「コラム」の記事一覧 - 10ページ目

【現代のクルマは本当にエコなのか?】30年前といまのクルマの燃費はどれぐらい違うのかを6車種で比較! 

現在のほうが厳しい基準のモード燃費だがそれでも数値は向上  時代とともに変化していく物価。しかし労働政策研究・研修機構(JILPT)の発表によると、2015年度と1990年代後半の消費者物価指数はそこまで大きく変化してい...

続きを読む...

【納期4カ月待ちと注目度は抜群だが弱点は?】アルヴェル超えの超上級LLサイズミニバン「トヨタ・グランエース」は成功なるか

3列目まで快適に移動することができるLサイズミニバン  2019年に発売された新型車のなかで、とくに個性的な車種が上級Lサイズミニバンのトヨタ・グランエースだ。海外版ハイエースをベースに開発され、3列シートと4列シートの...

続きを読む...

【2021年以降に自動ブレーキ義務化は本当に効果ある?】高齢ドライバーによる悲惨な事故は減るのか

大多数の乗用車にAEBが備わる時代へ向かっている  2019年12月17日、国土交通省は、乗用車等における衝突被害軽減ブレーキ(AEB)の国内基準を2020年1月に策定すること、そして国内基準においては世界に先駆けて20...

続きを読む...

【エルメスにコーチにポール・スミス!】激レアな世界のハイブランドとコラボしたクルマ5選とその中身

中古車市場で出会えるかもしれない激レア車!  令和初のお正月。みなさま、どんな風に過ごされましたでしょうか? ついにオリンピックイヤーの幕開けでもあるということで、普段よりもお年玉を奮発したり、お賽銭を弾んだり、福袋を爆…

続きを読む...

【冬の朝イチの車内は極寒地獄!】辛い思いをしないためのクルマの寒さ対策5選

車外よりも寒いと感じるほど冷えることも  冬の朝イチ、クルマに乗り込んだ瞬間の寒さというか冷たさと来たら、キーンとしていて車外よりも寒いんじゃないかというぐらいだ。今回は対策を紹介したい。 1)リモコンエンジンスターター.…

続きを読む...

【単なる顔違いじゃない!】見た目やメーカーだけで選ぶべからずのダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズの違い

ライズXはベーシックだがロッキーXは中級グレード  2019年11月に発売されたコンパクトSUVのダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズが堅調に売れている。開発と生産はダイハツが行うからライズはOEM車だが、トヨタの全店(約...

続きを読む...

【1口に4WDといっても2つの素姓がある!】FFベースとFRベースの違いをレーシングドライバーが解説

普段はFFとして走り、前輪がスリップした際に4WDとなる  4輪駆動車(4WD)のメリットはさまざまあれど、冬季シーズンの雪道やアイスバーンでのトラクション性能の高さを考えると4WDの選択意義は極めて大きい。  4WD車...

続きを読む...

【未来のハチロクとなるか!?】新車よりも値段が上がる可能性大の現行国産車4選

現行型で最期になりうるパワートレインも!  一時期は底値とも言える価格になりながら、漫画「頭文字D」の影響などもあって一気にプレミア価格の車両となったAE86。さすがに漫画によるブームは予見できなかったが、後継車種となっ...

続きを読む...

【毎年のことなのにパニックに!】事前に知っておけば避けられる冬のドライブでの危険と回避する方法6つ

身近なもので対処できるケースもある!  冬場は環境の変化が大きくて、ドライブは気を使うことが多い。気を使うだけで対応できればいいが、急激な変化だとパニックになったりする。人間というのは、体験したことないものや知らないもの…

続きを読む...

【スーパーハイト軽の究極形か!?】期待が高まる次期日産デイズルークス衝撃の中身を徹底予測

スーパーハイト系の室内空間で使い勝手の良い一台に!  日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020でスモールモビリティ部門賞を受賞したのが日産デイズと三菱ekクロス/ekワゴン。その日産デイズはハイト系ワゴンだが、デイズ...

続きを読む...

【ほかの職業よりも圧倒的に高い平均年齢】タクシードライバーの高齢化に問題はないのか

クルマ離れによりタクシーのニーズは増えている  代表的な職業ドライバーといえば、タクシードライバーを思い浮かべる人も多いでしょう。そして、タクシードライバーの高齢化が進んでいるという実感もあるのではないでしょうか。実際、…

続きを読む...

【走りが忘れられない家族もち必見!】乗れて積めてスポーツカーさながらの速さを持つ「隠れアスリート」ミニバン&SUV5選

ハイスペックなミニバンやクロスオーバーSUV!  ファミリーカーとしてはもちろん、VIP御用達の多人数乗用車として使われるミニバンや、今世界的にブレークしている、悪路にも強いクロスオーバーSUVのなかには、本気を出すとス...

続きを読む...

【クルマ好きがもてはやす一流サプライヤー】知られざる「ビルシュタイン」と「ブレンボ」の中身とは

両者ポルシェの厳しい条件をクリアし純正採用される  ビルシュタイン製のショックアブソーバーだとかブレンボ社製ブレーキシステムとか、その名前はよく聞くが、実際に何が違うのか、多くの人はその真実を知らないままでいるのではない…

続きを読む...

【大は小を兼ねない?】スーパーハイト軽が人気独占のなかアルトやミラなど乗用軽セダンに存在意義はあるのか

販売台数ではスーパーハイト軽ワゴンが登録車を圧倒している  日本独自の規格である軽自動車は、日本独自の進化を遂げ、現在ではスーパーハイト軽ワゴンが人気の中心となっているのはご存じのとおり。じつは販売台数でも登録車を大きく…

続きを読む...

【時代遅れのデザインな気もするがなぜ?】スバルが「ボンネットの穴」をなくさない理由

いまエアインテークを採用するクルマは圧倒的に少ない  かつては「高性能の証」として、多くのクルマ好きから愛されたボンネットのエアインテーク。熱量の高いパワフルなターボエンジンの象徴でもあり、スポーツモデルには欠かせないフ…

続きを読む...

デイリーランキング