「コラム」の記事一覧 - 48ページ目

マーチなのに激レア! 登場から2年足らずで消えた「日産マーチBOX」とは

歴代日産マーチの中で唯一のステーションワゴン  日産のベーシックカーとして、多くのバリエーションを持っていた歴代マーチ。初代では3/5ドアのボディタイプだけでなく、ターボモデル、スーパーチャージャーとターボを同時に搭載し...

続きを読む...

レーシングドライバーは街中でも運転が上手いって本当?

限界で走行するレーシングカーこそ滑らかな操作が要求される  サーキットで戦うレーシングドライバーは街中も運転がうまいのか? 当然「YES」である。そんな疑問が生まれる要因は、クルマを速く走らせる=操作を素早くする……とい...

続きを読む...

【世界の名車】なんと1960年代に400馬力オーバー! 怪物「ACコブラ」とは

3速でもタイヤが空転するモンスターマシン  アメ車やモンスタースポーツカーの歴史に興味がある人なら、コブラは別格の存在だろう。ロングノーズの2シーターボディに、アメ車らしく大排気量のV型8気筒エンジンを搭載したマシンで、...

続きを読む...

なぜ輸入車のドリンクホルダーは使いづらいのか?

飲みながらの運転を禁止している地域もある  さまざまな輸入車に乗るが、ドリンクホルダーがまったくないクルマは今やなくて、プレミアムブランドのモデルでも付いている。ただし、使いにくいのは確かだ。  ちなみにドリンクホルダー.…

続きを読む...

WEB CARTOPより新年のご挨拶

読者の皆さまに支えられ4度目の新年を迎えることができました  新年、あけましておめでとうございます。  WEB CARTOPは、おかげさまで、無事に4回目の新年を迎えることができました。これもひとえに、日々記事をご覧いた...

続きを読む...

男性は同じクルマ好きがいい? 免許はなくてもOK? クルマ好き女子の本音4選

自分のカスタマイズに口出しされたくないという人も!  クルマが好きなのは男子だけ? いいえ、男子よりもクルマに熱く情熱を傾ける女子が、じつはたくさんいるのである。運転もカスタマイズも、男子には負けない! そんなカッコイイ…

続きを読む...

必ず自動車史に残る! エポックメイキングな「現行トヨタ」車4選

自動車市場に活況を与えたクルマから超先取りの最先端車まで 「各部に外国車の影響を受けることが多く、独自性は薄い」と言われがちな日本車であるが、60年を超える日本車の歴史を振り返ると、「外国車に影響を与えた」、「強いインパ...

続きを読む...

音も振動も上質だったのになぜ消えた? 軽自動車から4気筒エンジンがなくなった理由とは

エンジン自体の質は魅力だがコストや燃費の面で厳しかった  現在発売されている軽自動車のエンジンはすべて3気筒(2017年末現在)が採用されている。1989年発売のレックス(後期型)から2012年に自社製サンバーの生産を終...

続きを読む...

日本は高すぎる! 維持費が激安でパラダイス状態のアメリカ自動車事情とは

税金も安く高速道路も通行無料! ガソリン価格も高騰して100円  日本でクルマを持っていると、いつも気になるのは車検だ。最近は個人で車検の手続きを行うケースも徐々に増えているとはいえ、一般的にはディーラーに車検に関するす...

続きを読む...

280馬力自主規制時代にあった唯一のFF車とは?

その正体はまさかのラグジュアリーサルーン!  2004年の規制撤廃まで26車種の280馬力カーが登場したが、そのパワーをしっかり路面に伝えるため、その駆動方式はほとんどが4WDもしくはFRだったが、三菱自動車の「プラウデ...

続きを読む...

日本導入を切望! 海外でしか売っていない超魅力的な日本車3選

日本での販売面でも成功しそうな車種もある  日本の自動車メーカーは今や日本国内にとどまらず、世界各国に向けて自動車を生産、販売しているのはご存じのとおり。なかには日本よりも海外を重視しているのでは? と勘ぐってしまいたく…

続きを読む...

なぜセダンは人気がなくなったのか?

フォーマルな場でもセダン以外が通用する環境ができた  今年の7月に登場した新型トヨタ・カムリのテーマが「セダンの復権」であったことからも分かるように、日本市場のセダン人気は低迷して久しい。2016年の新車乗用車販売ランキ...

続きを読む...

リトラクタブルが普通に見える! 変わり種ヘッドライトのクルマ8選

三菱コルトギャランも隠しライトを採用していた  ライトというのは、前を照らすもの。形はどうであれ、フロントにそのまま付いているものだと思い込んでいたのだが、そんな既成概念がガラガラと崩れ去ったのがスーパーカーブームだ。カ…

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その37

メルセデス・ベンツを嫌いになった1時間  私は業界でも相当温和なほうだと思うのですが、久しぶりにちょっとㇺッとしたことが。その日は朝から松居一代さんのドロドロ怨念離婚会見を目にし、なんとなく重い朝を迎えてしまいました。で.…

続きを読む...

ウインカーを出さずに車線変更や右左折する人が運転をやめたほうがいい理由とは?

出すスキルがないなら危険! 心理的要因なら運転に不向きな性格  ウインカーを出さない人、あるいは曲がる直前まで出さない人がけっこう目立つ。JAFのアンケートで、91%の人が「方向指示器(ウインカー)を出さずに車線変更や右...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

  2. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  5. サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

    サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

    道交法を守っていればいいというわけではない! 年末年始の帰省の時期は、...

  6. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  7. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  8. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  9. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  10. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...