「タグ: 費用」の記事一覧

費用に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

圧倒的に安い! 思ったより簡単! でも「ユーザー車検」は「誰にでも」オススメできるワケじゃなかった

予備検査を受けてからユーザー車検を行う方が良い  自動車ユーザーにとって、2年に1度(新車時は3年)の車検は大きな負担。  ディーラーや整備工場に車検を頼むと、普通車で10万円前後の費用がかかる。このため「日本の車検は高...

続きを読む...

一度はやりたい「カニ走り」! ドリフトはお金が「いくらあれば」趣味にできるのか?

初期モデルのトヨタ86がおすすめ!  D1グランプリ全盛期ほどのブームではないものの、若い世代から子離れ世代まで、常に一定の競技人口とファンに親しまれているのが、「サーキットのフィギュアスケート」とも言われるドリフト。『...

続きを読む...

ガソリン代が「最安値」になってもEVの電気代のほうが安かった! ランニングコストを比較した驚きの結果とは

この記事をまとめると ■EVはガソリンを必要とせず、充電することによって走ることができる ■ガソリン車の燃費、EVの電費はクルマの維持費を大きく左右する ■ガソリンがいくらであれば、ガソリン車よりもEVの方が得といえるの...

続きを読む...

新社会人にとってマイカー生活は夢のまた夢? 「東京都内・ひとり暮らし」でいくら必要か計算してみた

新車を現金で買うケースを想定して検証する  進学や就職でこの春、東京へ引っ越してきた皆さん、ようこそ東京へ! 東京にはなんでもあります。おしゃれなカフェも、流行のファッションも、エグゼクティブが集まる社交場も。勉強や仕事…

続きを読む...

子供が免許を取る代になって唖然! 昔に比べて自動車教習費用が格段に上がったワケ

教習が「二段階制」になったことで教習時間が伸びた  3月4月は、高校を卒業した若者たちが、自動車教習所に通い出す時期でもある。さてどこの教習所に通おうかと調べてみると、教習所の入校から卒業までの費用を見てちょっとビックリ...

続きを読む...

どう使われている? 意外と知らないクルマの「リサイクル料金」の中身

クルマの処理方法によってはちゃんと活用されていない可能性も  クルマを購入するときに支払うのがリサイクル料金だ。リサイクル比率を上げるだけでなく、不法投棄を防止するために導入されたもので、大きなきっかけとなったのは197...

続きを読む...

想像以上に「ハードル」は低かった! まだ少数派の「ユーザー車検」の費用と手順

車検当日前までに予約と事前の点検を済ませておくべき  自家用乗用車の場合、2年に一度(新車時は3年)義務づけられている「自動車検査登録制度」、いわゆる「車検」。  道路運送車両法には、「自動車の使用者は、自動車検査証の有...

続きを読む...

自宅か? 洗車機か? プロに任せるか? 洗車の費用とメリットを徹底比較

スタンドのセルフ洗車を利用するとかかる費用は倍に!  クルマの一番身近なメンテナンス、洗車。まめな人は週に一度は洗車するかもしれないし、ズボラな人は年に数回という人も! 汚れたら洗車するというのが基本だとして、ざっと月に…

続きを読む...

若者はお金がかかるから「クルマに乗らない」のか? クルマを買うと1カ月いくらかかるのか計算した

この記事をまとめると ■実際にクルマを所有するとどのくらいの費用がかかるのかをシミュレーション ■駐車場代、任意保険代、自動車税代、車検代などが必ず必要となる ■クルマを保有すると最低限必要な費用は2万5000円/月とい...

続きを読む...

必要とわかっても苦しい車検費用! 「安く」できる事前の対策とは

ケチってはいけないポイントも! 安全第一で節約を  クルマを維持するための儀式である車検。多くの人ができるだけ安く済ませたいと考えるだろう。税金や手数料なども含まれるため、劇的に安くするのは無理だが、少しでも安くするとい…

続きを読む...

「納車費用」の有無が鍵! 新車購入「初回見積もり」で判断できるディーラーマンの信頼度

オンライン化で発生しなくなった代行費用もある  新車ディーラーで、新車を購入するために見積書(正式には見積書ではなく、商談メモなどと呼ばれるもの/以下見積書)をセールスマンに作成してもらうことになる。見積書ができあがると…

続きを読む...

人気のダウンサイジングターボとハイブリッド、費用面お得なのはドッチ?

市街地主体なら燃費の点ではハイブリッドが断然有利になる  国産車では圧倒的人気のハイブリッド、そして欧州車に多いダウンサイジングターボ。どちらも燃費を重視したクルマではあるものの、走り、燃費性能のキャラクターはけっこう異…

続きを読む...

高速のトンネル化の費用は高架の5倍! それでも都市高速が地下化する理由とは

首都高速C2新宿線では1kmで1000億円!  近年、新規に開通する都市高速の多くが、地下を走るトンネル方式だ。首都高では中央環状新宿線・品川線、横浜環状北線、加えて建設中の横浜環状北西線がトンネル。地上は高架方式の晴海...

続きを読む...

デイリーランキング