「国産車」の記事一覧

激速軽自動車! マツダ・ロードスターよりも速いダイハツ・コペンが登場

筑波サーキットで1分13秒のマツダロードスターより2秒も速い  ダイハツ車のトータルチューニングブランド「D-SPORT」が、今年はコペンのチューニングに力を入れているをご存じだろうか? これまでサーキット色の薄いコペン...

続きを読む...

JPN TAXIはホントにいい? 英国ロンドンタクシーとの比較で見えた足りないもの

見た目に対しては「好意的」な意見の多いJPN TAXIだが……  東京都心部を歩いていると、トヨタが新たに投入した“JPN TAXI(ジャパン・タクシー)”を結構な頻度で見かけるようになった。周囲の“クルマ通”に聞いてみ...

続きを読む...

日産が自動車の未来技術を育てる! 5年で最大10億ドルを投資するVCを設立【CES2018】

キャピタルゲインを得るよりも技術を育てるために投資  先の記事において、CESは単なる技術発表の場だけではなく、投資やヘッドハンティング、またOEM締結などのマッチングを探すお見合いのような場でもある、ということを冒頭に...

続きを読む...

現存台数はわずか3台! ダイハツ東京本社に激レアモデルの「Bee」が展示中

2018年3月末までダイハツ東京本社で展示中 三輪車と聞いて何を思い浮かべるだろうか。多くの人は子供用の乗りものかトライク(三輪バイク)、もしくはマクドナルドやガストで使われている三輪スクーターといったところだろう。かつ...

続きを読む...

これで売れるハズ! RVRに感動した筆者が贈る三菱への愛ある4モデルテコ入れ策

クルマはいい! ちょっとしたアイディアで売れるハズ  最近、現行モデルの三菱RVRに初めて乗り古いモデルながら意外に堅実な出来に感心した筆者が、苦戦が続く三菱車拡販のためのテコ入れ策を考えます! ●デリカD:5 2017...

続きを読む...

大好評! スズキの新型スペーシア&クロスビーが個性的な見た目で目指したものとは

遊び心のわかる経営陣のおかげで個性的なデザインに  スズキが2017年12月に発売した新型スペーシアとクロスビー(XBEE)は、いずれもシンプルながら個性的かつ可愛らしいデザインを持ち、東京モーターショーへ参考出品された...

続きを読む...

次期WRX STIか? スバルブースで人気を集めたコンセプトカーを徹底解説【東京オートサロン2018】

大型スポイラーやディテール変更でグッとスポーティに  先日閉幕した東京オートサロン2018。SUBARUブースでひときわ多くの視線を集めていたのが「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT...

続きを読む...

ダイハツ・ブーンを往年の名車化! シャレード デ トマソをモチーフにしたキットを発売

お客さんの声ではじめて製品化につながった記念すべき第一号  最近、何かと熱いダイハツが、東京オートサロン2018の初日に「BOON SPORTO Package」を発表、発売を開始した! これは、去年の東京オートサロンに...

続きを読む...

未発売パーツを装着した市販車に注目! 往年の名車も人気を集めたスバルブース【東京オートサロン2018】

レースマシンからインスピレーションを受けたカラーリングを施す  SUBARU(スバル)は、ファン必見のコンセプトモデルをはじめとする、安心と楽しさを具現化したカスタマイズモデルなどを東京オートサロン2018に出展した。今...

続きを読む...

あの水中メガネを見事に再現! ホンダアクセスがCR-Zをベースに仕立てた現代版Zが誕生

水中めがねの愛称で親しまれたホンダZを再現  カスタマイズカーイベント、東京オートサロン2018で気になった一台といえば、ホンダアクセスのコンセプトカー『Re:Z』。ホンダアクセスとして中古車市場に出回っているクルマをリ...

続きを読む...

「今までにない小型車を作りたい」開発責任者がスズキ・クロスビーに込めた思いを直撃

ハスラーの小型車版を望む声が多数寄せられていた  2017年12月14日に発売された新型スペーシアと並び、東京モーターショーで注目を集めていたスズキの新たな小型クロスオーバーSUV「クロスビー(XBEE)」が、12月25...

続きを読む...

発売前に早くもエクリプス・クロスのカスタム仕様が登場! 三菱自動車ブースは必見【東京オートサロン2018】

それぞれキャラクターの異なるカスタムを施す!  2018年1月12日(金)から1月14日(日)まで、千葉県千葉市の幕張メッセで開催中の東京オートサロン2018。Drive your Ambitionをブランドコンセプトに...

続きを読む...

「先代は存在感が薄かった」早期モデルチェンジを敢行した新型スズキ・スペーシアの開発責任者を直撃!

「乗ればいいクルマだけど……」では売れない!  東京モーターショーに参考出品され注目を集めた新型スズキ・スペーシアが12月14日、遂に正式デビューした。初代発売からわずか4年10カ月でのフルモデルチェンジを敢行した、その...

続きを読む...

ついにターボ化のスズキ・スイフトスポーツ! 納車待ちの新型とNAエンジンの旧型中古はどっちが買い?

NAの気持ちよさが光る先代とターボでホットハッチ感高い新型  新型スイフト・スポーツ(以下スイスポ)の販売が好調である。今注文を入れると納車は2018年の春以降だそうだ。フルモデルチェンジするたびに大きく重くなりがちな日...

続きを読む...

1 / 10912345...102030...最後 »