「タグ: 乗用車」の記事一覧

乗用車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

軽トラにSUVまである! スポーツカーでもない「ベタベタの実用車」がMRやRRを採用する「至極実用的」な理由

この記事をまとめると ■MRやRRレイアウトはスーパーカーやスポーツカーのものと思われがちである ■乗用車や実用車でもMR/RRレイアウトが採用されたモデルもあった ■乗用車や実用車でのMR/RRレイアウトの採用には高性...

続きを読む...

伝統の車名はやはり「破壊力」抜群! 「車名復活」で衝撃を与えたクルマ5選

意外に多い? 現代に蘇った車名を振り返る 1)ダイハツ・タフト 2020年1月の東京オートサロンで、メディアの注目を一気に集めたダイハツ「タフト」。 タフトといえば、1974年に登場した初代のインパクトが強いというユーザ...

続きを読む...

トラックドライバーの悲鳴と本音! 乗用車に「やめて欲しい行為」4つ

この記事をまとめると ■とくに大型トラックドライバーの目線で書かれている ■乗用車にやられると困る4つの運転マナーについて述べている ■乗用車ドライバーにはわかりづらいトラックならではの事情がある 急に割り込まれたり速度...

続きを読む...

真っ先に普及すべきなのにほぼ「見かけない」! 商用車EVに立ちはだかる「壁」とは

商用車は効率よく走れなければ本来の役目を果たせない  商用車にEV(電気自動車)が現われない理由は、生産財だからである。同じクルマでも、乗用車は消費財だ。つまり、それで金銭的利益を生まなくても、便利であったり、快適であっ...

続きを読む...

じつはディスクよりも制動力が高いドラムブレーキ! 大型乗用車に採用されないワケ

構造上ディスクよりも制動力を引き出しやすい  自動車教習所では「エンジンブレーキってどのボタンで使うんですか?」という質問があるという都市伝説的な笑い話もあるが、ブレーキというのはクルマにとって重要な機能である一方で、ユ…

続きを読む...

名車揃いの「いすゞ」の乗用車にF1の名門「ロータス」が入魂! ハンドリング・バイ・ロータスとは?

ワンランク上のハンドリング性能をプラスした本格モデルだった  現在では残念ながら日本国内での乗用車の開発、生産を終了してしまったいすゞ自動車。しかし、乗用車事業撤退までにリリースされた車種には未だに多くのファンを魅了し続…

続きを読む...

名前は知ってるけど意味は不明! 「ラジアル」と「バイアス」2種類のタイヤの違いとは?

低速や悪路での乗り心地、荷重面はバイアスタイヤのほうが良い  タイヤの構造には大きく分けて2種類あるのはご存知だろうか。ラジアルタイヤとバイアスタイヤなのだが、乗用車では前者が主流というか、ほぼすべてのクルマがラジアルタ.…

続きを読む...

いま密かにブームのチョイ古SUV! 乗用車から撤退して18年の「いすゞ」SUVは買って大丈夫?

一部国産車メーカーに比べると部品供給の状態はかなり良い  留まるところを知らないSUVブーム。しかしここまでの人気となるともはや一介のブームというよりは、すっかり定着した人気ジャンルになったとも言えるかもしれない。となる...

続きを読む...

「乗用車」と「トラック」が互いにイライラする日本の日常! なぜ海外は関係が良好なのか?

北米やドイツではトラックと乗用車がお互いに苛立つことは少ない  編集部から、日本と海外でのトラックドライバーと乗用車ドライバーとの関係の違いについて聞かれた。 「日本ではトラックが追い越し車線を無理に走って、その後ろにつ.…

続きを読む...

すべてが「名車」扱いなのになぜ? いすゞが乗用車から離れて「復活しない」謎

国内ではビッグホーンを最後に乗用車事業から撤退した  2022年を目途に本社を、創業の地である東京・大森から神奈川・横浜に移転すると発表している「いすゞ」。その創業は1916年。国内の現存自動車メーカーのなかでは最古の歴...

続きを読む...

【実用車なのにナゼ羽根がついてる?】スポーツカーじゃなくても空力パーツが装着される理由

燃費向上や直進安定性を高めるために効果を発揮している!  エアロパーツというと、レーシングカーに使われているドデカいリヤウイングを思い浮かべるかもしれない。そうした空力デバイスの狙いはダウンフォース(クルマを路面に押し付…

続きを読む...

登録車の280馬力規制は撤廃されたのになぜ軽自動車には64馬力規制があるのか

環境性能が重視される今となっては自主規制が好都合に  かつて登録車(普通車)には280馬力規制があり、日産フェアレディZやスカイラインGT-R、トヨタ・スープラ、ホンダNSX、マツダRX-7など名立たるスポーツカーは、い...

続きを読む...

最大積載量の記載がない乗用車、積んでもいい荷物の重さとは?

目安は車両総重量から考える  トラックの後ろに表示されているのが、最大積載量。もちろん荷物の積める量を示していて、これ以上積んでしまうと過積載で取り締まられるし、車両の耐久性などにも影響する。  ちなみに最大積載量はどう.…

続きを読む...

仕事オフ日のプライベートでも乗りたい! 乗用車をしのぐ魅惑の商用車3選

ワンメイクレースで使用されるモデルも!  働く人を支える相棒として昼夜を問わず走り回ってくれる商用車。そのラインアップはトラックやバンなどが中心で、まさに働くために生まれてきたクルマたちだが、中には普段乗りにも使いたくな…

続きを読む...

見かけたら覆面の確率が高いクラウン以外のクルマ3選

この記事をまとめると ■覆面パトカーに多いクラウンだがそれ以外の車種が覆面パトカーとなっている場合もある ■マークX、スカイライン、レガシィB4セダンなどを見かけた際は要注意 ■スズキ・キザシは覆面パトカーである場合が多...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング