「コラム」の記事一覧 - 11ページ目

クルマ好きが大好きな高性能素材「チタン」が広まらない「コスト」以外の理由とは

万能な金属のように思われるがじつは……  チタンというのは、自動車にも使われ、チタンボルトやチタンマフラー、エンジンに詳しい人ならチタンリテーナーというのもご存知だろう。  チタンというと、ロケットなどの宇宙関係でも使用...

続きを読む...

当時のブームに乗って大熱狂! だが冷静になると「スーパーカー」じゃなかったクルマ10選

ブームに乗って人気が高まったモデルたち  スーパーカーブームの渦中にいたのは50歳オーバーだろう。今では当たり前のようにフェラーリ、ランボルギーニを見かけたりするが、当時は街で見かけるのは超まれだったし、実車を見ようとス...

続きを読む...

軟弱者が乗ればクルマが泣く! レーシングドライバーが語る全開走行でこそ真価が発揮されるモデルとは

走行性能や安全性、実用性を兼ね備えたモデルは雲の上の存在に  トヨタのGR「スープラ」復活はスポーツカー好きにとって胸躍らせる出来事となった。だがこんなご時世、その性能を引き出すにはサーキットへ足を運ぶしかない。しかし多...

続きを読む...

9月12日登場のカローラセダン&ワゴンの1.2Lターボは6速MTのみ! なぜ伝統のGTではなくW×B?

W×Bは若者に訴求できるグレード名だが……  9月17日発表予定で、いよいよ次期型カローラセダンおよびツーリング(ステーションワゴン)が世の中にお披露目される。すでにお伝えしている通り、次期カローラセダン&ツーリングは3...

続きを読む...

スポーツモデルとは限らない! 国産各メーカーもっともハイパワーな現行車9選

全メーカーのなかでのトップは600馬力を達成  以前は自主規制によって280馬力がマックスとなっていた国産車の馬力だが、2004年6月30日にその自主規制が撤廃になってからは280馬力を超えるモデルが数多く誕生してきた。...

続きを読む...

EV感ないし燃費もそんなに変わらない!? クルマの「マイルドハイブリッド」の存在価値とは?

たとえるならば「電動アシスト自転車」のようなシステム  国内ではスズキなどが積極的に導入しているマイルドハイブリッド。減速時のエネルギーを利用して発電し、加速時には、その電力を活かしてエンジンをアシストすることでさらなる…

続きを読む...

犬好き要注意! 愛犬とのドライブでありがちな危険&道交法違反な行為3つ

愛犬を大事にする気持ちはわかるのだが……  最近は街なかでも、観光地に向かう高速道路のサービスエリアでも、愛犬連れのクルマをよく見かけるようになった。以前より、劇的に愛犬同伴可能な施設が増え、高速道路のサービスエリアでも...

続きを読む...

走り好きだけど男子にドン引きされるの嫌……な女子必見! 走れて女子力もキープできるクルマ5選

クルマが彼氏状態にならないようなモデルを選ぶ  ジメジメとして陰鬱な天気が続くと、思いっきり高速をぶっ飛ばしてスカッとしたい! どこかキレイな景色を見に行きたい! なんて思うものですよね~。これは走り好き女子だって同じで…

続きを読む...

86&BRZは7年! GT-Rは12年! 毎年改良し続ける国産スポーツカーを中古で買うならどの年式が正解?

最新型が最良なのはわかっているが……  スポーツカー受難の今の時代において、コツコツと進化を続けながら販売が続けられているトヨタ86/スバルBRZと日産GT-R。デビューから86/BRZで7年、GT-Rに至っては間もなく...

続きを読む...

エンジン始動にウインカーまで! 昔はアナログ&手動だったクルマの装備7選

昔は何でもひとつひとつ手で操作した  いまでは何でもオート。クルマの運転もオートになろうかという時代だが、その昔は逆になんでもアナログで、ひとつひとつ手で操作したりしたものだ。クルマのアナログだった装備を、懐かしさも含め…

続きを読む...

どうせ減るから……は問題あり? クルマの「タイヤ空気圧」を多めに入れる弊害とは

乗車人数によって指定空気圧が変わるクルマも存在  クルマの性能を左右する最大の要素はタイヤだ。どんなにパワーがあるエンジンでもタイヤのグリップ性能を超えてしまえば空転するばかりで無駄になってしまうし、コーナリング性能にお…

続きを読む...

登場から10年経っても誰も追いつけない! レーシングドライバーも脱帽する日産GT-Rの凄さとは

当初はFRにすることも構想にあったという  2007年に日産GT-Rが登場したとき、そのさまざまなスペックやディテールを知り驚きつつも羨ましさを感じもした。じつは登場から遡ること3〜4年、当時日産自動車の開発現場担当であ...

続きを読む...

いまどきクルマはリヤで選ぶのが常識! 満足度に大きく差がつく「後席の快適装備」8選

あるとないとでは移動の快適さが大きく変わってくる  後席に大切な家族や友人を乗せる機会の多い人にとって、後席の快適装備は無視できない。とくに真夏、真冬のドライブ、長距離ドライブでは、そうした装備の有無で、移動の快適度は大…

続きを読む...

ミニバンかSUVか? 4名乗車メインの家族が選ぶなら正解はドッチだ

広いラゲッジスペースが必要なら断然ミニバンがオススメ  最大4人乗車で、遠くまで大きな荷物を積んでドライブする機会の多い家族にとって、いま選ぶべきクルマはと言うと、候補は室内空間にゆとりあるミニバンか、超人気のSUVにな...

続きを読む...

ライバルメーカー同士がガチで挑発しあった! 今ではありえない強気な名車キャッチコピー5選

いまなお語り継がれる過激なキャッチコピーが乱舞  ひと昔前まで、ライバル関係にある車種同士のキャッチコピーは非常に過激なものが多かった。明確に相手の車名こそ出していないが、見る人が見ればすぐにどの車種を指しているかは明ら…

続きを読む...

ウィークリーランキング