「タグ: タイヤ交換」の記事一覧

タイヤ交換に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

場所とやり方を間違えると「大けが」「クルマの破損」を招く! タイヤやオイル交換時の「ジャッキアップ」は想像以上に「注意が必要」だった

この記事をまとめると ■スタッドレスから夏タイヤへの交換時期が到来 ■ジャッキアップは方法を間違えると大変危険 ■コツや注意点について解説する 誤った方法は怪我やクルマの欠損につながる  桜の開花も聞こえだして、そろそろ...

続きを読む...

問題になっている大型車のホイール脱落事故! 乗用車も「ひとごと」ではなかった

この記事をまとめると ■大型車の左後輪の脱落事故が最近問題になっている ■冬タイヤへの交換が行われる11〜2月ごろが多い ■乗用車でも起こりうるために原因と対策を伝える 左後輪は日本の道路事情だと負荷がかかりやすい  最...

続きを読む...

「安全面」でも有効で「お財布」にも効果的! 意外とおろそかにされがちな「タイヤローテーション」の意味

この記事をまとめると ■タイヤ交換時に気をつけたい「ローテーション」を解説 ■方向指定がある場合は、守ったほうが安全だ ■例外として、レースでは稀にこれを無視する場合がある タイヤはそもそも何故ローテーションが必要なのか...

続きを読む...

月々数千円で新品タイヤが手に入る! タイヤをサブスクで買える大好評プラン「Mobox」に新作タイヤが追加された

人気のタイヤが定額支払いで気軽に履ける!  そろそろ冬も本番に近づき、クルマを使用するユーザーには欠かせないアイテムが必要となってきた。そう、「スタッドレスタイヤ」だ。都会のユーザーは数カ月の冬場にしか使わないタイヤであ…

続きを読む...

タイヤだけ変えてもダメ! 見落としがちな「エアバルブ」交換とその役目

タイヤ交換と同時に交換するのがベスト!  タイヤも消耗品だけに、溝がなくなってきたり、表面にヒビや亀裂が出てきたときなど、定期的な交換が必要だ。交換時はタイヤを新品にするだけでなく、バランスを取るなど、付属的な作業もいろ…

続きを読む...

「家庭用」は掃除しても「クルマ用」は放置する人多数! 驚くほど汚れている「エアコンフィルター」のDIY交換方法とは

ほぼすべてのクルマにエアコンフィルターが付いている  カーエアコンにもフィルターが付いているのはご存じだろうか。クルマ用と家庭用のエアコンは仕組み的には同じで、家庭用の屋内機にあたる部分はクルマの場合、インパネに入ってい…

続きを読む...

慣れていても意外と知らない! ホイール交換時にやるべき「小ワザ」6つ

一番上のナットは最後に取り外し、最初に付けると良い  ホイールを交換するというのは、よくあることではないけど、クルマを保有していれば「なくはない」もの。スペアタイヤに履き替えたり、定期的にローテーションしたり。さらには夏…

続きを読む...

初心者でもクルマに興味がなくても「失敗は許されない」! 安全第一のタイヤ「交換時期」と「選び方」

走行距離は目安程度に、タイヤの状態と経過年数が重要  皆さんの愛車のタイヤは、いつから履いているものですか? 新車の時からずっと履きっぱなしという人や、いつからだか思い出せないという人は、次のことをチェックしてみてくださ…

続きを読む...

回転方向指示のあるタイヤとないタイヤの違いとは! 間違えて逆に装着するとどうなる?

回転方向以外に外側内側の指示があるタイヤも  タイヤとホイールというのはただ組み合わせて、装着されているわけではない。回転の向きや内側・外側が決まっているタイヤがあるのは、クルマ好きなら知っているだろうか。もちろん理由が…

続きを読む...

【スタッドレスに交換したけど雪が降らない! 】もったいないからサマータイヤに戻したほうがお得か

今年の日本は全国的に暖冬となっている  全国的に暖冬となっている今年の日本の冬。降雪地帯でも雪があまり降らず、スキー場なども雪不足で困っているという声も聞こえてくるほどだ。  普段は雪の降らない首都圏でも、年に1回くらい...

続きを読む...

【クルマに貼ってある表示どおりで大丈夫?】クルマのタイヤをサイズ変更した場合の正しい「適正空気圧」とは

タイヤの銘柄が変わってもサイズが同じなら空気圧は変えない  空気入りタイヤは、1888年に獣医だったJ.B.ダンロップによって考案、実用化されたものだが、それ以来、空気入りタイヤは、空気圧が適正に保たれてはじめてタイヤと...

続きを読む...

クルマのタイヤ交換は「新品装着時と同等以上の性能」のものを推奨! そもそも新品装着の性能はどうわかる?

サイズと値段だけで決めてはいけない!  走れば走るだけすり減ってしまうタイヤ。とくにきちんとグリップするタイヤほど減りが早いので、新車についてきたタイヤがまともなら、3~4万kmも走ればスリップサインが出てしまう。タイヤ...

続きを読む...

意外と知らない正しい方法! 間違えがちなタイヤのセルフ交換は重大事故の可能性

正しい方法と道具を使わないと最悪走行中の脱輪も  自分のクルマを自分でイジる(メンテナンスする)というのはクルマ好きやメカ好きには楽しみのひとつ。「タイヤ交換ぐらいはDIYで」というのは半分正解で……。 「半分? 半分?...

続きを読む...

タイヤの一部が摩耗する「偏摩耗」の原因5つとその対策

空気圧の適正な管理と定期的なローテーションでかなり防げる  当たり前の話だが、タイヤは走れば走るほど摩耗する。スリップサインが出るまで均一に減ってくれれば一番いいのだが、ときどき、トレッド面の一部だけ片寄って摩耗する場合…

続きを読む...

飛び石で後続のクルマが破損した場合飛ばした側の責任にはならない?

現実的には責任を問うことは難しい  先日、高速道路上にスペアタイヤを落としてしまい、それにぶつかった乗用車が破損、路肩で避難したところに、スペアタイヤにあたった後続のトレーラーが突っ込んできてしまい、二人が亡くなるという…

続きを読む...

デイリーランキング