「自動車用品」の記事一覧

後方からの追突時に役立つホンダ純正リヤ用ドライブレコーダーが適用車種を拡大

純正アクセサリーならではの耐久性にもこだわった仕様  ホンダの純正アクセサリーを手がけるホンダアクセス。新型CR-V向けに発売したドライブレコーダー(リヤ用)の適用車種を19機種に拡大したと発表した。  リヤウインドウに...

続きを読む...

サーキットを存分に走れるTOYOTA GAZOO Racingが開発した本気のエンジンオイル誕生

モータースポーツを楽しむためにトヨタ自動車が本気で開発!  トヨタ自動車は、高性能な純正オイルとしてキャッスルオイル(0W-20/0W-16)を展開している。ただし純正キャッスルオイルは、一般道を普通に走ることを前提に開...

続きを読む...

ヨコハマタイヤの人気SUV用スタッドレス「iceGUARD SUV G075」が設定サイズを追加

近年SUVに増えている大径タイヤにも対応する  横浜ゴムは、SUV用スタッドレスタイヤ「iceGUARD SUV G075」のサイズを追加し、ラインアップの拡充を行った。9月1日より順次発売する。すべてオープンプライス。...

続きを読む...

相反する性能をうまく両立! コンチネンタルのスタッドレスタイヤ「バイキング・コンタクト7」が登場

求められる要件が異なるウエット性能とスノー性能を両立  コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、新コンセプトのパターンデザインとコンパウンドテクノロジーを採用したスタッドレスタイヤ「バイキング・コンタクト7」を、2018年9月...

続きを読む...

グッドイヤー新オールシーズンタイヤを発売! 全57サイズでSUVもターゲットに

スタッドレスタイヤもサイズを拡大  日本グッドイヤーは、2018年下期の戦略を発表した。そのポイントとなるのは、スタッドレスタイヤと、徐々に注目度を増している、オールシーズンタイヤの展開だ。  オールシーズンタイヤと言え...

続きを読む...

名機RB26を守るスカイラインGT-R用ニスモ製オイルクーラーがリニューアル

違和感のない装着はさすがワークス製  日産車のカスタマイズパーツなどを手がけるニッサンモータースポーツインターナショナル(以下:ニスモ)は、今もなお人気の高いスカイラインGT-R用空冷式エンジンオイルクーラーキットをリニ...

続きを読む...

【試乗】減っても雨の日に止まる! ミシュランの新作タイヤ「プライマシー4」の圧倒的ウエット性能

使用限界でもウエット路面でしっかりとしたグリップ感がある!  2013年に登場し、高評価を集めるミシュランのタイヤ、プライマシー3。転がり抵抗だけでなくウエット性能の高さを持っていた良好タイヤが、まさに今日、2018年6...

続きを読む...

世界のハイパフォーマンスカーも装着するブリヂストン「ポテンザS007A」が7月1日より発売

これまで人気を博してきたポテンザS001の後継モデル!  ブリヂストンは、プレミアムスポーツタイヤの新フラッグシップモデル「POTENZA S007A」を7月1日(日)より発売する。ラインアップは16〜21インチの80サ...

続きを読む...

ただでさえスポーティな新型ホンダ・ジェイドをさらに攻撃的にする「無限」エアロが熱い

フロントアンダースポイラーのデザインを一新!  マイナーチェンジされたばかりのホンダ・ジェイド。2列シート仕様のワゴンモデルをラインアップし、スポーツグレードのRSを2列シートのハイブリッドとガソリンに設定するなど、グレ...

続きを読む...

ヨコハマのフラッグシップタイヤADVAN Sport V105にランフラットが登場!

パンクしてもそのままタイヤショップまで走行できるタイヤ  横浜ゴムは、フラッグシップタイヤの「ADVAN Sport V105(アドバン・スポーツ・ブイイチマルゴ)」に、ランフラットタイヤを設定して2018年4月27日に...

続きを読む...

アジア向けに開発したタイヤは本当にアジアに合うのか? コンチネンタル マックスコンタクトMC6試乗

路面に吸い付くようなグリップ力と静粛性を併せ持つ特性  アジアパシフィック地域をメインターゲットとして開発されたコンチネンタルのスポーツタイヤが「マックスコンタクト6」(以下MC6)だ。アジア向けの戦略商品ではあるのだが...

続きを読む...

横浜ゴムがオールシーズンタイヤ「ブルーアース4S」をジュネーブショーで世界初公開!

雪と雨に強いオールシーズンタイヤ 横浜ゴムは2018年3月6日から18日まで開催されているジュネーブショーで「ブルーアース4S」を世界初公開。またタイヤ消費財戦略についての発表や各種タイヤの展示を行った。 ワールドプレミ...

続きを読む...

ドリキン土屋圭市プロデュースの新作シート「ブリッドZETA3King」に注目!

そのまま車検OKなストリートに優しいフルバケットシート  東京オートサロン2018にブース出展した、日本を代表するシートブランドのブリッド。ブース内にはさまざまなシートが展示されていたが、そのなかでもたくさんの注目を集め...

続きを読む...

【試乗】ミシュランの新スタッドレス「X-ICE3+」アイスはもちろんドライ路での乗り味がいい

確実に曲がりシッカリ止まる! アイス路での安心感を確認  ミシュランの新型スタッドレスタイヤ、X-ICE3+(エックスアイススリープラス)に試乗した。この試乗は非降雪地域での使用に限った試乗会である。  どういう意味か?...

続きを読む...

古いクルマでも最新車並の安全性を確保! データシステムのカメラシステムが凄い【東京オートサロン2018】

死角を減らすカメラシステムや後方撮影可能なドラレコを展示  千葉県の幕張メッセで2018年1月12日から14日の期間で開催されている東京オートサロン2018。データシステムブースには、後付けカメラを使って安全性を高めるこ...

続きを読む...

1 / 41234

ウィークリーランキング

  1. 1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度だけ作動させるMISTや間欠の時間を変更するダイヤルなども 本格的...

  2. 効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    危険度を増してしまう間違ったテクニックも クルマは燃料がなければ走らな...

  3. お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    わずか一桁万円から手に入れられるクルマも! 最近はスポーツカー受難の時...

  4. 「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    安全を買うと考えて安いからと純正より性能を落とさない タイヤは路面と接...

  5. 【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    当然燃費には効果があるが局面によっては逆効果も エコ関連の内容というの...

  6. 【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    かなり新しい王道のBMWやメルセデス・ベンツも購入可能 クルマでモテる...

  7. 【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    吸排気のバルブを別のカムシャフトで動かし高性能化を狙った DOHCとい...

  8. 発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    4種類すべてに試乗してジムニーXC 5速MTを選択! 新型ジムニー(J...

  9. MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    電動化と自動運転化がクルマの常識を変える! エンジンを積んで、トランス...

  10. トヨタMIRAIがアクア並の激安で乗れるのにトヨタが積極的に推さない複雑な事情

    トヨタMIRAIがアクア並の激安で乗れるのにトヨタが積極的に推さない複雑な事情

    地域によっては補助金だけでなんと303万円! 何と! 燃料電池車トヨタ...