「タグ: 交通ルール」の記事一覧

交通ルールに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

10月は「子供が被害者」の交通事故が増加! 守るために親が伝えるべき5つのこととは

一気に日没が早まる10月は事故が増える!  秋分の日を過ぎて、真夏に比べるとずいぶんと夕暮れが早まってきました。昼と夜の境目ともいえる、薄暗い時間帯。じつはそんな時間帯から夜にかけて増えるのが、交通事故なんです。しかも、...

続きを読む...

走行中のトラックの荷台に人が乗っても問題ない?

2つのケースでは合法となっている  秋祭りの季節、トラックの荷台に太鼓を乗せて、ドンドコ景気よく太鼓を鳴らして街を巡る光景を目にしたことがないだろうか。あの太鼓の「打ち手」は、荷台に乗っているわけだけど、あれは合法? 非.…

続きを読む...

絶賛実施中の「全国交通安全運動」ってそもそも何?

さまざまな行政組織が協力して1年に2回実施  今年も9月21日(木)から30日(土)まで実施されている「秋の全国交通安全運動」。交差点にテントが張られ、地元の高齢者の方が常駐で見守っていたり、いつも以上に街で警察官を目に...

続きを読む...

自転車で歩道を走ると罰金5万円って本当?

道交法にはかなり細かく厳しくルールが設定されている  子どもから大人まで、身近な交通機関として重宝している自転車。しかし、近年マナーの悪い自転車による重大事故も増えており、取締りや罰則の強化がニュースになっている。自転車…

続きを読む...

路駐車両をウインカーを出さずにはみ出して避けるのはあり?

進路変更の意思を伝えないと違反になる!  日本の道路の道幅を考えれば、路肩にクルマが止まっていたら、進路変更を余儀なくされる。そして、進路変更をする以上、あらかじめウインカーを出して、進路変更の意思を周囲に伝えないと違反…

続きを読む...

【衝撃】信号のない横断歩道で一時停止したクルマはたった7.6%!

急いでいても譲り合いの精神が事故軽減へ  歩行者が渡ろうとしている「信号機のない横断歩道」で、一時停止した車はわずか 7.6%。JAFが、今年8月15日(月)~9月1日(木)、全国でおこなった実態調査によると上記のような...

続きを読む...

【意外と知らない】クルマに表示するマークの意味と使い方を知ってますか?

本来は交通弱者への配慮を促すマーク  初心者マークなどをはじめ、クルマに貼るマーク、正式名=「運転者標識」は、4種類ほどある。それぞれの意味は、なんとなく理解されていると思われるが、誤解されている面もあるので、ここできち.…

続きを読む...

【危険】ルールとマナーを理解しない自転車乗り

自転車の危険行為でもっとも多かったのは信号無視  制動装置(ブレーキ)不良自転車運転や信号無視、一時不停止など、自転車の「危険行為」を繰り返した人に自転車運転者講習(有料講習)を義務づける改正道路交通法の施行から、6月で.…

続きを読む...

2020年東京オリンピックに向けて道路標識のグローバル化は必要か? 

逆三角形の「止まれ」に八角形「STOP」併記標識を警視庁が検討!?  新聞によると、街でよく見かける逆三角形の「止まれ」の道路標識を、日本以外の多くの国で採用している八角形化、もしくは「STOP」と英語表記を併記すること...

続きを読む...

デイリーランキング