「タグ: 中古車」の記事一覧

中古車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

登録しただけで「数百万円減」の噂は本当? 輸入車の「買い取り価格」の真相

需要が低いため在庫となるリスクが高く売却額も安価になりやすい  クルマの買い替えや手放すときの売却額は、当然ながら高いほど嬉しいというのは共通認識だろう。しかし、同じようなジャンルの同じような状態の車両であっても、車種に…

続きを読む...

夢の高級車が100万円台の衝撃! 驚くべき「価格下落」の中古ハイエンドカー3台

新車価格よりもかなり割安な価格で中古モデルが手に入る!  われわれ庶民からしてみると新車で購入するのは夢のまた夢ともいえる超高級なハイエンドモデル。しかし、登場から年数が経ち、新型が登場して旧型になってくると中古車の価格…

続きを読む...

中古車に「掘り出し物」なし! 相場より安いクルマに待ち受ける悲劇とは

直せないものやエンジンが消耗しているものもある  バーゲンイベントなどを除いて、「中古車に掘り出し物はなし」というのは基本中の基本だ。あくまでも商売、ボランティアでもないので、わざわざ利益を少なくしてまで販売はしないのは…

続きを読む...

伝説のABCトリオをいま買うならどれ? 維持や使い勝手の徹底比較3番勝負

3台それぞれに個性と魅力が詰まっている!  最近ではスーパーハイト軽ワゴンが人気の中心となっている軽自動車。そのなかにハスラーやタフトといったクロスオーバーSUVタイプも割って入り車種のバラエティーが増加していることはご...

続きを読む...

新型BRZの発表で中古車相場に異変! 初代86&BRZの価格が「上昇」の兆し

北米で2代目スバルBRZがアンヴェールとなった  先月、北米にて新型がアンヴェールされたスバルBRZ。もはや説明不要ではあると思うが、トヨタと共同開発によって誕生したモデルの2代目であり、2021年の秋から北米市場で販売...

続きを読む...

輸入車の維持費は国産車より高い? 長年の「金食い虫説」に結論!

車種によっては国産車よりも安いケースも  輸入車が欲しいというと、「維持費がかかるんじゃないの」とアドバイス(?)をしてくれるクルマ好きの先輩というのは少なくない。たしかにメンテナンスに用いる部品のひとつひとつも輸入品で…

続きを読む...

13年落ちなのに400万円から! R35 GT-Rの「初期型」中古は買う価値ありか?

車体の維持はほかのクルマより何倍も気をつかわなければならない  2007年のデビュー当時の新車価格が777万円、現行車では1083万円~という値付けになっている、日本が世界に誇るハイパフォーマンスカー、日産GT-R(R3...

続きを読む...

「高騰前夜」のいまが買い! まだ100万円以下で手に入る中古国産スポーツ名車4選

前期モデルや1世代前のモデルなどにはお買い得なものが多い  ここ数年で驚くほどの高騰っぷりとなっている国産スポーツモデル。ものによっては新車価格を上まわるプレミア価格で、おいそれとスポーツ走行をすることすらはばかられるほ.…

続きを読む...

いま増えている「個人間カーシェアリング」を「新車販売現場」が「否定しない」ワケ

カーシェアがきっかけでクルマ購入につながるケースも  クルマ好きからしてみると、愛車を所有しないで借りるだけという生活で満足できる、という点を不思議に思うことも少なくないが、ここのところ個人間カーシェアリングサービスの会…

続きを読む...

中古車で「ワンオーナー」は強調されるけど「複数」の場合の「オーナー数」はなぜ非表示? 「人数」と「程度」の関係とは

オーナー数よりメンテナンスされてきたかがポイントになる  中古車店の店頭に並ぶ車両にはさまざまなアピールポイントが記載されている。それはグレードや、走行距離、年式といった基本的なものから、ナビやエアロパーツ、アルミホイー…

続きを読む...

クルマ好きでも思い出せない! マイナーだけど見れば驚くほど「イケてる」国産中古クーペ4選

時代を先取りしすぎたモデルやアメ車感の強いモデルも存在!  最近ではクーペの境界線が曖昧になりつつあり、4ドアクーペやクーペSUVなどクーペのバーゲンセールとも言える状態となっている。そもそもクーペというジャンル自体が明...

続きを読む...

まさかの「査定ゼロ」! 残念な「ボロ車」を少しでも「お金に変える」方法とは

ネットオークションやフリマサイトを利用するのも手!  購入するときはあんなに頑張って買った愛車でも、数年乗って手放すときには査定ゼロ……なんて悲しい思いをした人も多いのではないだろうか?  事故やトラブルで乗ることができ...

続きを読む...

中古車販売店に直撃! 10万キロ超えハイブリッド車の「バッテリートラブル」はある?

ハイブリッドバッテリーはEVに比べて負担が少ない  1997年に量産車初のハイブリッドカーとしてトヨタの初代プリウスが発売されてから早20年以上。当時は特別感のあったハイブリッドカーも、いまでは軽自動車からミニバン、SU...

続きを読む...

いま電気自動車の先代リーフは「50万円以下」もゴロゴロ! 「安い中古EV」は買っても大丈夫か?

満充電で数十キロしか走行できないケースも  2010年から発売がスタートした日産の電気自動車であるリーフ。現在は2代目が販売されており、今年の9月には累計生産台数が50万台を突破している。  そんなリーフもデビューから1...

続きを読む...

700万円もしたミライが100万台の中古価格! 台数も少ない「激レア車」がわずか6年で「大下落」したワケ

新車時は700万円オーバーで販売されていたが……  2014年に発売されたトヨタMIRAI(ミライ)は、世界初の量産セダン型燃料電池自動車。水素燃料と酸素の化学反応を利用して発電してモーターで駆動するというもので、当然な...

続きを読む...

1 / 1012345...»

デイリーランキング