「お役立ち情報」の記事一覧 - 30ページ目

クルマ用に開発されたものじゃなかった! 意外なものから来た技術5選

飛行機や鉄道からきた技術が多い  クルマというのは、世界的に見ても基幹産業で、さまざまな技術が生み出されているが、すべてが自動車由来というわけではない。他ジャンルで開発や発明されたものがけっこうある。今回はいくか紹介しよ…

続きを読む...

危険だから? オートマ全盛の今でも左足ブレーキが普及しない理由とは

推奨しないメーカーもあり教習所でも右足操作を教える  サーキット系モータースポーツの入門カテゴリーであるカートから、F1などのフォーミュラマシン、スーパーGTのレーシングカーなどでは右足がアクセル、左足でブレーキを踏むと...

続きを読む...

単に燃費が向上するだけじゃない! エコタイヤがエコたる3つの理由

転がり抵抗低減以外にも各メーカー「エコ化」を実施している  ここ10年近く、タイヤ業界はグリップに代表されるスポーツ性能へのウエイトが減りつつあることもあり、エコタイヤと呼ばれる環境性能を重視したタイヤが主力となっている...

続きを読む...

悩んでいる人の多いクルマのヘッドライトの暗さ! 有効な対処法は?

暗い場合はLEDではなくHIDに交換するのが効果的  ライトが暗い。これは永遠の課題なのかもしれない。その昔はシールドビームという、レンズとバルブが一体化したタイプが主流で、これは今見ると行灯(あんどん)並みのボーッとし...

続きを読む...

いざ修理したら驚きの請求額! 壊れると意外に高額なクルマの人気装備3選

ヘッドライトの片側だけで約10万円という車種も  自動車とはいえ機械であるから、故障してしまうのはやむを得ない。しかし、故障する箇所によって修理代は雲泥の差となってくる。エンジンやミッションなど、クルマの根幹にかかわる部...

続きを読む...

「教習所じゃ教えてくれない」同乗者を不快にさせない運転方法とは

ペダル操作のコツを掴むだけでスムースさは大きく変わる  ドライビングというのはオペレートとは違う。アクセル、ブレーキ、ハンドルはオン・オフだけのスイッチではないし、絶妙でかつ微妙なペダルコントロールで加速・減速のGの変化.…

続きを読む...

安くて壊れにくい輸入車が続々!  日本車の優位性は失われたのか?

価格差は縮まっていても販売店の規模はまだまだ差がある  かつて輸入車を購入できるオーナー像としては、国産オーナーよりも富裕層というイメージがあった。しかし、グローバル化の影響なのか、最近では国産車と輸入車の価格差は縮まっ…

続きを読む...

いい中古を見かけたら即決! まもなく買えなくなりそうな国産スポーツカー4選

すでに新車価格よりも高値のモデルも  生産終了後も高い人気を維持し続けている車両の中でも、台数が多いのがスポーツモデルだ。最近は新車のラインアップからスポーツモデルが減少気味ということもあるが、少し前までは市場に豊富に存…

続きを読む...

いまどきの賢いオートエアコンでも万能じゃない? オートじゃないほうがいいケースとは

梅雨時などはマニュアル操作が有効なこともある!  いまどき新車で販売されているクルマはオートエアコンが標準装備されているケースが増えている。オートというだけに、ターゲットになる温度を設定しておけば、自動的に快適な室温にし…

続きを読む...

軽自動車200万円突入時代に150万円以下で狙える大満足ファミリーカー7選

150万円以下でも安全装備と機能性を両立するグレードは多い!  バターもチーズも宅配便料金も、なんでも値上がりする時代。クルマだって昔に比べたら高くなりましたよね〜。軽自動車でも200万円超えのグレードが出るくらいです。...

続きを読む...

ドライブレコーダー装着のメリットは? 自動車保険料への影響はあるのか

エアバッグや自動ブレーキのように保険料が安くなることはない  事故をはじめ、さまざまな交通トラブルの自衛手段としてドライブレコーダーの普及が拡大している。一説には、年間の販売数は200万個を超えるというほどだ。とはいえ、...

続きを読む...

ウーロン茶、新聞紙、などウワサの油膜落とし方法3つを検証! 使えるのはこれだ!

身近にあるアイテムでカンタンに落とせる!  梅雨の季節となり、ワイパーを動かしてもガラス面がギラギラして視界が悪い……。これは大気中の油分「シリコン」がガラスに付着した、いわゆる「油膜」が原因。油膜取り用のウォッシャー液...

続きを読む...

フロントガラスにフィルムを貼るのは違反なのか?

透過率の規定に注意すればフロント及び側面もOK  最近はブロンズガラスが純正採用されたりして、ウインドウフィルムの出番は少なくなってきているが、それでも需要はある。輸入車の多くは全面が透明だし、ものによってはフロントや前...

続きを読む...

新車値引きの5つの都市伝説! ホント? ウソ? 

なかには値引きに効果のあるものも 伝説①・商談は夜討ち朝駆けが効果的 ホント  早朝や深夜はもちろんディーラーは営業していないが、開店直後や閉店間際のほうが“買う気”をセールスマンにより強く印象付けることができるという点...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  8. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...