「タグ: アメリカ」の記事一覧

アメリカに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

生き残りの「危機」が伝えられる「乗用ディーゼル車」! 本当に消滅するのか?

厳しくなるCO2規制対応の影響が大きい  ディーゼルエンジンはこれから、どうなってしまうのだろうか? ディーゼル乗用車といえば、欧州で国によっては乗用車市場の半数近くを占めるほどの定番だったが、これからは徐々に少数派に転...

続きを読む...

「マツダ」が「レクサス」や「ホンダ」を押さえて全米1位の自動車ブランドに選出! 消費者の心を掴んだ理由とは?

コンシューマレポートってどんな報告書のこと?  マツダがアメリカの自動車ブランドでトップに立った!?  日本のマツダ関係者もちょっと驚いた、このニュース。情報の発信元は、コンシューマ・レポートだ。日本人には馴染みの薄い、...

続きを読む...

「イタ車」「アメ車」「日本車」などかつては「国別」の「個性」があった自動車! いま「国の色」が薄れゆくワケ

自国の自動車メーカーが主力になるのは基本  当然といえば、当然のこと。  その国に本社や主要な製造拠点があれば、そのメーカーのクルマがその国の人気車になる。具体的には、ドイツでならばジャーマン3(メルセデス・ベンツ、BM...

続きを読む...

「クラウン」消滅の噂で「スカイライン」しかいない! 日本の上級セダン市場を支えられるのか?

スカイラインはまだまだ進化し支持される可能性がある!  自動車産業界を駆け巡っている「次期クラウン、セダンからSUVへ」という“噂”。そのため「セダンの今後」を危ぶむ声が各ブランドの販売店やユーザーの間でちらほら聞こえる...

続きを読む...

アメリカが「バイデン政権」になると「自動車産業」はどう変わるのか?

アメリカ国内での「製造」の勢いは弱まる  これで、アメリカはEVだらけになって、フルサイズSUVは一気に減るのだろうか?  大揺れとなった、アメリカ大統領選挙。日本人の感覚では想定できないような、さまざまな戦略に満ちあふ...

続きを読む...

わずか1年後に「EV」の販売台数が「ハイブリッド車」を抜く! 驚きの予測の現実味と「特殊」な日本の事情

日本ではハイブリッド車ガラパゴス化している?  いま(2020年11月)から1年後に、年間販売数でEV(電気自動車)がハイブリッド車を抜く。調査会社や自動車業界の一部で、そんな予測を立てている。これは、世界市場全体につい...

続きを読む...

日本とはまったく違う! アメリカでバカ売れする車種驚きのトップ3とは

定番人気と言えば当然フルサイズピックアップトラックだ  アメリカでの王道といえば、やはり、フルサイズピックアップトラックだ。  直近の2020年9月の販売実績を見ても、アメリカで販売されている全カテゴリーのなかで、もっと...

続きを読む...

日本に負けじと百花繚乱! 多様化が進む「世界のタクシー」車種事情

タイやインドネシアでは圧倒的にトヨタ比率が高い  日本では日産セドリックタクシーが生産終了となり、トヨタ・クラウンセダン及びクラウンコンフォートの生産も終了し、タクシー専用車としてはトヨタのJPNタクシーが後継車種として...

続きを読む...

トラックを乗用でどう使う? 日本じゃほぼゼロの「ピックアップトラック」をアメリカ人が好きな理由

もともとアメリカでピックアップトラックは商業車だった  アメ車といえば、ピックアップトラック。フォードならF150、GMシボレーならばシルバラード、さらには旧クライスラーの流れを汲むラム・トラック。こうしたフルサイズの他...

続きを読む...

最近トンと「話題」に上らない! クルマ業界を賑わせた「自動運転」はいまどうなっているのか

レベル3以上の量産化も進まず一時のブームは過ぎたのか?  いま(2020年9月)から5年ほど前、テレビやネットで自動運転に関するニュースが一気に増えた。その筆頭にいたのが、グーグルやアップルなどのITジャイアンツたちだ。...

続きを読む...

14歳での公道デビューも! 日本じゃ考えられないアメリカの「運転免許」取得事情

中学生から公道で運転できる地域も存在!  アメリカの映画やテレビ番組で、高校生が自家用車通学しているシーンを見かけることは珍しくない。  裕福な家庭の子どもは「ビーマー(BMWに対する俗称)」が定番。一般的な家庭の子ども...

続きを読む...

じつは地味色好きのアメリカで黄色いクルマは「スクールバス扱い」! それでもスバルが「イエロー」で勝負するワケ

アメリカの人は意外にも地味な色を選ぶ傾向にある  アメリカ人にとって、黄色いクルマには、スクールバスのイメージがある。日本では馴染みがない、大型のスクールバスは昔もいまも、イエローカラーが定番だ。そのため、自動車業界には…

続きを読む...

「乗用車」と「トラック」が互いにイライラする日本の日常! なぜ海外は関係が良好なのか?

北米やドイツではトラックと乗用車がお互いに苛立つことは少ない  編集部から、日本と海外でのトラックドライバーと乗用車ドライバーとの関係の違いについて聞かれた。 「日本ではトラックが追い越し車線を無理に走って、その後ろにつ.…

続きを読む...

偉大なる「Z」がアメリカ市場を開拓! 日本のスポーツカーが北米で熱視線を送られるワケ

1970年代にフェアレディZが北米で鮮烈デビュー  最近の日本市場、話題の上る新車は「ハリアー」、「アリア」、「タフト」、「ライズ」など、軽からプレミアムまでSUVのオンパレードだ。そもそもSUVとは、スポーツ・ユーティ...

続きを読む...

日本は甘すぎる! ヘリコプターとパトカーでの挟みうちもある「交通違反」取り締まり事情

アメリカや欧州はスピード違反に対する取り締まりが厳しい  時計の針を少し戻すと……、東京湾アクアラインが開通して間もない頃、交通量が少なかったため、GT-Rの改造車などで300km/hアタックをするドライバーがいて、当然...

続きを読む...

1 / 41234

デイリーランキング