「お役立ち情報」の記事一覧 - 30ページ目

最近のクルマのバッテリー交換費用が上がっている理由とは

車両の環境対策がバッテリーに求める性能を高めている  クルマのエンジンをかける(電気自動車やハイブリッドカーでは起動する)ために欠かせないのが、いわゆる鉛バッテリー。乗用車では12Vとなっていることがほとんどで、車検など...

続きを読む...

ジムニーは納車1年待ち! 人気の新車を少しでも早く手に入れる方法3つ

ディーラーとの付き合いも大切になる 新型ジムニーの人気は凄まじいものがあり、この原稿を書いている2018年7月末現在で、納車はすでに2019年にずれ込むというから、乗れるのはいつやらといった感じもしないでもない。 今まで...

続きを読む...

次に買うならプラグインハイブリッド! いま日本で買える輸入PHVとその中身

世界に有望なカテゴリー  次世代のエコカーとして注目されながらも、日本ではまだ普及しているとは言い難い販売状況のプラグインハイブリッドカー(PHV)。ハイブリッドカーのバッテリー搭載量を増やし、家庭での充電も可能とするこ...

続きを読む...

両耳にイヤホンをつけてクルマを運転するのは違反?

音楽を聴く行為を禁止している自治体が多いがハンズフリーは……  運転中の携帯電話・スマホの利用は、原則として違反になるのはご存じのとおり。ただし道路交通法では、携帯ホルダーやハンズフリー機能を使って「本体を手で保持しなけ...

続きを読む...

六本木のカローラに赤坂のサニー! 日本全体がとち狂っていたバブル時代のクルマ用語6選

高額車がバンバン売れた今では信じられないような時代  1980年代後半から1990年代初頭のいわゆるバブル時代。日本中好景気に沸いて、クルマ業界も強気、強気の時代であった。そんなバブル期に流行ったクルマに関するフレーズを...

続きを読む...

修理できるボーダーラインは? クルマはどこまで水に浸かると「廃車レベル」なのか

ダッシュボードまで水に浸かると修理費100万円超えのことも  近年、気候変動の影響なのか各地で水害による被害が拡大している印象がある。また、ピンポイントな事象としてもゲリラ豪雨で排水が追い付かず、アンダーパスのような箇所...

続きを読む...

洗いすぎもダメ? 適正な洗車の頻度とは

洗車時にキズを作ることも多いので1〜2カ月に1度程度でいい  その昔は洗車が趣味という人もたくさんいて、毎週セコセコと家の前で洗っている人をよく見かけたものだ。あまりに洗車しすぎて、塗装が薄くなってきたという人までいたり…

続きを読む...

いつのまにか横断歩道の縦線が消えたワケ

25年以上前にハシゴ型は廃止されている  記憶というのは不思議なもので、最初に刷り込まれた記憶は身近で関心が薄いものだと、多少の変化には気が付かないことがある。今回のテーマの横断歩道もそのひとつ。横断歩道といえば、はしご...

続きを読む...

次の主流はプラグインハイブリッド! いま日本で買えるPHVドイツ車編

世界的に有望な存在  日本ではまだ普及しているとは言い難い販売状況のプラグインハイブリッド。ハイブリッドカーのバッテリー搭載量を増やし、家庭での充電も可能とすることで買い物に代表される普段使いは電気自動車として乗れ、遠出…

続きを読む...

発売当時は大コケも今なら良さがわかる超先進的だったクルマ4選

現在のコネクティッドカーをいち早く取り入れたクルマも  発売された当時はコンセプトが疑問だったり、イマイチよくわからない方向性にあると思えたクルマも、時が経てば先鋭的な商品企画の意図が理解できることもある。  今回は「時.…

続きを読む...

車検対応でも不合格!?  今流行りのLEDバルブを買うときの注意点とは

大手バルブメーカーが手がける保証付きを選べば確実 「省電力・高寿命」、「点灯速度が速い」、「発熱量が小さい」、「必要な部品点数が少なくて交換が簡単(工賃が安い)」などのメリットがあるLEDヘッドライト。ハロゲン球やHID...

続きを読む...

最近めっきり減ったスーパーチャージャー搭載の胸熱な国産車11選

タイムラグのない過給が胸のすく走りを見せた  吸入した空気を圧縮すれば、排気量以上の空気をシリンダーに送り込むことができ、燃やせる燃料の量も増えるから出力を高めることが可能だ。吸気を圧縮するにはポンプを使うが、その動力源…

続きを読む...

業界騒然! 衝撃コンセプトでも時代を先取りしすぎて売れなかったクルマ5選

後になって再評価されたクルマばかり  自動車史のなかには、時代の先端を行く革新的なデザインやメカニズムを採用していたにも関わらず、デビューするのが早すぎたため売れなかったクルマがある。  登場した時代が早すぎたため、販売.…

続きを読む...

クルマの下取り査定額のワナ! リサイクル預託金の行方に要注意

念押しで確認することをオススメする  愛車を新車へ乗り替えることを“代替え”などと呼んでいるが、この代替えにより新車購入をする際に、購入予算を絞り込むキーポイントとなるのが、いままで乗っていた愛車を下取りに出す際の下取り...

続きを読む...

ウィークリーランキング