「コラム」の記事一覧 - 39ページ目

【意外と知らない】三菱自動車の「三菱」エンブレムの由来とは?

創設者である岩崎家由来の家紋ふたつが合わさったもの  どうした、がんばれの意味も含めて、三菱のエンブレムについて見てみよう。これは三菱自動車だけでなく、三菱グループ全体で使われているもの(使っていない会社もある)で、幕末…

続きを読む...

【隠れた名車】定番以外の歴史に残る軽自動車5選

ABC以外の名車な個性派軽自動車  軽自動車というと昔は“近所のアシ”というイメージが強かったが、最近の軽自動車は格段の進歩を見せ、ファーストカーとして使用しても不満がないレベルになっている。  そんな軽自動車の名車とい...

続きを読む...

【意外と知らない】ガソリンは違う銘柄でも精油所を共有することもある!

精製所は共有しても売っているガソリンは異なる  価格についてはシビアだけど、ガソリンはなんとなく入れているという人がほとんどかもしれない。しかし、熾烈な競争をいわゆる元売り各社は繰り広げている。そもそもこんなに元売りがあ…

続きを読む...

【疑問】なぜクルマのヘッドライトは常時点灯を義務づけないのか?

常時点灯の2輪車や緊急車両が目立たなくなるなどの課題  夕暮れ時に交通事故が起きやすいというのはデータからも明確。事故防止のために、お互いの存在をアピールするための「はやめのライトオン」を推奨するキャンペーンが全国各地で.…

続きを読む...

【名門の夜明け】70年代後半のマクラーレンF1GPマシン

テディ・メイヤーが舵を取ったオリジナルマクラーレン  ホンダ・エンジンを搭載してプロストやセナが活躍、80年代後半のF1ブームをけん引したこともあって、日本国内において、おそらくもっとも知名度の高いF1コンストラクターは...

続きを読む...

【これぞ名車の証し】車名ではなく「型式」で愛されたクルマたち

単に識別以外にクルマの情報が詰まったものも  自動車にはメーカーが名付けた車名(通称名)のほかに、メーカーが国土交通省に届け出て認定された型式というものがある。これは車検証にも記載されているもので(通称名は記載されない)…

続きを読む...

【ムービー】ドリキンこと土屋圭市が今秋登場のBRZ GTプロトを全開試乗!

ザックス社製足まわりの評価はいかに?  先日ビッグマイナーチェンジが実施されたスバルBRZ。進化した実力も去ることながら、最大の注目は秋に登場するGTだ。  Sをベースに、ブレンボ社製ブレーキ、ザックス社製サスペンション...

続きを読む...

【噂の真相】最近いわれるアメ車がいいというのはドイツ車化しただけ?

ニュルでのテストは盛んだがアメリカ車らしさは残る  衝撃的なフォードの日本撤退により、いわゆるアメ車(アメリカ系ブランドのモデル)の価値が再確認されている。ブランドイメージではドイツ車が優勢な日本の自動車市場だが、自動車…

続きを読む...

【今さら聞けない】ミニバンとワンボックスカーの違いとは?

ミニバンはツーボックスがほとんど  90年代以降、ミニバンが多様化したことでワンボックスカーの定義が曖昧になった。  テレビのニュース番組で、アナウンサーが「事故を起こしたワンボックスカーは……」などと説明しながら映像に...

続きを読む...

【意外と知らない】中古車のレストア済みってなに?

新車同様に戻してあるという意味だが落とし穴も!  旧車の世界だと普通に使われるのが、レストア。個人でレストアするとか、業者でもレストア済み極上車など、意外に広範囲に使われる。  そもそもレストアとは、英語のリストアからき.…

続きを読む...

【公道試乗】ドリキンこと土屋圭市が新型NSXを駆る!

ギャップの乗り越えで感じたあまりに上質な足まわり  正直、新型NSXがアメリカで作られると聞いたとき「初代のNSXとは違う、アメ車なんだろうな」と想像していた。ところが、結果からいってしまえばいい意味で裏切られた。現代の...

続きを読む...

12気筒にこだわり続けた70年代のフェラーリF1マシン

フラット12にこだわり続けた孤高のフェラーリ  ロータスに搭載された1967年にデビューのフォード・コスワースDFVは70年代に入ってF1GPにおけるスタンダードとなっていた。その一方で、より高いパフォーマンスを求めてマ...

続きを読む...

【噂の真相】F1は天井に張り付いて走れるって本当?

理論上は速度を出せば天井に張り付いて走行できる!  燃料、冷却水、油圧系、潤滑系などに細かい問題があるかもしれないが、そうしたことを抜きにすれば理論的には十分可能。F1マシンの車重は、およそ640㎏(ドライバー込み)。要...

続きを読む...

F1黄金期にティレルが生み出した6輪マシン

黄金期を迎えたロータスと覇権を争った新興チームのティレル  前回紹介したロータスが黄金期を迎えた1960年代終盤から70年代前半、彼らと世界タイトルを争ったのは、12気筒エンジンのハイパワーを武器に、長きに渡ってF1GP...

続きを読む...

新型ホンダ・フリード登場で軽自動車離れが加速する可能性

シエンタのライバルは軽自動車が挙げられていた  2016年9月、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がフルモデルチェンジする。すでにティザーサイトも賑やかで、初代のスマッシュヒットに続く、人気モデルとなることも期待され...

続きを読む...