「タグ: カタログ」の記事一覧

カタログに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

カタログを「しゃぶりつくせば」失敗知らず! 新車を買うなら「チェック必須」の内容とは?

カタログからでもクルマのキャラクターが分かる  この1台で決まり!! そんなお目当てのクルマがあればともかく、多くのクルマから自身にぴったりの1台を探すには、まずは下準備として、カタログなどで比較しておくことが大切だ。い...

続きを読む...

老若男女問わずの熱狂はもはや伝説! 西部警察の劇中車を貴重な「ベース車カタログ」で振り返る

クルマ好きにはたまらないレアなカタログがずらり  西部警察は今や伝説となっている。ちなみに刑事ドラマと言っても、大門軍団が暴れまくるハチャメチャで痛快なものだった。その人気は凄まじく、1979年に放送を開始して1984年...

続きを読む...

カーマニアのための表じゃない! クルマに詳しくなくてもカタログの「諸元表」を見るべき理由とは

見た目の印象と実際のボディサイズがマッチしないものも  クルマ好きであれば一度は目を通したことがあるであろうクルマのカタログ。カタログにもメーカーのカラーが色濃く反映されており、写真集のように美しい車両の写真をたくさん掲…

続きを読む...

カタログを置く場所がない! クラウンは売れない! トヨタ系ディーラーが抱える「全店全車種扱い」の難題

5月から専売車種だったモデルが全店取り扱いに!  5月から全国のトヨタ系ディーラー全店ですべてのトヨタ車の取り扱いがスタートする。トヨタディーラーは、いまのところトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店という4チャン...

続きを読む...

カタログじゃ絶対わからない! クルマの購入前に確認しないと後悔する8つの盲点とは

シートの座り心地などは実際に座って体感しなければわからない  新車を購入する際、カタログやメーカーのサイトをじっくりと眺め、ショールームで簡単に確認し「よし、これがいい」と、1台のクルマに決めたのはいいものの、実際に所有.…

続きを読む...

新車なのに測ったらパワーが出てない? カタログ値と実測値でエンジン馬力が異なるワケ

測定方法の違いから数値が異なってしまう  いまや新車のカタログを見るときには、燃費の項目を気にしているというユーザーが多数派かもしれないが、やはり諸元表の華といえば、最高出力(馬力)や最大トルクというドライバーもまだまだ…

続きを読む...

ありえないアングルや美しさ! 新車のカタログにCGが多用されるようになったワケ

コスト削減のほかスクープの被害も予防できる  単純にクルマのデザインや仕様をわかりやすく伝えるのは変わらなくても、写真の撮り方やページのデザイン、人物の扱いなど、新車のカタログは時代を写す鏡だったりする。  ちなみに人物.…

続きを読む...

一歩間違えると修羅場! 男女のクルマ選びで絶対守るべきこと5つ

クルマだからといって男性のエゴで選ぶのはNG 「使った後は下げといてよっ!」「なんでだよ、上げとけよ!」な〜んてトイレの便座問題に始まり、食べたいモノを我慢したり、インテリアの趣味で意見が割れたり、もともとは赤の他人同士...

続きを読む...

クルマを実際に走らせるとカタログに記載されている「燃費」が出ないワケ

カタログ表記の燃費測定はそもそも交通状況が理想的な状況  燃費に対する市場の期待や視線が強まり、カタログ表記をするための燃費測定方法が、JC08モードからWLTCへ転換が進んでいる。とはいえ、カタログ数値と実走行燃費の差...

続きを読む...

スカイラインにレガシィが国内人気を失うのにボディを肥大化した理由とは

国内メインからグローバルモデル化したことで拡大した  古くからの自動車ファンにとって、日産スカイラインとSUBARUレガシィは、それぞれ2リッターターボエンジンを積んだ、5ナンバー(小型車枠)のスポーツセダンというイメー...

続きを読む...

同じ5ナンバーなのに新車を買ったら駐車できない! カタログ数値の落とし穴

試乗車などで実際に駐車して確認するのが安心  昭和の、それもバブル期以前に設計・作られた家では車庫が小型車サイズ(5ナンバーサイズ)を基準としていることも珍しくなかった。そうでなくても、日本車のボディサイズは大きくなって.…

続きを読む...

人気はそこそこあったのになぜ? ひそかに生産終了していたクルマ3選

デビューは華々しくも終わりはひっそり  何事にも始まりがあれば終わりがあるもの。それは自動車にとっても例外ではなく、華々しくデビューした新型車でもいつしか終わりがくる。フルモデルチェンジを行って次の世代に進む車種もあれば…

続きを読む...

じつはディーラーの負担! 意外と知らない自動車のカタログ事情

簡易カタログのみやもらえない店では購入をやめた方がいい  超高級輸入車など、特殊な車種以外ならばカタログをもらえないということはまずないだろう。  バブル経済のころなど、景気が良かったころには新車のカタログは「アプローチ.…

続きを読む...

このご時世にリッター10km以下! 燃費は悪くても魅力あふれるクルマ4選

実燃費では5km/Lレベルのクルマも!  最近は右を見ても左を見ても省燃費をうたったクルマたちが多く見受けられる。もちろん少ない燃料で長い距離を走ることができるのは素晴らしいことであるが、「燃費が悪いクルマ=悪」というこ...

続きを読む...

【悲報】豊富なカタログを取り揃える「クルマの本屋 高原書店」が閉店

残念ながら2016年11月23日をもって閉店!  古いクルマにまつわる書籍やカタログは意外と手に入れるのに苦労するもの。そんな人の強い味方が愛知県名古屋市に店舗を構える「クルマの本屋 高原書店」だ。同店では過去の自動車関...

続きを読む...

デイリーランキング