「日産 セレナ」の記事一覧

日産 セレナに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

イマドキは電動なだけじゃ足りない! プラスαの機能が便利すぎる「スライドドア車」5選

リーズナブルな軽自動車にも子育て期に嬉しい上級装備を搭載!  子育てするなら、電動スライドドアのあるクルマがいちばん! というのは多くのパパ・ママが口を揃えて言うことですよね。生まれた直後からチャイルドシートに乗せること…

続きを読む...

広いだけじゃダメ! スライドドアも鉄板じゃない! 子育てファミリーが本当に選ぶべきミニバン5選

積み下ろしに便利な機能や広い室内空間をもつモデルも存在!  天井が高くて広い室内に、乗り降りラクラクの両側スライドドア。3列シートでシートアレンジも自由自在のミニバンは、やっぱり子育てファミリーにとって、これ以上ない便利.…

続きを読む...

まずは北海道から! 日産が定額で新車に乗れるサービス「NISSAN ClickMobi」をスタート

人気のデイズやセレナに定額で乗れる!  日産自動車は、インターネットで新車を注文して定額利用できるサービス「NISSAN ClickMobi(クリックモビ)」を本格稼働させると発表した。3月14日より、北海道札幌地区より...

続きを読む...

【試乗】日産がもつ多彩な4WDを雪上で体感! 軽自動車のデイズからスーパースポーツGT-Rまでイッキ乗り

リーフやe-POWERシリーズの綿密な制御はさすが!  日産インテリジェントモビリティの一貫、EVを含む日産が持つ各種パワーユニットと駆動方式の代表的なモデルを一同に集めた試乗会。過酷な条件を求めて北海道・札幌に飛ぶと、...

続きを読む...

万年人気のセレナ・ノアヴォク・ステップワゴン! 年度末決算「買いのグレード」をズバリ指南

ライバル同士であるからこそ価格は割安に設定されている  最近はSUVの人気が高まっているが、ファミリーカーの代表はミニバンだ。今は大半の車種の全高が1700mmを上まわり、後席側のドアはスライド式だから乗り降りもしやすい...

続きを読む...

いま人気のミニバン「日産セレナ」の車中泊仕様が登場! マルチに使える完成度

アクティブな趣味から緊急時の避難場所にまで!  日産の関連会社であるオーテックジャパンはミニバン「セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定。またNV200バネット「マルチベットワゴン」に仕様変更を施した。セレナ・マル...

続きを読む...

【現代のクルマは本当にエコなのか?】30年前といまのクルマの燃費はどれぐらい違うのかを6車種で比較! 

現在のほうが厳しい基準のモード燃費だがそれでも数値は向上  時代とともに変化していく物価。しかし労働政策研究・研修機構(JILPT)の発表によると、2015年度と1990年代後半の消費者物価指数はそこまで大きく変化してい...

続きを読む...

【日産セレナe-POWERがMCでもっと魅力的に!】運転者も同乗者も誰もが笑顔になれる理由とは

男性&女性それぞれの目線で厳しくチェック!  ミニバン市場におけるドル箱モデルである日産セレナ、2019年8月にモデルチェンジに魅力がさらにアップ。売れている理由を探るべく、モータージャーナリスト藤島知子(愛称フ...

続きを読む...

便利で人気のスライドドア! ジェイドやプリウスαなど低全高ミニバンに採用されない理由とは

一大ミニバンブームのころはヒンジ式のリヤドアが多かった  かつての一大ミニバンブームのころは、ミニバンといってもスライドドアだけでなく、トヨタ・ウィッシュやホンダ・ストリームのようなヒンジ式リヤドアを採用するクルマがヒッ…

続きを読む...

超個性的なスカイライン2モデルを展示! 日産自動車が東京オートサロン2020の出展概要を発表

オーテックブランドからはエルグランドのコンセプトも!  日産自動車は、2020年1月10日(金)〜12日(日)までの3日間、千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2020に出展すると発表した。新しい世界観を提案す...

続きを読む...

安価なクルマの先進装備は本当に使える? 日産セレナと軽自動車デイズのプロパイロットで比較する!

プロパイロットはむしろデイズのほうが優れている!  いまや、自動車界の救世主と言える、自動運転を見据えた先進安全運転支援機能は、高級車、上級車だけのものではなく、軽自動車にまで波及している。  じつは、ダイハツがいち早く.…

続きを読む...

安全性とスポーティさがパワーアップ! 日産セレナがマイナーチェンジ

日産ブランドの特徴であるダブルVモーショングリルを採用  日産自動車は1日、ミニバン「セレナ」をマイナーチェンジし、全国で一斉に発売した。価格(税込み)は2WDが239万9760円〜365万7960円、4WDが268万7...

続きを読む...

ファミリーカーでも脱真円! クルマのハンドルに「D字型」が増えているワケ

F1のステアリングはかなり前からフラットボトムを採用  クルマのハンドル(ステアリングホイール)といえば丸いカタチというイメージだが、「Dシェイプ」、「フラットボトム」と呼ばれる下側がカットされているハンドルが増えている...

続きを読む...

閉め忘れもなくなるのになぜ? 給油キャップレス車が日本車に普及しないワケ

商品力につながる差別化とまではいかないのが理由のひとつ  クルマに給油するときの作業といえば、フューエルリッドを開けて、キャップを外して、給油ノズルを刺してレバーを引く……といったものだが、いちいちキャップを外すのは面倒...

続きを読む...

軽も普通車も激戦! 新車販売台数トップを守る熾烈な争いを逆手にとったお得な購入術とは

ディーラーの自社登録が新車の販売台数に影響する時代 「人気のあるクルマ」の指標として取り上げられるのが、新車販売台数統計。登録車に関しては自販連(日本自動車販売協会連合会)、軽自動車に関しては全軽自協(全国軽自動車協会連…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング