組である。だが後発だからこそ、かえって個性的なSUV...

続きを読む...

2代目に似たのは機能美を追求した結果! 新型スズキ・ジムニーのエクステリアデザイナーにインタビュー

トレンドを意識したデザインとは真反対の方向を向いた 7月5日、20年ぶりに世代交代し4代目へと進化した“世界最強のオフローダー”スズキ・ジムニー。2代目以前に原点回帰した感の強いエクステリアデザインについて、四輪デザイン...

続きを読む...

「信頼できるSUVに新しい価値を加えたい」スバル新型フォレスターの開発エンジニアにインタビュー

歴代の価値をしっかり守りながら、新たな価値を創造  1997年に初代がデビューし、今ではスバルのグローバル最量販モデルにまで成長したフォレスター。その第5世代となる新型がいよいよ正式デビュー。今回のフルモデルチェンジで開...

続きを読む...

先代同様のコンパクトなボディサイズを継承! 新型スズキ・ジムニー企画担当者インタビュー

既存ユーザーの声を投入して荷室の使い勝手も大幅向上 初代誕生から約半世紀、先代3代目だけでも20年もの歴史を持つ“世界最強のオフローダー”スズキ「ジムニー」。7月5日に誕生した4代目は、どのような商品企画のもとで開発が進...

続きを読む...

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

人気は確かだがNO.1獲得のための自社登録やフリート販売も目立つ  7月5日に自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)がそれぞれ、6月単月の通称名別販売台数とともに2018暦年締めでの上半期...

続きを読む...

常時300台以上展示! ファン垂涎の名車がズラリ並ぶ日産ヘリテージコレクションが熱い

日産ファンにはたまらない名車たちがズラリ! 神奈川県座間市にある、日産ファンのみならずクルマ好き垂涎の施設が「日産ヘリテージコレクション」だ。これまで日産が生み出してきた市販モデルからレーシングカーなど、常時300台以上...

続きを読む...

完成度の高かった先代と比べてどう違う? スバル新型フォレスターの新旧ディテール徹底チェック

新型は細部をよく見るとSUVらしさをさらに強調する  プラットフォームが一新され、ボディサイズがわずかに大きくなったニュー・フォレスター。「フォレスターらしさ」を追求した結果、スタイリングは従来型のイメージを踏襲したもの...

続きを読む...

1 / 12312345...102030...最後 »