「タグ: セルシオ」の記事一覧

セルシオに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

登場と同時に「シーマ現象」を一蹴! 「初代セルシオ」が示した「わかりやすい」高級感とは

世界の高級車に匹敵する静粛性と快適性が衝撃的だった  日産自動車からシーマが発売されたのは、1988年のことだ。それまでにも、セドリック/グロリアの3ナンバー車や、トヨタ・クラウンにも3ナンバー車があったが、3ナンバー専...

続きを読む...

普通のオーナー大迷惑!  一部のオラオラドライバーのせいでDQN扱いされがちなクルマ8台

やっぱり王道は威圧系顔のミニバン  クルマというのは、作り手やオーナーの思いに反して、時として、世間からヘンなイメージを持たれてしまうことがある。  真面目なオーナーからすれば、いい面の皮といったところだが、不幸にもDQ...

続きを読む...

さらば平成! 31年前の「元年」に華々しく誕生した世界に誇れる国産車5選

世界の名だたるメーカーに影響を与えたクルマも誕生  平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気など、激動の時...

続きを読む...

偉大すぎる初代! 他メーカーにまで影響を及ぼした衝撃の国産車3選

海外メーカーまでもがコンセプトを真似たクルマも  現在も多くの車種がリリースされている自動車業界。そんな多くの車種も開発の際、多少なりとも他車の影響を受けたというモデルは少なくないハズだ。そんななかでも、今回はとくに多く…

続きを読む...

親しまれた名前と決別! 自動車メーカーが伝統の車名を捨てる理由とは

伝統の名前と決別した3車種の事例から考える  伝統的な車名が消えることがある。長年のファンは悲しむが、消滅するにはそれなりの理由があるものだ。後継モデルの車格が変わることで名前が変わったり、そもそも同カテゴリーのモデルか…

続きを読む...

初代セルシオから始まり軽にまで普及した自発光式メーターって何? そのメリット・デメリットとは

昼夜問わず視認性は高いがヘッドライトの点灯忘れという弊害も  夕方や夜間に使うメーターの照明がメーター自体を明るくする通常のアナログメーターに対し、メーターの裏側から照明を当て常時発光させ、画面が浮き上がるように見える自…

続きを読む...

きっと誰にも真似できない、私だけの30系。

ソウルペイントにピンストなど、妖艶なカスタムペイントが自慢だった梨恵サンの30セルシオ。手が込んだ塗装を潔く捨て、DTM意識の戦闘的な姿へと進化した。パッと見では、女性が乗っているとは思えない。しかし内装は、「私のお部屋」と…

続きを読む...

大阪オートメッセ2015 ~ VIPスタイル 出展車両詳細情報その2

 大阪オートメッセに、VIPスタイルは本誌の表紙を飾った3台のクルマを出展。  そこで、3回に渡り、3台のクルマのバックボーンを知って頂くために、当時の表紙の記事を掲載中。ぜひ、3台のクルマの素晴らしさをご堪能ください。...

続きを読む...

デイリーランキング