「ニュース」の記事一覧 - 20ページ目

日本にも2019年導入! 新型トヨタRAV4は2.5Lのガソリンとハイブリッドで展開

4代目は日本導入されなかったが5代目で日本復活!  今や世界的なSUVブーム。なかでも北米では、もはや一過性の流行ではなく、SUVが“乗用車のスタンダード”ともいえる位置づけになっている。その象徴とも言えるのがトヨタRA...

続きを読む...

【現地速報】新型スバル フォレスターがNYで公開! 日本では6〜7月ごろ登場予定

世界でもっとも売れているSUBARU車フォレスターの5代目!  世界でもっとも売れているSUBARU(スバル)車は何か? じつはインプレッサ(IMPREZA)でもアウトバック(OUTBACK)でもなく、フォレスター(FO...

続きを読む...

国内での準備完了! ニュル24h参戦のWRX STIがJALの旅客機でドイツへ出発

貨物機ではなく日本航空の旅客機に載せて旅立った!  3月22日(木)、ニュルブルクリンク24時間レース(ADAC Zurich 24h Rennen)に参戦する「SUBARU WRX STI 2018」が、成田発フランク...

続きを読む...

人気のシトロエンC3がキーレスやオートハイビームなどを追加して仕様を変更

使い勝手の工場や安全運転につながる装備を標準化  プジョー・シトロエン・ジャポンは、昨年7月に日本での販売を開始以来、1100台以上を販売する人気のC3に装備を追加した。2016年11月にフルモデルチェンジしたC3は、ポ...

続きを読む...

モンスター田嶋が新会社設立! EV事業を本格始動

EVの開発だけでなく自動運転プロジェクトも行う  3月26日(月)、モンスター田嶋こと田嶋伸博さんが、4月に電気自動車の新会社を立ち上げることを都内で発表した。 田嶋伸博さんといえば、電気自動車普及協会(APEV)の代表...

続きを読む...

往年のカラーリングを現代風に再現! 日産フェアレディZにヘリテージエディションを設定

北米仕様の人気モデルをオマージュ  日産自動車は、フェアレディZの大胆なボディストライプが特徴的なヘリテージエディションを追加し、5月11日(金)より発売する。  今回のヘリテージエディションは、北米で人気の高かった19...

続きを読む...

好調マツダCX-8の「目標の10倍を受注」の数字を鵜呑みにできない事情とは

「ヒット車」は間違いないが「10倍」の数字はインパクト狙いか  よく新聞やネットニュースなどで、「発売後1カ月間での受注が目標の3倍」などといった、新車販売が好調な様子を報じているのを目にすることがある。最近ではマツダC...

続きを読む...

いよいよフルモデルチェンジ! スバル新型フォレスターがまもなく公開

オリジナルグッズがもらえるキャンペーンも実施  SUBARUは、アメリカ・ニューヨークで2018年3月28日(水)より開催されるニューヨーク国際自動車ショーにて、新型「フォレスター」(米国仕様)を世界初公開する。現地時間...

続きを読む...

レクサスの世界にドップリはまる! 新たな体験型施設が東京・日比谷にオープン

世界感を表現したスペースだけでなく単独試乗もできる  2018年3月29日に東京・日比谷にオープンする東京ミッドタウン日比谷の1階に、レクサスが新たなブランド体験型施設「LEXUS MEETS…(レクサス ミ...

続きを読む...

ルノー・キャプチャーがマイナーチェンジ! 新デザイン採用と新機能搭載で悪路走破をアップ

新世代ルノーのデザインを象徴するCシェイプLEDを採用  ルノー・ジャポンの人気コンパクトSUV「キャプチャー」が、新世代デザインや悪路走破性を高める機能を装備してマイナーチェンジした。  全長4135mm×全幅1780...

続きを読む...

待望の2列シート5人乗り仕様が登場! ホンダ・ジェイドのマイナーチェンジ情報をHPで公開

大人5人がゆったり座れる室内空間を確保  ホンダは、2018年5月にマイナーチェンジをする予定の「ジェイド」の情報を、公式ホームページにて公開している。  今回のモデルチェンジでは、1.5リッターターボエンジン搭載の「ジ...

続きを読む...

【RMオークション】最高落札価格は2億3480万6040円のフェラーリ! 90年代のポルシェも1億円越えに

レアモデルの価格は安定してきているが……  アメリカ・アメリア島で行われたRMオークション。すでに今回の気になる車種をWEB CARTOPでも紹介しているが、ポルシェ911(964型)をコレクションしているオーナーから1...

続きを読む...

シーズンイン直前にファンと交流! スバル・モータースポーツファンミーティングで勝利を約束

ファンと触れ合えるイベントも盛り沢山!  SUBARUと同社のモータースポーツ統括会社であるSTIは、3月11日に恵比寿にあるSUBARU本社ショールームにて、「SUBARU 2018 モータースポーツファンミーティング...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる 21世紀になって大...