「タグ: アメ車」の記事一覧

アメ車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ガソリン車より「変わり種」モデルも! リーフやホンダeだけじゃない「日本で買える」英米仏のEV7選

フランスのEVモデルは高い総合力を備えている  日産リーフと販売台数は少ないながら話題になっているホンダeが中心となっている電気自動車(以下EV)だが、輸入車を含めると選択肢は意外に多い。今回は日本車とドイツ車に続きフラ...

続きを読む...

見た目は「最高」維持は「地獄」! ワイヤーホイールが絶滅危惧種な理由

軽量を追求するために生み出された手法だった  ホイールにはさまざまなタイプがあるが、今や絶滅寸前なのがワイヤーホイール。古いイギリス車などにはマッチするし、バイクでもレトロなものだと雰囲気も出る。サルーン系向けにワイザー…

続きを読む...

いまの日本には存在しない「熱」がある! 日本に導入されれば「当たりそうな」アメ車4選

マッスルカーやピックアップトラックはアメ車ならではの魅力 1) フォード・マスタング  筆頭は、「マスタング」だ。日本撤退前のフォードでも扱っていたが、その時でも日本市場での主流はフォーカスやエクスプローラーであり、マス...

続きを読む...

ギャップ萌え必至! いま女性が「アメ車」に乗るべき理由とオススメ車5台

「デカイ・壊れる・燃費悪い」は昔の話!  若い世代には、かつて日本にもアメリカ車の黄金期があったということが信じられない人も多いかもしれないですね。有名人がこぞってコルベットやトランザムいったマッスルカーに乗り、まるで船…

続きを読む...

GT-R・ランエボ・WRX STIはゲームが広めた! 海外で日本のスポーツモデルがウケるワケ

日本のスポーツカーの魅力を海外に伝えたのはグランツーリスモ  日本車は、カッコいい。そうしたイメージを海外で広めたのは、間違いなくグランツーリスモだ。カッコいいクルマといっても、見方はいろいろある。  典型的なのは、フェ.…

続きを読む...

頑張っても日本で売れないアメ車の悲しい歴史! 貿易摩擦解消を目指すも返り討ちにあったモデルも

貿易摩擦は雇用問題に直結した  日本車をチェーンソーでぶった切ったり、火をつけたり。そうした光景をテレビのニュースで見た。そんな記憶をお持ちも方も多いはずだ。日本とアメリカの間で、いわゆる貿易摩擦がこれまで何度か過熱した…

続きを読む...

MR化した新型コルベットが日本初見参! 人だかりができる人気っぷりのシボレーブース【東京オートサロン2020】

8世代目コルベットとMCカマロを展示  昨年開催された東京モーターショーに出展した輸入車メーカーは4メーカーと非常に寂しかったが、本日開催された東京オートサロンには輸入車メーカーのブースが8つもあった。そのなかでもっとも...

続きを読む...

【消えるのは避けられない運命なら乗るなら今のうち!】大排気量エンジン車でしか味わえない魅力とは

大排気量車の魅力はトルクの太さ!  世の中はコンパクトカーへのシフトが進み、SUVだって小さめが人気だ。もちろんエンジンもダウンサイジングが流行りで、昔ならフツーだった2リッターでも大きいと感じることがあったりするほど。...

続きを読む...

映画の中から飛び出してきたかのような精巧さ! ワイスピに登場するクルマを再現したミニカーが登場

ワイスピファンも納得の精巧なデザインが特徴  大手ミニカーブランドであるホットウィールを展開する、アメリカの玩具メーカー、マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナルは、世界中で大人気のアクション映画「ワイルド・ス…

続きを読む...

日本でアメ車が売れないと怒るトランプ大統領! 一方でアメリカでの日本車は人気は?

アメリカの販売台数トップ20のうち半数以上が日本車  米トランプ大統領と安倍首相はとても仲が良い。世界の人々からそう思われている。先進国首脳会議やアジア圏での経済フォーラムなどに参加するたび、ほぼ毎月にように両首脳は直接...

続きを読む...

ドル箱商品なのになぜ? アメリカメーカーがコンパクトカーに本格参入しないワケ

アメリカのCセグメントの代表格はカローラとシビック  C/Dは「シー・ディー」、と読む。こうした表現は、自動車メーカー関係者の間では日常会話のなかでちょくちょく出てくる。また、セグメントというのは、ざっくり言えば、クルマ...

続きを読む...

かつてはベージュや深紅! シカゴショーで感じたアメ車の内装色へのコダワリ

最近のアメ車は欧州車のような黒い内装色が増えていた  シカゴショーの会場内にある各メーカーブースをまわっていて気がついたのが、展示車に明るい色調の内装色を使ったものが多いことである。とくにアメリカンブランド車ではその傾向…

続きを読む...

貿易赤字の原因としてハンマーで叩き壊された過去! 今どきの日本車はアメリカでどう見られているのか

トランプ政権で再び日本車がやり玉に 「バイ・アメリカン」の意味 「バイ(Buy)、アメリカン(American)」。 ドナルド・トランプ大統領は、大統領選挙期間中から一貫して、そう言っている。そのなかでは当然、クルマも含...

続きを読む...

【ムービー】キャデラックXT5&エスカレードに試乗! 超個性的な見た目と裏腹の走りとは

キャデラック好きの国沢さんがSUV2モデルを評価  これぞアメ車という雰囲気を漂わせるブランド、キャデラック。だが最近はドイツ車のような質感の高い走りが特徴となっている。  今回試乗するのはそのなかのSUV、エスカレード...

続きを読む...

【試乗】キャデラックXT5&エスカレードは強烈なデザイン個性と裏腹に「意外に普通」の走り

これぞアメリカンSUV! エスカレードのど迫力っぷり  今やクルマ好きの間じゃ大人気のSUVながら、改めて説明するまでもなくアメリカで育ったジャンルである。SUVの販売台数を見ると圧倒的にアメリカが多い。ということで今回...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング