「タグ: 国産車」の記事一覧

国産車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

いまや軽やEVにまで付いてるパドルシフト! レーシングドライバーが「本当に必要か」を考えた

この記事をまとめると ■最近はスポーツモデルに限らず多くのクルマにパドルシフターが装備されている ■そもそもパドルはモータースポーツで素早くラクにシフト操作ができるように開発されたもの ■CVTやトルコンATなどの普通車...

続きを読む...

ライバルは輸入SUV! その狙いは確実に成功! 新型クラウンが成就させたトヨタの願いとは

この記事をまとめると ■新型クラウンとしてまずセダンボディのSUVであるクラウンクロスオーバーが登場した ■クラウンクロスオーバーは個性やカッコ良さを大切にする人が関心を寄せている ■海外でも高級車として受け入れられ、レ...

続きを読む...

バディは? スープラは? 隠れ兄弟車やOEM車は「ベース車のディーラー」での修理やメンテが可能なのか

この記事をまとめると ■OEM車を他のメーカーのディーラーでも面倒を見てもらえるのかを考える ■メンテナンスなどの場合はよほどのことがない限り対応してもらえる可能性が高い ■仕上がりの異なるOEM車の場合、継続的なメンテ...

続きを読む...

EVでもやっぱりスバルのAWDは圧巻! ソルテラで雪道を走ったらもの凄い走破性に驚いた

ソルテラをスバルが得意とするステージに連れ出してみた  EVって実用性があるの? EVは冬が苦手って聞くけれど、大丈夫? 巷にだいぶEVが浸透してきたとはいえ、まだEVの性能に不安を覚える人も少なくない。というわけで、ソ...

続きを読む...

「カッコイイ一辺倒」だったMAZDA2に新たな選択肢! ポップさ全開の「BD」も登場してコンパクトカーに旋風を巻き起こす

この記事をまとめると ■MAZDA2が商品改良を実施 ■「サンリットシトラス」「スポルト」「BD」と3グレード体制となった ■MTも継続で設定されるほか、198通りのコーディネートが楽しめる仕立てになっている 「好きを探...

続きを読む...

初見じゃウインカーすら出せない! 戦闘機のようなコクピットの「いすゞ初代ピアッツァ」は圧巻のデザインだった

この記事をまとめると ■いすゞの初代ピアッツァを振り返る ■117クーペの後継モデル的な立ち位置でデビューしている ■10年ほどの期間販売されており、当時から根強いファンが多かった いまでも根強いファンが多し! いすゞの...

続きを読む...

日産アリアは4グレードあるのに1年経っても発売は1種類のみ! 背景にある「部品不足」だけじゃない深い理由とは

この記事をまとめると ■日産アリアがデビューして1年以上が経過したがいまだB6の2輪駆動しか発売されていない ■その理由は半導体不足と物流の停滞だけでなく、EV普及に向けた日産の工場への取り組みにある ■ロボットを活かし...

続きを読む...

人気もないし中古も安かったよなぁ……から一転! 人生逆転ゲームを演じた中古価格爆騰の「下克上クルマ」5選

この記事をまとめると ■新車時は「不人気車」と言われていたが、いま再評価されているクルマを紹介 ■中古相場がすでに新車価格を超えているほど人気になったモデルもある ■まだ値上がり途中のモデルもあるので、狙うなら今が最後の...

続きを読む...

「ピクッと反応」したらクルマ好き確定のアルファベット「R」「RS」「Z」「GT」「X」! 独断と偏見で「代表車」を考えてみた

この記事をまとめると ■クルマには車名やグレード名に好んで使われるアルファベットがある ■「R」「RS」「GT」「Z」などはスポーティなイメージとしてよく使用されている ■今後はエコやEVを意味する「E」を車名やグレード...

続きを読む...

12年連続EV販売台数No.1の圧倒的信頼と実績! 日産のEVがこれほどまでに売れる理由とは

日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた日産サクラをはじめ、国内外からさまざまなモデルが登場 した2022年。しかし、日産が世界初となる量産EVとして初代リーフを発売したのは2010 年。今年度他社がようやくスタートラインに立...

続きを読む...

ジムニーやアルトなどでヒット連発のスズキにだって苦手なジャンルが!? スズキの普通乗用車セダンは苦難の連続だった

この記事をまとめると ■スズキが販売していた普通乗用車のセダンモデルを振り返る ■スズキ初のセダンは1965年登場のフロンテ800だったが、その販売不振がスズキを軽自動車に走らせた ■以降もカルタス、エリオ、SX4などの...

続きを読む...

最近「影が薄め」だったとはいえ消えるのは寂しい! 生産終了の「三菱ミラージュ」を振り返ったら超「熱いクルマ」だった

この記事をまとめると ■現行型のミラージュが販売を終え、その車名が一旦消えることとなった ■ワンメイクレースが開催されていたこともあり、スポーツカーとしての素質もあった ■セダンや完全新規設計のモデル、世界最小のV6エン...

続きを読む...

スバルの軽自動車開発中止が惜しまれる! あらためてステラ歴代モデルを振り返ったら初代がダントツで魅力的だった

この記事をまとめると ■スバルの軽自動車「ステラ」の現行モデルと歴代モデルを振り返る ■初代はスバルのこだわりがふんだんに投入された軽自動車だった ■2代目以降はダイハツ・ムーブのOEMとなりスバル色は薄くなった OEM...

続きを読む...

普通に買うより「短納期」! 「専用車種」まで用意! メーカーはなぜクルマの「サブスク優遇」を行うのか?

この記事をまとめると ■最近の自動車メーカーはサブスクリプションに力を入れている ■ホンダONやKINTOにはサブスクでないと乗ることができない専用グレードもある ■サブスクは若者を取り込むためのサービスであり、納期など...

続きを読む...

デイリーランキング