「光岡」の記事一覧

1周回ってセダンが新鮮! デキる男に乗って欲しい「脱オッサン」最新セダン5選

かつて「オッサンセダン」の代名詞だったモデルも大変身  イイ男、デキる男が乗るクルマといえば、そりゃもうセダンに決まってるでしょ。という時代は高度経済成長期の終焉とともに消え去り……。今やすっかり、SUVがトレンドの時代...

続きを読む...

【試乗】「なんだこのクルマ?」周囲の視線が刺さりまくる光岡ロックスター!

光岡のラインアップでも異彩を放つ力の入れ方  試乗の途中で立ち寄った東京湾岸沿いのパーキングで、あらためてロックスターが振りまくオーラの確かさに気がついた。この日はけしてロックスターらしい晴れやかなロケ美ではなかったけれ…

続きを読む...

光岡自動車創業50周年記念モデル「Mitsuoka Rock Star」登場

ミツオカ オロチに携わったスタッフが再び集結!  10月初旬に一部メディアに情報が流れていた、光岡自動車の創業50周年記念モデル「Rock Star(ロックスター)」が、12月1日(土)の発売開始を前に都内で正式に公開さ...

続きを読む...

あの光岡オロチがコラボで復活! デビルマン仕様は1968万円なり

原作者の永井 豪さんも発表会に来場  光岡Orochi(オロチ)が生き返った。さすが「ヤマタノオロチ」の濃い血のなせる業だろうか。蘇ったオロチは、漫画界の巨匠であのデビルマン、ハレンチ学園などで有名な永井 豪さんとのコラ...

続きを読む...

光岡自動車が2機種の新型霊柩車を発売!

アメリカの特装車メーカーの正規代理店にも  東京都・江東区にある東京ビッグサイトで開催となった「エンディング産業展2017(ENDEX)」で、光岡自動車が17日に発表した新型寝台霊柩車「フュージョン」を展示し、一般に公開...

続きを読む...

【ニッポンの名車】誰もが振り返る強烈な見た目「ミツオカ・オロチ」

世界のスーパーカーに比肩する存在感 「クルマの憧れを復活させる」。そんなメッセージとともに平成18(2006)年10月に富山県の『光岡自動車』社員が全力投球をしてデビューにこぎつけたミッドシップのスポーツカーが「オロチ」...

続きを読む...

ミツオカがビュート&リューギに「上質の向こう側」がテーマの特別仕様車を設定

レトロモダンの王道を行く特別な一台  光岡自動車が、6月22日より発売を開始する特別仕様車を都内で発表した。 今回登場となった「MODAN(モダン)」と名付けられた特別仕様車は、レトロモダンをイメージし「モダンを極めた、...

続きを読む...

2代目オロチか? 光岡が50周年に向けて新型車の開発を検討中

実現すれば「すごいものになる」とのコメントも  1月に「ランボルギーニ神戸」、2月にはキャデラック博多/シボレー博多リニューアル、3月にBUBUつくば店オープン、4月にトライアンフ横浜港北とディーラー店舗を続々オープンさ...

続きを読む...

光岡自動車が「ファッションとミツオカ」をテーマに2回目となる写真コンテスト開催

最優秀賞には写真をイラスト化してプレゼント  光岡自動車は、「第2回光岡自動車フォトコンテスト」の募集を2017年1月7日より開始する。第2回目となるコンテストは「ファッションとミツオカ」と題し、ファッションと光岡自動車...

続きを読む...

ミツオカが作ったヴェルファイアベースの霊柩車の実車を確認

出棺時の演出を考え広めの棺室を用意  その昔は桶を担ぎ、次に棺を大八車、棺車で運ぶという歴史を経て生まれた霊柩車。日本国内には6000台強の霊柩車および搬送車(ストレッチャー兼用棺台レースを装備するが、外装は普通車と変わ...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  4. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  5. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  6. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  7. 【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし! その昔は10年・...

  8. 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場 クルマのエンジンというのは、...

  9. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  10. あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも ハイブリッド...