「タグ: 信号機」の記事一覧

信号機に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

なぜ信号機は赤・青・黄色の3色が使用されるのか?

この3色は国際規格として決められている  普段はなにも考えずに接していたり、見ていたりするものでも、よく考えると理由がわからないものは結構ある。クルマ関係でも同様だ。そのなかで超が付くほどの素朴なものとして、信号の色とい.…

続きを読む...

縦型と横型があるのはナゼ? 青・黄・赤の自動車用信号の謎

この記事をまとめると ■信号機の配列は安全のうえでもっとも重要な赤色を視認性の良い位置に配置している ■雪が降る地域では縦に青・黄・赤が並んだ信号機がある ■LEDの信号機は電球タイプの信号機に比べて発熱量が少なく付着し...

続きを読む...

本当に青になる? 待っていると不安になる「感応式信号」のナゾ

ソナーが飛ぶ範囲が狭いため反応しないこともある  郊外の交差点で見かけるのが「感応式」と呼ばれる表示。その名のとおり、クルマが来たら感応(反応)して、青に変わるというもの。つまり、一方の交通量が極端に少なかったり、交通量…

続きを読む...

ガス式から電球になりLEDへ! 気がつけば進化している「信号機」の歴史

日本では大正8年に初めて設置された  機能にほとんど進化がないからか、最近はLED式が増えたな程度で、基本的には何も疑問に思わず使用しているのが信号機。しかし、歴史を振り返ってみると、着実に進化を遂げている。  世界的に...

続きを読む...

対面側が「赤」かわからなくて「怖い」! 「危険」とも思える「時差式信号」が存在するワケ

右折交通量が他の方向からの交通量より多い交差点に設置される  右折車が多い交差点などによく設置されている時差式信号。  対面交通の道路でいずれか一方の青信号の時間を延長することで、より多くの右折車を捌き、渋滞になるのを防.…

続きを読む...

赤なのに全方向の矢印が点灯! 「青信号」じゃダメな信号の不思議

普通の青信号と全方向の矢印信号の意味は異なる!  都市部の車線の多い幹線道路の交差点などでは「赤信号が点りながら、青色の「←」「↑」「→」の矢印信号が同時に点灯する信号を見かけることがある。  直進OK、左折OK、右折O...

続きを読む...

【信号機・ETCゲートバー・カーブミラー!】道路にある設備を事故って壊すといくらかかる?

身近な道路の付属物も事故で壊した場合は賠償金が請求される  事故を起こしてしまったときに、一番に気になるのは人的被害。人身事故無制限の保険に加入していても、人身事故はお金では償いきれないことのほうが多いからだ。  一方、.…

続きを読む...

【臨時で設置される道路工事の信号機!】明らかに対向車が来なければ無視しても違反にならない?

工事用信号は道路交通法が定める「信号」には該当しない  どういうわけだか、年末や年度末になるとやたらと増える道路工事……。忙しいときに限って、道路工事で一車線が規制され、工事用信号による片側交互通行に出くわしてイライラす...

続きを読む...

毎回捕まる赤信号や異常に短い右折信号にイラッ!  信号の制御はどうやって決まっている?

単純なものから複雑に統制されたものまで3つが存在  青・黄・赤の3色で交通の流れをコントロールする信号機。車両、歩行者ともに厳守することで安全な交通社会を生み出す基本中の基本といえる設備だ。その信号だが、スムースな交通に.…

続きを読む...

欧州に多い円形交差点「ラウンドアバウト」は信号交差点より効率的なのか?

日本でも試験導入されたものの広まる兆しはない  信号機のない円形交差点。それがラウンドアバウトだ。欧米人の発音は、最初の「ラン」にアクセントがついて「ランナバウト」のように聞こえる。日本では一部の都市で試験的に導入したこ…

続きを読む...

デイリーランキング