「その他コラム」の記事一覧 - 10ページ目

【意外と知らない】スバルのイメージカラーはなぜ青なのか?

星空をイメージする空の色だった!  スバルといえば、イメージする色は青! WRXやBRZといったスバルを代表するスポーツモデルにはWRブルーパールというボディカラーが設定されており、スバル=ブルーを強く印象づけている。 ...

続きを読む...

2000年以降に活躍した国産WRCマシン(インプレッサ・SX4・86・ヴィッツ)

日本勢が苦戦を強いられた2000年代のラリーマシン  トヨタ自動車と富士重工、そして三菱自動車が開発した国産のラリーカーは、1990年代後半の世界ラリー選手権(WRC)において圧倒的な強さを発揮していた。  実際、92年...

続きを読む...

【未来はどうなる】自動運転は運転の楽しさを奪うのか?

道路状況や運転シーンによって使い分けることになる     日産の新型セレナに「プロパイロット」と名付けられた自動運転技術を採用したドライビングアシスト機構(部分的な自動運転)が搭載されることが話題となっている。...

続きを読む...

ルノートゥインゴの細部に感じられるサンクの魂

ヘリテージモデルを大切にするルノーならではのデザイン  2013年を最後に、ご無沙汰となっていたフランスのコンパクトカー、ルノー トゥインゴが登場した。伝承を大事にしているルノーだけに、新型トゥインゴはヴィンテージモデル...

続きを読む...

【意外と知らない】大きくても「ミニバン」と呼ぶのはなぜか?

そもそもミニバンの「バン」は商用車を意味する「バン」じゃない!  日本では、ワンボックスタイプの3列シート車のすべてを「ミニバン」とひとくくりにしているが、よく考えればヘンな話である。 日産セレナやトヨタ・ノア&...

続きを読む...

【疑問】スポーツカーメーカーがこぞってSUVを出すわけとは?

SUVはブランドイメージを損なわず利益を追求しやすい  日本に導入されたばかりのジャガーFペイスをはじめ、マセラティ・レヴァンテ、ベントレー・ベンティガなど、これまでラフロードのイメージが薄いスーパーカーメーカーがSUV...

続きを読む...

90年代に世界を席巻したラリーマシン達(パルサー・インプレッサ・ランエボ・カローラ)

世界を席巻した第2世代グループAマシンたち  1990年代序盤には、トヨタがセリカでワールドタイトルを獲得。スバルがレガシィで、三菱がギャランでこれに次ぐ活躍を見せていたが、それらを国産のグループA(Gr.A)ラリーカー...

続きを読む...

【噂の真相】軽トラックの走りが楽しいというのは本当か?

軽トラックは「走りの性能ありき」で作られている  信じがたいかもしれないが、「軽トラックの走りが楽しい!」という話は本当だ。  どの軽トラックも、開発時にファン・トゥ・ドライブ性を高めようとエンジニアが力を入れる部分はゼ.…

続きを読む...

【どうせ乗るなら個性を主張】レアだが有名なボディカラーたち

見た目だけじゃなく機能をもったカラーも!  クルマ選びで悩ましいポイントはたくさんある。それこそ車種選びに始まって、グレード、オプションなどなど……。その中でも意外と悩んでしまうのがボディカラーではないだろうか?  下取...

続きを読む...

【今さら聞けない】ワークスチューンって何?

レースのワークスチームが手がけたパーツやクルマを指す  ワークスチューンとは、各自動車メーカーのワークスチームが手掛けたチューニング、及びチューニングパーツの装着などのこと。そのワークスチームというのは、各自動車メーカー…

続きを読む...

【大規模化が顕著】自動車のリコールは悪なのか?

同一の製法やパーツを広い範囲で使用するから大規模になる  クルマの不具合に関する「リコール」という言葉はご存じだろう。国土交通省・自動車局に審査・リコール課が置かれているくらい公的な用語であり、その定義も明確に決められて…

続きを読む...

テスラの事故から考える日産セレナの「自動運転技術」の必要性

両車とも基本的なメカニズムは似ている  日産が2016年8月に発売するミニバン「セレナ」から『プロパイロット』と名付けられた自動運転技術を搭載することが発表された。一方、その少し前のタイミングで、アメリカにおいてEVメー...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  3. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    日本のマンガで有名となった1台も今は高値安定 中古車の価格というものは...