「トヨタ/レクサス レクサスRC F」の記事一覧

トヨタ/レクサス レクサスRC Fに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「F」の名を冠するハイパフォーマンスモデルがより魅力的に! レクサスRC Fを一部改良

この記事をまとめると ■RC F”Performance package”が一部改良される ■専用色のインテリアを新たに採用 ■新しい19インチ鍛造アルミを設定 新色の内装と新色ホイールを新たに設定!  レクサスのなかで...

続きを読む...

いま買えることが「奇跡」! トヨタ&レクサスに感謝の「大排気量V8エンジン」搭載国産車4選

日本で購入できるV8エンジン搭載車は激減している  エンジンのダウンサイジング化どころか、電気自動車や水素燃料電池車への移行が進もうとしている昨今、日本で買える日本車でV8エンジン搭載車があるのはトヨタ&レクサス...

続きを読む...

「気を使う」んじゃ楽しくない! スポーツモデルなのに普段使いが「苦にならない」クルマ11選

こだわり抜いたホットハッチでも200万円以下で買える!  スポーツカーが欲しいけれど、ロータスやケータハムのような超本格派はハードルが高すぎる。そう考えているクルマ好きは少なくないだろう。  そこで今回は、「肩ひじ張らず...

続きを読む...

京商モデルカーの最新作「レクサスRC F」が43分の1スケールで発売! 高性能バージョンをモデル化

日本仕様とアメリカ仕様が好みで選べる!  魅力的なモデルカーを多数ラインアップする京商。同社の人気ブランド「KYOSHO ORIGINAL」最新作として、43分の1「レクサスRC F」2モデルが10月24日(土)に680...

続きを読む...

なんと7000cc超えも! この時代に「エコ」を無視した「大排気量エンジン」を積むクルマたち

国産乗用車の大排気量モデルはトヨタ車に多い  クルマの車格というのは、ボディの大きさや価格も重要だが、それ以上にエンジンの排気量の影響が大きい。排気量はトルクに直結していて、NAエンジンの場合、およそ1000ccあたり1...

続きを読む...

いまやRC Fのみ! なぜレクサスは「AMG」や「M」のように「F」を広く展開しないのか

5リッターV8エンジン搭載という縛りがあった  レクサスのラインアップにおいて“F”というアルファベットは特別な意味を持っている。もともとは2007年にIS Fという特別なモデルの登場時に使われたもので、当時は「富士スピ...

続きを読む...

ふたつの特別なレクサスRC Fを64分の1スケールで再現! ヒコセブンのCARNELブランドから発売

小さなボディサイズでもカーボンアイテムなど細部まで再現  個性的なモデルカーを多数取り揃えるヒコセブンは、同社のオリジナルブランドであるCARNELからダイキャスト製64分の1スケールのレクサスRC F2種の予約受付を3...

続きを読む...

【CARトップTV】筑波サーキットテスト2019後編! コペンGR SPORTやRAV4など6台が激走

ウエット路面だからこそわかることがあると五味氏  姉妹誌CARトップが長年続ける筑波サーキットテスト。2019年末に行ったテストの模様の後編をお届けしよう。今回も、テストドライバーを務めるのはモータージャーナリストの五味...

続きを読む...

パワーだけでも軽いだけでもダメ! パワーウエイトレシオに優れた国産スポーツモデルTOP5

ハイパワーなモデルが上位を占める結果に!  最近では「パワーウエイトレシオ(PWR)」という指標を見聞きすることは減っているが、かつてはスポーツ性能を示す代表的な数値だった。多くのクルマ好きは新型モデルが登場するたびに、...

続きを読む...

スポーツモデルとは限らない! 国産各メーカーもっともハイパワーな現行車9選

全メーカーのなかでのトップは600馬力を達成  以前は自主規制によって280馬力がマックスとなっていた国産車の馬力だが、2004年6月30日にその自主規制が撤廃になってからは280馬力を超えるモデルが数多く誕生してきた。...

続きを読む...

レースカーの技術投入で70kgも軽量化した高性能版も追加! レクサスRC Fが一部改良

ベースモデルも空力性能などを見直した  レクサスはスポーツクーペ「RC F」を一部改良し、全国のレクサス店を通じて5月13日に発売した。軽量化や空力性能を高めてスポーツ走行をより楽しめる運動性能を実現するとともに、新たに...

続きを読む...

デイリーランキング