「タグ: バッテリー」の記事一覧

バッテリーに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

オーナーが本音で語る! セカンドカーなしの「電気自動車1台」でコト足りるのか?

日常使いであれば航続距離も不安がないレベルにまで向上している  ここへきて多くのメーカーからリリースが相次いでいる電気自動車。日本でも純ガソリン車の販売を規制する動きが出てきており、にわかに注目が集まっているジャンルとい…

続きを読む...

普通のものを使用するとどうなる? アイドリングストップ車の高額な「専用バッテリー」の中身とは

アイドリングストップ車はセルモーターの消費電力が大きい  排出ガスに含まれる二酸化炭素の削減が、いまや世界中の自動車メーカーの大命題となっている。こうした二酸化炭素削減策のひとつとして広く普及したのが「アイドリングストッ…

続きを読む...

給油口と違ってノーズに設置するクルマも! EVやPHVの「充電口」の場所がバラバラな理由

モーターなどの搭載位置によって変わってくる  電気自動車(EV)の充電口は、日産リーフがボンネットフード側にあり、ホンダeも同様だ。BMWi3もそうだ。一方で、三菱自動車のi-MiEVやテスラはリヤフェンダーに設けている...

続きを読む...

ハイブリッド車は巨大な駆動バッテリーを積むのに「12V補機バッテリー」があがると動けなくなるワケ

技術的には駆動用バッテリーから補機バッテリーへの充電は可能  ハイブリッド車(HV)は、モーター駆動用にニッケル水素やリチウムイオンバッテリーを搭載している。同時にまた、補機用として12Vの鉛バッテリーも併用している。こ...

続きを読む...

タイヤを替えるだけで「満足」してはダメ! 見落としがちなクルマの冬支度5つ

外気温が氷点下になる季節は濃度を濃くしておかなければならない  早いもので今年もあとわずか。皆さん、クルマの冬支度はお済みだろうか。  人間に衣替えが必要なように、寒くなってきたらクルマにも寒さ対策が必要だ。クルマの冬支.…

続きを読む...

メリットよりもデメリットが目立つ! いま脱「アイドリングストップ」の流れが加速するワケ

メンテナンスなどユーザーの費用負担は非搭載車よりも大きい  以前からなにかと話題に上ることが多かった、アイドリングストップ。話題といっても、いい内容は少なくて、ネガなことが中心なだけに「微妙な装備」として語られ、その点は…

続きを読む...

スマホや携帯バッテリーなどで起こるバッテリーの膨張や発火! EVやPHVの「電池」は安全?

「リチウム」を含有した複数金属の「配合」にポイントがある  電動車両の増加によって、搭載されるリチウムイオンバッテリーの危険性を懸念する人があるかもしれない。なぜなら、携帯機器を含め、発熱等による膨張や発火の事故が伝えら…

続きを読む...

中古車販売店に直撃! 10万キロ超えハイブリッド車の「バッテリートラブル」はある?

ハイブリッドバッテリーはEVに比べて負担が少ない  1997年に量産車初のハイブリッドカーとしてトヨタの初代プリウスが発売されてから早20年以上。当時は特別感のあったハイブリッドカーも、いまでは軽自動車からミニバン、SU...

続きを読む...

「エコ」を全面に押し出す施策が「間違い」! 日本で「EV&PHV」を盛り上げるために重要なこととは

富裕層に人気のPHEVなのにRAV4は早々に一時受注停止  6月8日に正式発売となったのが、トヨタRAV4 PHV。ところが発売直後に、“バッテリーの生産能力を上まわる受注があったため”、年度内生産分の販売を終了。その状...

続きを読む...

液の補充は必要なし! 最近クルマのバッテリーに「6つの穴」が開いていない理由

メンテナンスフリーのものが増えている  以前であれば、バッテリーの上部には穴が開いていて、そこを開けて定期的にメンテをした。サイドのラインで液量を点検し、減っていればフタを取って所定のラインまで補充したり、充電量を測るた…

続きを読む...

まだまだ厳しい酷暑! スマホも簡単に「熱暴走」するがEVの「バッテリー」は大丈夫か

バッテリーが熱を持つのは多くの電力を消費したり充電するときだ  9月に入り若干トーンダウンしたとはいえ、まだまだ暑い日が続いている。ここまで暑い日が続くと不安になるのが愛車のコンディションではないだろうか。  筆者も先日...

続きを読む...

コロナ禍で自動車トラブルにも変化! 今夏JAFの出動理由で増加中の「バッテリー」の不具合とは

10分以下の走行ではうまく充電されず傷めてしまうだけ  ロードサービスを行っているJAFからは、出動理由のデータが細かく発表されているのだが、見ていて最近気になることがある。それがバッテリー関係のトラブルが増えているとい...

続きを読む...

これだけ「リチウムイオン電池」が出回っているのになぜ? クルマが100年前からある「鉛バッテリー」を使うワケ

20世紀初頭にはすでに鉛バッテリーが使われていた  鉛は、人間が古くから使ってきた金属のひとつだ。紀元前6400年(いまから8000年以上前)ごろに、現在のトルコでビーズに使われていたり、紀元前3000~4000年の古代...

続きを読む...

必須装備じゃなかったの? いま「アイドリングストップ」の「不採用車」が増えているワケ

WLTCモードではアイドリング時間が短くなってしまう  ヤリスやカローラといった、最近フルモデルチェンジしたトヨタ車には、もちろんハイブリッド仕様が用意され、アイドリングストップをするが、ガソリン仕様のほうにはアイドリン...

続きを読む...

最悪は「引火爆発」! 夏に多いバッテリー上がり時の「ジャンピングスタート」にケーブルを繋ぐ順番があるワケ

夏はバッテリー上がりが起こりやすい  クルマにとって、夏といえばバッテリー上がり! JAFのロードサービスの出動理由を見ても、2019年のお盆の時期の出動理由第一位は、過放電バッテリー(全国で19,100件 全体の29....

続きを読む...

1 / 512345

デイリーランキング