「タグ: 電気自動車」の記事一覧

電気自動車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

いまや20車種以上! 本格的な電気自動車時代を予感させる「いま日本で買える」EVラインアップ

この記事をまとめると ■トヨタとスバルがEVを発売し、日本メーカーでEVをもたないのはスズキとダイハツだけ ■日本でも購入できるEVの選択肢が増えてきた ■日産と三菱から軽EVが発売されれば200万円以下からEVを選べる...

続きを読む...

「そろそろ電気自動車買うか」な前に自宅の充電設備は大丈夫? 気になる新規設置予算とは

この記事をまとめると ■EVやPHEVを自宅で充電するためには専用の充電設備を設ける必要がある ■手軽なのは200V対応コンセントの設置で、他にも壁掛けタイプ、支柱タイプなどの充電設備がある ■V2Hの機器を取り付けると...

続きを読む...

兄弟車なのにbZ4Xは「リース&サブスク」ソルテラは「通常販売」! 初の本格EVの販売方法がトヨタとスバルで異なるワケ

この記事をまとめると ■兄弟車となるトヨタbZ4Xとスバル・ソルテラでは販売方式が異なっている ■トヨタはEVへの不安があるためにサブスク&リースに限定したとも読める ■スバルは消費者と一緒に「安心と愉しさ」を共有しよう...

続きを読む...

もう「伸びしろ」しかない!? 問題ばっかり指摘される「電気自動車」に待つ「明るい話題」5つ

この記事をまとめると ■いまクルマの電動化への動きが加速している ■電気自動車はまださまざまな点において完璧とはいえない ■改善されるとより良いと思うポイントを5つ挙げて解説する 近い将来、実現する可能性大!  東京都が...

続きを読む...

アリアにソルテラに輸入車も! SUVのEVが日本で続々発売されるなかプロが選んだ買いの「1位」とは

この記事をまとめると ■国産車からSUVスタイルのEVが相次いで登場 ■その中でもっとも推奨度の高い車種は日産アリア ■次いでスバル・ソルテラが挙げられる 日産アリアは価格を割安に抑えた  最近はSUVスタイルの電気自動...

続きを読む...

EVは「まだまだ不安」とユーザーを狭めてしまう! サブスク&リース販売は普及を妨げる諸刃の剣だった

この記事をまとめると ■トヨタbZ4Xとフィアット500eはサブスク&リースのみでの販売となる ■EVをサブスクのみでの販売とするのはユーザーの選択肢を狭める行為ではないか ■サブスクのみの販売とするのはユーザーにEVの...

続きを読む...

北米は40倍! 欧州は80倍! 中国は200倍も日本に比べてEVが売れている! 日本で新車販売のたった1%しか電気自動車が売れないワケ

この記事をまとめると ■中国・欧州・米国では順調にEVの販売台数が増えている ■一方の日本は、EVの販売台数は新車販売台数の1%にも及んでいない ■日本でEVの普及が進まないのは金銭面の問題ではなく環境への国民の意識の低...

続きを読む...

アリアとbZ4X登場で電気自動車SUVバトル開始! 使い勝手を「実際に測って」比べてみた

この記事をまとめると ■ついに日産のMクラスBEVであるアリアが正式発売される ■ライバルとなるトヨタbZ4X、同クラスのSUVとなるエクストレイルとパッケージを比較 ■アリアとbZ4Xはパッケージングや販売方法などが大...

続きを読む...

「単なる実験」に終わる懸念は拭えない! 世界初の太陽光発電だけで運用するEVカーシェアリングに残る疑問

この記事をまとめると ■中国電力が太陽光発電による電力のみを使ったEVカーシェアリングの実証実験を行う ■日産リーフとマツダCX-30のEVを使用する ■稼働率が高くなると充電する時間に制約を受けるなど課題は多い グリー...

続きを読む...

一部仕様を向上したのに値下げを実施! 補助金利用なら実質300万円以下から日産リーフが買える

この記事をまとめると ■日産リーフが一部仕様向上により快適で魅力的になったのに値下げを実施 ■リーフNISMOも仕様を向上、新世代NISMOデザインカラーリングとなり魅力を増した ■リーフAUTECHも上質でエレガントな...

続きを読む...

自動車大国なのになぜ? 日本にテスラやリビアンみたいなEVベンチャーが誕生しないワケ

この記事をまとめると ■日本でも新しくEVで事業を立ち上げている企業は存在するが、その数や規模は伸び悩む ■日本では自動車メーカー以外にリチウムイオンバッテリーを容易に入手できる道がない ■行政と企業が一体となった仕組み...

続きを読む...

モーターはカタパルト発射的! エンジンは生き物感! NA・ターボ・ディーゼル・モーターの加速感覚はどれも捨てがたい

この記事をまとめると ■2次曲線で変化する内燃機関の特性は生物の息吹のようにも感じられて心地よい ■起動時に最大トルクが得られる電気モーターの加速性能は内燃機関と比べるべくもない ■自動車を趣味の領域から眺めたとき内燃機...

続きを読む...

トヨタbZ4Xよりもちょっと大きくて低い! レクサスの新時代到来を告げるBEV「RZ」を世界初公開

この記事をまとめると ■レクサスがバッテリーEV専用モデル「RZ」を世界初公開 ■一充電航続可能距離はWLTCモードで約450kmを記録 ■価格や販売日などの詳細は未定 ついに姿を現した「e-TNGA」採用のレクサス版B...

続きを読む...

価格は600万円〜も日本はリースとサブスクのみ! トヨタ初のBEV「bZ4X」がついに5月12日発売

この記事をまとめると ■「TOYOTA bZシリーズ」の第一弾「bZ4X」が5月12日に発売 ■コンセプト「Activity Hub」を元にスバルと共同開発 ■車内空間はミディアムセグメントSUVクラストップレベル 新型...

続きを読む...

FWDモデルなら594万円でAWDモデルは638万円から! 5月12日からスバル・ソルテラの受注受付開始

この記事をまとめると ■スバル初のグローバルBEV「ソルテラ」の日本仕様が発表された ■ET-SSとET-HSの2グレード構成でET-SSにはAWDだけでなくFWDも用意される ■価格は594万〜682万円で初年度の販売...

続きを読む...

デイリーランキング