「タグ: LS」の記事一覧

LSに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

もうここで暮らしたい……と降りたくなくなるほど超快適シートを持つクルマ5選

ずっと座っていたくなるような高性能マッサージ機能搭載車も  長距離、長時間の運転で疲れないクルマ……それは第一に基本性能、そして快適装備の充実度にある。とくに運転席(&助手席)マッサージ機能は、経験上、むしろ、ず...

続きを読む...

自動で車線変更やコーナーで減速するクルマも! いまもっとも自動運転に近い市販車5選

将来的には自動運転につながる機能を持つ市販車も存在  2020年までに自動運転車をローンチする、といったフレーズをそこかしこで見かけるようになった。自動運転はすでに夢の技術ではなく、具体性のあるテクノロジーだ。もちろん、...

続きを読む...

最高峰の2台「レクサスLS」と「トヨタ・センチュリー」は何が違う? 歴史から考える

和のテイストを前面に押し出した初代トヨタ・センチュリー  2018年の新車トピックスのひとつといえば、センチュリーのフルモデルチェンジがあるだろう。しかし、「先代のものとなるものの、現行センチュリーはレクサスLSのプラッ...

続きを読む...

偉大すぎる初代! 他メーカーにまで影響を及ぼした衝撃の国産車3選

海外メーカーまでもがコンセプトを真似たクルマも  現在も多くの車種がリリースされている自動車業界。そんな多くの車種も開発の際、多少なりとも他車の影響を受けたというモデルは少なくないハズだ。そんななかでも、今回はとくに多く…

続きを読む...

初代を超える衝撃と感動を! 新型レクサスLSのプロジェクトを任された開発責任者の思いとは

走りとくつろぎを両立する唯一無二のフラッグシップへ進化  1989年に登場した初代レクサスLS(日本名:セルシオ)は、レクサスブランドの礎を築いたというだけでなく、日本人ならではの細やかな視点や配慮が随所に息づく、「高級...

続きを読む...

新開発V6ツインターボ搭載! 新型レクサスLSの走りを支えるパワートレインに迫る

モジュール化により超ロングストローク型に  レクサスLS500でデビューしたのが、新開発のV35A-FTS型エンジン。先代のLS460に搭載された自然吸気のV型8気筒4608cc、1U-FSE型に代わるもので、V型6気筒...

続きを読む...

「単なる機械ではない」新型レクサスLSの人に寄り添ったデザインとは

フラッグシップのあり方も時代と共に変化  11年ぶりのフルモデルチェンジによって、劇的かつ大胆な進化を遂げた新型LS。フラッグシップの風格とエモーショナルな魅力を両立させたデザインは、デザインチームの「常識の枠にとらわれ...

続きを読む...

レクサスのラインアップ拡大でトヨタとの競合は起こるのか?

競合が起こるとすればブランディングの問題  このところ、大型クーペの「LC」が登場、フラッグシップサルーン「LS」がフルモデルチェンジを果たすなど、レクサスのラインアップが一新されている。さらにジュネーブショーでは201...

続きを読む...

新型レクサスLSは世界の高級サルーンを超えたか? 優位点を徹底チェック

闇雲に世界を追わず日本のニーズに応えた繊細なクルマ作り  日本屈指のサルーンとしての長い歴史を持ち、レクサスが誇る最高峰のテクノロジーがすべて搭載されたLS。その実力がワールドクラスであることに疑いの余地はないが、ならば...

続きを読む...

これぞまさに日本のフラッグシップ! 新型レクサスLSの贅を尽くした仕立てにオドロキ

高級感とスポーティさを兼ね備えた堂々とした風格  レクサスのフラッグシップとなるLSは、日本を代表するドライバーズカー。低重心をイメージさせるスポーティなフォルムにフォーマルセダンとしての風格を兼ね備える。6ライトキャビ...

続きを読む...

世界最高級の安全性と高級感! レクサスLS堂々日本デビュー

大型セダンだがクーペのような流麗さが際立つ  レクサスブランドを牽引するフラッグシップ・モデルの新型LS500シリーズが、ついに日本デビューした。会場になった東京・国際フォーラムは、期待度の大きさがわかるほど多くの報道関...

続きを読む...

デイリーランキング