「国産車」の記事一覧

トヨタ・ランドクルーザーが一部改良! 日常使いがより便利になる装備を追加

新たな内装色も選択可能になり商品力向上 60年以上にわたり世界中で販売され続けている本格高級フルサイズSUV「ランドクルーザー」が一部改良を受け、使い勝手がさらにアップした。 サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラー...

続きを読む...

オレンジアクセントでアウトドア感強調! アウトランダー「ACTIVE GEAR」が登場

デリカD:5に続く「アクティブギア」第2弾 4月に発売された特別仕様車「デリカD:5アクティブギア」に続く第2弾として、三菱のミドルサイズSUV「アウトランダー」にも「アクティブギア」が設定された。 「アクティブギア」は...

続きを読む...

【試乗】フィットのセダン版にあらず! ホンダ・グレイスMCに乗ってわかった別モノの走り

後席の座り心地ではフィットを圧倒  フィットのマイナーチェンジと同時に、フィットのセダン版、グレイスも、ほぼ同様の改良を(フィットの試乗記参照)受けたマイチェンモデルが登場した。  エクステリアのリフレッシュでより落ち着.…

続きを読む...

【開発陣に直撃】新型ハリアーの目玉2Lターボは開発当初の計画になかった!

「デザインだけ変えるようなマイチェンにはしたくなかった」  今回のトヨタ・ハリアーマイナーチェンジの最大の見どころのひとつである2リッターターボだが、じつは開発当初は計画されてはいなかったという。開発責任者の石井隆さんは.…

続きを読む...

【ニッポンの名車】匠の技術で生産! 唯一無二の超高級車トヨタ・センチュリー

2代目は片バンクがトラブルでも動くV12エンジンを搭載  日本だけでなく、世界がどんなにプレミアムカーに力を入れようとも、デザインも含めてあるゆる部分が唯一無二。日本だけにしかできないプレミアムサルーンが、トヨタのセンチ...

続きを読む...

【ニッポンの名車】美しすぎるダイハツ車「コンパーノ スパイダー」

69万5000円のプライスで1965年に登場  ダイハツ工業株式会社は2017年3月に創立110周年を迎えた。その記念イベントの一環として、ダイハツが日本橋にある東京支社に名車「コンパーノ スパイダー」を展示。早速取材を...

続きを読む...

【ニッポンの名車】庶民に夢のマイカーを実現させた「スバル360」驚異の技術

機械遺産に認定された「てんとう虫」  スバル360。このクルマが戦後日本のマイカーの普及にどれほど貢献したかご存じだろうか。当時では不可能と言われた低価格であり高性能のクルマ。2016年にはその技術の高さから、機械遺産に...

続きを読む...

【試乗】ホンダの本気! 新型フィットはマイチェンレベルを超えた大幅進化

ホンダセンシングを始めとした装備の充実……だけじゃない!  ホンダ フィットは歴代、ライバルを寄せつけない実用特徴を持つコンパクトカーだ。それはもちろん、パッケージ。独自のセンタータンクレイアウトの採用で、本来、ガソリン...

続きを読む...

「もっともカムリらしくないデザイン」を採用! 新型トヨタ・カムリが誕生

居住性や積載性は確保しつつロー&ワイドなスタイリングに  アメリカでは2002〜16年の15年連続で乗用車販売台数No.1を獲得するなど、100ヵ国以上の国と地域で累計1800万台を販売しているトヨタのFFミドルクラスセ...

続きを読む...

スバルWRX S4&レヴォーグがアイサイト・ツーリングアシスト採用など大幅改良!

0km/hから車線中央維持機能を作動可能 スバルの高性能ミドルサイズワゴン「レヴォーグ」およびセダン「WRX S4」がデビュー以来初のマイナーチェンジで大幅進化。8月7日に発売されることが決定した! 最大のトピックは、ス...

続きを読む...

【ニッポンの名車】トヨタMR-Sは軽快で走りは極上も売れなかった悲運の名車

安価でもMRを存分に楽しめる軽快な走り  世のなかには、走りのパフォーマンス、コンセプトはよかったのに、人気が伸び悩み短命で消えて行ってしまったクルマというのがいくつかある。トヨタのMR-Sは、まさにそうした一台だった。...

続きを読む...

【ムービー】ドリキン土屋がスバル新型WRX STIに速攻試乗!

従来型vs新型! WRX STIを比較試乗した  ドリキンこと土屋圭市さんがスバル新型WRX STIを袖ケ浦フォレストレースウェイで全開アタック。今回は従来型のWRX STIも持ち込み比較テストを行った。果たして新型WR...

続きを読む...

【開発陣に直撃】本物感から本物へと昇華した「新型ハリアー」デザインの秘密

微に入り細に穿つような高級さの追求  新型ハリアーがデザインで目指したもの。それは「本物感」から「本物」への昇華だ。開発責任者をつとめた石井隆さんは、次のように語ってくれた。 「より本物となった高級感を味わっていただける.…

続きを読む...

1 / 9212345...102030...最後 »