「お役立ち情報」の記事一覧 - 30ページ目

2018年から新たに導入されたタイヤの騒音規制とはどんなものなのか?

電動化で車両が静かになったためタイヤの騒音が注目され始めた  自動車の走行時における騒音対策は、これまでエンジンや排気系など、車両に対する騒音規制が中心だったが、そうした規制強化が功を奏した結果、現在ではロードノイズやパ…

続きを読む...

信号待ち時にパーキングブレーキを使ってブレーキペダルから足を離してもいいのか?

ブレーキランプを点灯させておくことは安全面で有効な手段  パーキングブレーキが変革期を迎えている。これまで、ステッキ式、サイド式、足踏み式と操作方法は変われど、人力によってがブレーキを機械的にかけた状態にするという基本は…

続きを読む...

どうしても高速道路の合流が苦手な人が覚えておくべき3つのコツ

本線車両の流れを邪魔せずに思い切りアクセルを踏むことも重要  夏休み、高速道路を利用すると、各地のインターやジャンクションで合流に手を焼いているクルマ(ドライバー)を必ず見かける……。合流で手こずると周囲も迷惑するし、な...

続きを読む...

年間9700万本も出る「クルマ用廃タイヤ」の知られざるゆくえ

じつは93%もリサイクルされていた  タイヤ交換や廃車の際に出る、使用済みタイヤ=廃タイヤはその後どうなるのか。多くの人が、タイヤ屋などに処分料(4本で1000円前後)を払って引き取ってもらっているはずだが、その後、引き...

続きを読む...

メーカーも触れることなくヒッソリ生産終了していた悲しい国産車3選

登場時は華やかだったのに悲しい終わり方  新型車の登場というのは多くの人に注目される部分だが、その裏でヒッソリと生産を終了しているモデルも存在する。もちろん、次期型が登場する車種であれば、新型の登場イコール旧型の終了であ…

続きを読む...

なぜ使われない? ナンバープレートに登場しない「ひらがな」4つ

数字の4はあるが「し」は使われない  大量の車両を管理すべく、ナンバーブレートは地名や数字、そしてひらがなを組み合わせている。だから、同じナンバーのクルマはこの世には存在しないのだが、だからといって、すべてのひらがなが使…

続きを読む...

セルフガソリンスタンドの静電気除去シートはホントに触るだけで効果がある?

触れば帯電した電気が給油機を通じて地中へ逃げていく  セルフスタンドが主流となってきたので、気になっている人も多いだろうというのが、音声でも促される静電気除去シートへのタッチ。そもそも不思議なのは、そんなに静電気が起こる…

続きを読む...

助手席は何の助手? グローブボックスは手袋入れ? クルマの不思議な名称アレコレ

グローブボックスは本当にグローブを入れるためだった  クルマの名称としてよく使う割には由来がよくわからないものがある。たとえばグローブボックス。助手席の前に付いている物入れのことだが、これは想像がつくように、その昔、運転…

続きを読む...

最近のクルマに「泥よけ」を見かけなくなった理由とは?

舗装路ではむしろ空気抵抗のネガな面が出てくる  かつて、といってもかなり昔の話だが、国産車のおおくはゴム製の泥よけ(マッドガード)を付けていることが多かった。それが、いつしか見かけなくなってしまったのは、多分に道路環境の…

続きを読む...

48年間コンセプトを守り続けてきたスズキ・ジムニーの歴史を振り返る

他メーカーが生み出したクルマの権利を買い取ったことが始まり  1950年代までの日本のモータリゼーションを語るうえで外せないクルマがある。それは「オート三輪」だ。簡単に言うとエンジン付き三輪車。もっとも有名なのは、初代ダ...

続きを読む...

5項目で完全採点! 安全装備の充実した今買いの軽自動車ランキングTOP5はコレだ!

安全装備を中心にクルマとしての性能を採点  最近、軽自動車でも先進安全支援機能が充実しているクルマが増えてきた。ダイハツが2012年、ムーヴにいち早く自動ブレーキを含む衝突回避支援システムの「スマアシ」を採用したのをきっ...

続きを読む...

ハイブリッドよりプラグインハイブリッド? 経済性で得をするのはドッチ?

PHVは先進性は体感できるが経済面でのメリットは少ない ハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHVまたはPHEV)とで、どちらが得かは、一概に言える話ではない。とはいえ、参考データを紹介してみる。  両方を...

続きを読む...

デイリーランキング