「タグ: 整備」の記事一覧

整備に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

夏はクルマを確実に「ヤレ」させる! 秋にやるべき「ダメージ回復メンテ」6選

この記事をまとめると ■夏が終わったあとにやっておきたいクルマのメンテナンスを紹介 ■エアコンやボディなど熱に関係する箇所はダメージを受けやすい ■タイヤなどの消耗品もこのタイミングでチェックしておこう 過酷な夏を駆け抜...

続きを読む...

「これ名前あるの?」じゃちょっと可哀想! クルマ好きなら覚えてほしい極小パーツ7選

この記事をまとめると ■クルマに使われている小さなパーツ類を紹介 ■原則として再使用は控えたほうがいい消耗品が多い ■小さなパーツだがなくてはならない物として重宝されている クルマは小さなパーツの集合体  モノには名称が...

続きを読む...

大切な場所だけに「ケチる」べからず! 「安いけどけっこう良いじゃん」が基本あり得ないクルマのパーツ5つ

この記事をまとめると ■主な消耗品で高い物と安い物の違いを解説 ■安い物でも使えなくはないが、耐久性が低かったり使い勝手が悪い場合が多い ■高い物が必ずいいとも限らないのが難しいところで、1番なのは純正品だろう 安いパー...

続きを読む...

20年前に撤退した「いすゞの乗用車」はいまだ大人気! ディーラーもないけど中古で買ったら修理やメンテはどうなる?

この記事をまとめると ■いすゞ車のメンテナンス事情を解説 ■トラックの整備工場に乗用車を持ち込むことも可能となっている ■パーツ供給網が意外と整備されており、まだ維持できる可能性が高い いすゞの乗用車ってまだ普通に維持で...

続きを読む...

愛車に乗ったら「何か変」! 細かすぎて伝わらない「違和感」をディーラーで伝える方法とは

この記事をまとめると ■クルマに乗っているといつもと違うことに気づくことがある ■しかし整備工場に持っていくと症状が消えてしまうことも ■そのような場合、的確に不具合を伝える方法を解説する スマホなどの録音機能を使うもの...

続きを読む...

メンテフリーと車載工具不要は別の話! いまどきのクルマでも最低限積んでおくべき「ツール」とは

この記事をまとめると ■クルマに積んでおきたい工具を紹介 ■今のクルマはほとんど必要ないと言われているが、工業製品な以上油断できない ■購入する際はなるべく良いモノを選んだほうが信頼性が高い 持っておけば万が一の際に役立...

続きを読む...

たった一晩で「赤く」なることも! クルマのブレーキローターが秒で「錆びる」ワケ

この記事をまとめると ■ブレーキローターに使われる鉄は錆びやすい性質を持つ ■この鉄は世の中に存在する鉄製品のなかでもかなり錆びやすい部類。 ■あまりにも長期間放置されていたりしなければ、そのまま走っても問題はない ブレ...

続きを読む...

趣味ならいいがほとんど「元はとれない」! 「安上がり」になると思うと後悔するクルマのDIYメンテ5選+α

この記事をまとめると ■DIYは自分でクルマのコンディションが把握できるメリットがある ■簡単な作業も多いが、間違えると高くついたり、最悪大修理になる場合も ■不安な場合ば、大人しくプロに任せる方が結果的に安くて確実に作...

続きを読む...

預けると数日で合格して帰ってくる! 車検はそもそもどう行われているのか?

この記事をまとめると ◼︎無車検や自賠責切れは重い罰があるので注意 ◼︎新車は車検を受ける必要がない ◼︎認証工場で車検は受けられるが近年不正が目立っている 無車検は「知らなかった」「忘れてた」では済まされない!  クル...

続きを読む...

ベテランメカニックの経験や勘では車検に落ちる時代! いま知っておきたい「エーミング」とは

この記事をまとめると ■最近のクルマは自動ブレーキの装備義務化などハイテク化が進んでいる ■整備工場もそれに伴う設備の充実が求められる ■そうしたクルマは修理の際エーミングと呼ばれる電子装備の調整作業が必要となる ハイテ...

続きを読む...

車検や修理の請求で「謎の記載」! 「ショートパーツ」って何の代金?

工賃に含めるか必要経費と捉えるかは業者次第  車検や修理をお願いしたときに出てくるのがショートパーツという言葉。ショートパーツという名前のパーツがあるわけでなく、取るに足らない、ショートなパーツという意味だ。具体的には定…

続きを読む...

法定費用はどこでも同じ! それでもディーラー車検が「高い」理由と利用する「メリット」とは

ユーザー車検より基本点検料や手数料、部品代などが上乗せされる  クルマの維持費のなかで、車検費用が占める割合は小さくない。2年に一度(新車は3年に一度)、10人ぐらいの諭吉さんとお別れしなければならなくなる。  その車検...

続きを読む...

クルマの電動化で「従来の技術」は通用しない? 自動車整備士を取り巻く環境変化とは

一級整備士資格が新設されたことで対応可能に!  自動車業界100年に一度の大変革期といわれている。そのおもな変革を示すのがCASEというアルファベットで「コネクテッド・オートノマス(自動運転)・シェアリング・エレクトリッ...

続きを読む...

クルマ好き「じゃない」女子でもできる! やれば「お金も浮く」愛車のメンテナンス「上級編」

何もせずにほっとらかしてしまうと調子が悪くなる可能性も!  雨の日も、寒い日も暑い日も、快適な空間で移動させてくれる相棒といえば、クルマですよね。最近のクルマは壊れにくく、昔のように頻繁なメンテナンスも必要なくなっていま…

続きを読む...

ディスクと違って内部が見えないドラムブレーキ! 交換時期のチェックはどうすればいい?

ディスクのほうが性能はもちろん整備性も高い  ブレーキにはディスクブレーキとドラムブレーキ(リーディングトレーリング)の2タイプがあるのはご存じだろう。最近では、自動ブレーキの制御には不利ということでリヤもディスク化が進.…

続きを読む...

デイリーランキング