「タグ: 交通事故」の記事一覧

交通事故に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「フェラーリが事故」「ランボルギーニが暴走」となぜ名指し? ニュースがまるで「高級車が悪」のような伝え方をするワケ

この記事をまとめると ■ニュースで高級車のメーカー名をあえて報道する理由を解説 ■「乗用車」「高級車」というよりメーカー名を出すほうが注目度が集まりやすい ■やりすぎると「報道」ではなく「晒し」になってしまうことが懸念さ...

続きを読む...

警察か消防か保険会社か? 覚えておくべき「交通事故直後」の連絡の順番とは

この記事をまとめると ■交通事故が起きてしまった場合、さまざまな事後処理が必要となる ■しかし直後はパニックになりがち ■万が一に備えて連絡すべき順番を確認する まずは負傷者の救護を!  交通事故が起きてしまった場合、あ...

続きを読む...

たとえ青信号でも過失は一般車両が大きい! あり得ないが実際に起こる緊急車両との事故の顛末

この記事をまとめると ■緊急走行中のクルマと事故を起こした場合の過失割合を解説 ■基本的に普通車側8、緊急車両側2といった割合で処理されることが多い ■運転中は視界だけでなく周囲の音にも木を配ることが大切だ 余程のことは...

続きを読む...

当事者はパニクっている可能性大! 義務ではないが「事故の目撃者」がとりたい行動5つ

この記事をまとめると ■クルマを運転していると交通事故を目にすることがある ■法律的に義務はないが、目撃者にもできることがある ■この記事では5つを挙げ、詳しく解説する 当事者がパニックになっている場合は助けてあげると良...

続きを読む...

高齢者用免許制度か? 最高速度制限か? 高齢者の自動車事故ゼロに向けた「本当に必要」な施策とは

この記事をまとめると ■交通事故を減らすためにさまざまなが検討されている ■自動運転の実用化は東京パラリンピック選手村で内発生した事故の検証が鍵を握る ■交通事故を減らすには何かひとつをすればいいのではなく多角的な視野が...

続きを読む...

「池袋暴走事故」のような「クルマのせい」発言は無意味になる! 国交省が義務化を検討する「EDR」とは

ドライバーの操作と車両状態を記録して事故原因究明に役立てる  2022年夏ごろからEDRを義務化することを国土交通省が発表したという報道が話題となったことを覚えているでしょうか。そのきっかけになったのが池袋暴走事故という...

続きを読む...

免許がなくても「道交法」の理解は必要! 「自転車」と「クルマ」の事故を避けるために知っておくべきこととは

ウインカーやブレーキランプがなく動きを予測しづらい  ここ数年、道を走っていると自転車愛好家(サイクリスト)が増えている印象はないだろうか。  自転車産業振興協会の統計データを見ている限り、自転車販売のピークは過ぎた感も.…

続きを読む...

当てはまっていたら危ない! 「自動車事故」を起こしやすい人の特徴とは

事故を起こしやすいドライバーの特性は4つある  誰もが避けたい交通事故。しかし、なかには何度も事故を起こす、交通事故多発者が少なからずいる。これは運不運の問題ではなく、ドライバーに原因がある場合が多い。  ではどういう人.…

続きを読む...

自動車事故ワーストランカーに「警察」も悩む! 愛知県はなぜ事故が多いのか?

「名古屋走り」は影響していない?  自動車メーカー、そして警察など、関係各所は交通事故死ゼロを掲げて、いろいろと対策を行なっているのはご存じのとおり。その効果もあって、確実に減ってはいるけど、なかなかゼロにはならないのも…

続きを読む...

同乗者とて安全の責務がある! クルマの事故時に「同乗者」へ「責任」が及ぶケースとは

危険運転を止めようとしない場合は同乗者に責任が及ぶことも!  交通事故が起きてしまったとき、加害者側のクルマの助手席に同乗していた場合、同乗者にも責任が生じるケースがいくつかある。  たとえば、運転者がお酒を飲んでいるの.…

続きを読む...

「池袋暴走事故」で被疑者が主張する「クルマの故障」は起こりうる? レーシングドライバーが斬る!

判断ミスや操作ミスだけではない精神的なヒューマンエラーもある  昨年、東京都内池袋地区で痛ましい事故が発生。一組の母娘が尊い命を落とし、多くの怪我人も発生した。まだ記憶にも新しく、そして永遠に消えることのない悲惨な事故が…

続きを読む...

対面側が「赤」かわからなくて「怖い」! 「危険」とも思える「時差式信号」が存在するワケ

右折交通量が他の方向からの交通量より多い交差点に設置される  右折車が多い交差点などによく設置されている時差式信号。  対面交通の道路でいずれか一方の青信号の時間を延長することで、より多くの右折車を捌き、渋滞になるのを防.…

続きを読む...

10月は「子供が被害者」の交通事故が増加! 守るために親が伝えるべき5つのこととは

一気に日没が早まる10月は事故が増える!  秋分の日を過ぎて、真夏に比べるとずいぶんと夕暮れが早まってきました。昼と夜の境目ともいえる、薄暗い時間帯。じつはそんな時間帯から夜にかけて増えるのが、交通事故なんです。しかも、...

続きを読む...

交通事故死者の半数以上が65歳以上! 安全なはずのシートベルトが高齢者にダメージを与える可能性

高齢者は交通事故で亡くなりやすい傾向にある  令和元年(2019年)の交通事故件数は43万601件と、いまよりクルマが少なかった昭和41年(1966年)と同等レベルの少なさで、交通事故による死者数は3215人と記録が残っ...

続きを読む...

クルマの自動ブレーキ搭載が義務化は果たして交通事故の減少にはどのくらい効果があるのか?

2019年の交通事故死者は統計開始以来最小人数となった  昨年、2019年の交通事故死者(事故発生から24時間以内)の統計が、新年早々の1月6日に警察庁から発表された。その数は3215人で、前年比317人の減少となり、な...

続きを読む...

デイリーランキング