「コラム」の記事一覧 - 51ページ目

今じゃ当たり前だがじつは偉大! クルマの歴史を変えた衝撃メカニズム5選

その後一気に広まっていったメカニズム  自動車、そしてガソリン自動車自体が画期的な発明といっていいが、約130年の進化の過程で、画期的な装備がいくつも誕生しているし、今も新たなる装備について研究開発が勧められている。今回...

続きを読む...

ライバル不在が原因? 国産スポーツカーがイマイチ盛り上がらない理由

目先の数字を追うのではなく本質を突いたクルマ作りをしている  ミニバン大国、軽自動車王国ともいわれる昨今、ニッポンのスポーツカーは絶滅危惧種のようなイメージさえある。しかし、よくよく考えてみればスポーツカーに分類されるク…

続きを読む...

高性能スポーツ車の代名詞「ポルシェ」はなぜスーパーカーと呼ばれないのか?

比較的安価なモデルから用意する独自のポジショニングを築く  ポルシェはなぜスーパーカーと呼ばれないのか。そう編集部から訊かれて考えたのは、じゃあ今の時代、スーパーカーって呼ばれているクルマってあったっけ? ということでし…

続きを読む...

クルマが年々肥大化するなかトヨタ クラウンが大きくならない理由とは

新型が出ると現車を見ずに代替えする人も多くその点からも難しい  トヨタが誇る日本の高級車といえば言わずと知れたクラウンだ。過去にはセルシオが存在していて最高級車でなかった時期もあったが、セルシオがレクサスLSとなってから...

続きを読む...

なぜクルマは「女子向け」のモデルが成功しないのか?

ラインアップも少ないが成功例はごく一部  今では当たり前のように使われている「女子力」という言葉。周囲に気配りができるとか、全身の手入れが行き届いているとか、外見や立ち居振る舞いに関してはもちろん、“女子力が高いバッグ”...

続きを読む...

中国人は「L」が好き? 大型車じゃダメで小型車のロングWB車が必要な事情とは

EVに続き日本メーカーは「L」化でも遅れをとっている印象  今回の北京モーターショーにおいて、メルセデス・ベンツは予告通りにメルセデス・ベンツAクラスセダンをワールドプレミアさせた。さっそくメルセデス・ベンツブースへ行き...

続きを読む...

中国随一の高級車ブランド「紅旗」が小型SUVを出す衝撃! 背景にある他国とは違う事情のSUV人気

まだまだ道路事情が良くないためにSUVが「必要」  中国第一汽車の“紅旗”ブランドは中国人民にとってはある種特別な存在となっている。  紅旗ブランドは1950年代後半に国家の要人専用車を発表した由緒あるブランド。その後改...

続きを読む...

スバルに続き日産も! 国産メーカーがディーゼル車を欧州市場から撤退する理由とは

欧州の二酸化炭素排出量規制の強化でディーゼルは減少すると予測  乗用車のディーゼルといえば、ヨーロッパが本場。そうした常識が崩れ始めている。欧州の一般家庭では、夏季休暇などで国境をまたいで長距離ドライブすることが多い。ま…

続きを読む...

莫大な費用を投じてまで自動車メーカーがモータースポーツに参戦する理由とは

モータースポーツ車両と量産車は別モノと言われるが……  日本車が産声を上げた時代は、クルマ作りは「トライ&エラー」によって技術や経験、ノウハウを構築していったと言う。それを実証するにはどうしたらいいのか? ライバルと競い...

続きを読む...

もうV10やV8は味わえない? ダウンサイジングターボはクルマをつまらなくするのか

エンジンフィールだけがクルマの楽しさを決めるわけではない 「ダウンサイジングターボはクルマをつまらなくする」という見方がある。ロジカルに効率やパッケージングを考えると、気筒数や排気量を減らしたダウンサイジングターボエンジ…

続きを読む...

北京モーターショーでみた「中国一般人」の熱気! 会場に押しかける情熱は10年変わらず

コネを駆使して通常は入れないプレスデーに来場する強者も多い  “中国三大モーターショー”といわれる、北京、上海、広州ショーでの取材経験も10年を超えようとする筆者だが、これらのショー会場となる各コンベンションセンターはハ...

続きを読む...

厳しい排ガス規制がディーゼルらしさを奪う! 生き残る道はハイブリッドしかない

今のディーゼルで踏んだ瞬間に立ち上がる大トルクは味わえない  ディーゼルエンジン搭載車はクーリンディーゼルと呼ばれ、エコカーとしてハイブリッドと同様にエコカー減税100%の対象車になります。ディーゼルというと、機関車トー...

続きを読む...

長距離客よりもワンメーター客が喜ばれる中国の驚きタクシー事情

運転手が客を選べる完全な売り手市場  筆者にとって北京での頼れる移動手段はタクシー……、と言いたいところだが、北京市内のタクシーは、日本のタクシー乗務員からは“ワンメーター”などと呼ばれて嫌われる、距離の短い営業をこまめ...

続きを読む...

普通の国産実用車なのに目立ちまくり! 販売不振だからこそ個性を主張できるクルマ3選

隠れキャラ的な存在だけに近所とカブらないこと間違いなし!  どうしても他人と同じは許せない、個性を主張したいと思っている人も多いだろう。それはクルマにも言えることで、それを突き詰めていくとマイナーな旧車だったり、日本では…

続きを読む...

ウィークリーランキング